前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(893)米朝会談前に米国大波乱、トランプ乱心でティラーソン国務長官、マクマスター大統領補佐官らを「お前はクビだ」と解任、そしてベテラン外交官はだれもいなくなった!

      2018/03/17

 世界/日本リーダーパワー史(893)

 

「アメリカは民主主義国でルール、手続きを重視する国で、予防攻撃などは簡単にできないのです。大統領の独断でできることは限られている、大統領令を発令しても司法で差し止められて実施できないケースが多い。

それに国際法の縛りもある。米国が北朝鮮を合法的に攻撃する場合には

 

①国連安保理で武力行使を容認する決議のお墨付きをとることが必要だが、中国、ロシアが絶対に反対するのでこれは難しい。

②1950年の朝鮮戦争の休戦協定に違反していることを口実にもできるが、北朝鮮の核開発は休戦協定違反には当たらない、なぜなら当時は核についての協定はこの中に盛り込まれていないからです。

③北朝鮮から先制攻撃を仕掛けてくれば、反撃、攻撃はできるが、北朝鮮は先には絶対手を出さない、などによって、米側が予防攻撃(鼻血作戦)するのは難しいのです。」

「それに現在の北朝鮮が核開発のレベルが実際どこまで進んでいるのかという疑点がある。北朝鮮はアメリカ全土を射程距離に収めた『大型核搭載大陸間弾道弾ミサイル』(ICBM・火星15号)の発射実験で弾頭を大気圏に再突入させる技術が検証されたと発表したが、本当に切り離し技術は完成したのかどうかいつもの虚偽、誇大発表の疑いもぬぐいきれない。

さらに、北朝鮮軍の内情のひどさは言語に絶する。兵士の食糧事情は最悪で、飢餓に苦しむ兵士の大半は銃の扱い方も教えられないままという。ダムや発電所建設に動員されて事故死した兵士も収容されることもなく98人の遺体がそのままセメント漬けされたとの報道も出ている。

北朝鮮は潰される恐怖から強がって反発している弱点を米国は見抜いており、徹底した経済封鎖による兵糧攻めと、外交交渉でしかこの苦境を抜け出す選択肢はないことを見せつけて追い込んだトランプディール(取引)が成功したわけですね」

「今回の急転直下の北朝鮮の態度変化は米軍も予想できなかった。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版(2月28日)によると、2月中旬に北朝鮮核問題をめぐる外交努力が失敗した際に備えて、米軍は朝鮮半島有事を想定した秘密の図上演習をハワイで実施していたと報じられている。

図上演習はミリー陸軍参謀総長やトーマス特殊作戦軍司令官らが参加、在韓・在日米軍も動員して特殊作戦軍による北朝鮮の核施設への攻撃や、トンネル内での戦闘に関して具体的な部隊規模を協議したといわれます」

『北朝鮮危機に外交で対処―非核化は棚上げせよ』

(フォーリンアフェアーズ)

「前掲の「鼻血作戦」はダメなので「外交で危機突破せよという主張も『フォーリンアフェアーズ』(2018年2月号)のマイケル・フックス前米国務副次官補(東アジア・太平洋担当)前米国防副次官補(東アジア担当)による『北朝鮮危機に外交で対処するにはー 非核化は棚上げし、核武装国家の脅威削減を』で紹介されていますね。これが今回の米韓が共同して組ん非核化のプログラムの原型といって、よいでしょう。

それによると、戦争になると多数の犠牲者が出ると以上、アメリカの予防攻撃はあり得ない。一方、北朝鮮が核兵器を手放ない矛盾の中で、それでも、平和を維持するには外交手段しか選択の余地はない、というのです。

➀交渉の扉を開くためにも非核化は一時、棚上げにして、「核武装国家としての北朝鮮との共存を認めた上で」北朝鮮の脅威を低下させることを短期的目的に据えるべきだ。

②偶発事故や危機のエスカレートを低下させるために、米朝が高官レベルのコミュニケーションチャンネルを確立する。板門店で定期協議を実施、ホットラインを利用した交渉をおこなう。

③北は保有する核兵器の数の上限を受け入れ、国際的査察の開放、アメリカは韓国との合同軍事演習を止める。

④双方は核の先制攻撃はしないと約束する。

⑤非核化と北朝鮮体制の変化を待ってから関係の正常化、朝鮮戦争を公式に終わらせる平和条約の締結を行うーというプログラムです」。

 

「この主張に同意するのは柳澤 協二元官房副長官補ですね。「北朝鮮外交、不愉快と向き合う「妥協の戦略」を提言」(朝日新聞2月7日付)の記事で『最も耐えがたいのは北朝鮮が核を保有することなのか、それともそれか日本に飛んでくることなのか

どちらも不愉快だが、そこには優先順位もある』として、日本も北朝鮮の核廃棄を交渉の前提にして、一本やりでいる主張している限り、戦争の可能性も高まるので、北朝鮮との交渉は圧力と対話の2面作戦、対話の窓口も閉ざすなという主張でした。

今回の南北首脳会談の開催のプロセスについては安倍外交は蚊帳の外に置かれた状態となったのではないか」

 

「そうでもないのではないか。トランプ、安倍連携の最強硬圧力戦術で、ここまで北朝鮮を追い込んだのではないかな。米軍の日本のメディアコントロールもすごかった。日本テレビに撮影させて独占スクープという形で放送させていた。

アメリカ・ニューメキシコ州にある空軍基地で開発中の強烈なマイクロ波を発し、敵の電子システムを破壊するパルス攻撃用『チャンプ』という新兵器だ。爆撃機から発射された「チャンプ」は、敵の領土上空を通過する際にマイクロ波を照射。

すると、建物内部の電子システムが使用不能になってしまう。北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射を阻止し、発射施設やミサイルの電気回路だけを破壊し、使用不能にする。人に一切、危害を与えることなく、機能を破壊できる。

米軍の予防攻撃に使用されるもので北朝鮮を軍事的に威嚇するプロパガンダ映像です。北もパルス攻撃はできると誇大宣伝していたが、これを見てギャフンときたのでしょうね」

トランプ氏、ティラーソン国務長官を更迭 後任に強硬派ポンペオ氏
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-tillerson-idJPKCN1GP1QX

 

ティラーソン米国務長官解任 トランプ氏の恨みを買った発言
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43397410
米・ティラーソン国務長官の外交力は小学生レベルかもしれない
日韓中歴訪で露呈した信じ難い能力不足http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51324

 

米朝首脳会談を前に、日々綱渡りのトランプ政権
https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2018/03/post-983.php
トランプ氏、マクマスター大統領補佐官を解任の意向 消息筋
https://www.cnn.co.jp/usa/35116285.html

 

高官解任に2つのパターン「性格合わない」「恥かかされた」
http://www.sankei.com/world/news/180316/wor1803160061-n1.html

 

つづく

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★➉外国人観光客へのおすすめベスト第1位ー「世界文化遺産.醍醐寺」のすべて―『 慶長3(1598)年の春、豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」を契機に 秀吉と秀頼によって金堂や三宝院、山上では開山堂や如意輪堂などが再建された。』●『三宝院の秀吉が設計した庭園。天下の名石『藤戸石』がある。』

★➉外国人観光客へのおすすめベスト第1位ー「世界文化遺産.醍醐寺」のすべて➀   …

no image
速報(475)「3本の矢と5つの輪:インフレ目指す安倍首相の冒険」●「政府、韓国の水産物輸入禁止でWTO提訴を検討」

 速報(475)『日本のメルトダウン』    ●【 …

no image
日本リーダーパワー史(596)★10!『エディー・ジョーンズ』・ラグビー日本代表ヘッドコーチ が日本記者クラブでサヨナラ会見した(約90分)(10/30)

★10!『エディー・ジョーンズ』・ラグビー日本代表ヘッドコーチ  が日本記者クラ …

no image
ガラパゴス国家・日本敗戦史』➉大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③―東條首相は「毎日」の廃刊を命令

   長期連載中『ガラパゴス国家・日本敗戦史』➉ &nbsp …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1055)>『習近平のメディア・ネットコントロールの恐怖』●『言論規制下の中国で、「ネット経済圏」が繁栄するフシギ』★『習近平、3大国営メディアに「党の代弁」要請 全権掌握へ、「江沢民の牙城」に乗り込む』●『「マスコミの使命は党の宣伝」習主席がメディアの「世論工作」に期待する重要講話』★『中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感』●『習近平が危ない!「言論統制」がもたらすワナーメディアへの締め付けはいつか反動で爆発も』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(105 …

no image
<歴史張本人・坂西利八郎の日中歴史認識>講義⑦」「ソ連は簡単に『モンゴル』を手に入れ中国へも手を伸ばした」

   日中両国民必読の歴史の張本人が語る 「目からウロコの< …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑧「ロシアが日本側の要求を認めない限り戦争は必至」1904年1月『タイムズ』(開戦2週間前)

 『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』⑧-英国『タイムズ』 米国 …

mq2 (4)
『リモート/京都の祇園ぶらり散歩>動画』★『祇園も春爛漫ー多くの外国人観光客がぶらり散歩、建仁寺を参観へ』★『 cherry tree is in full bloom. Kyoto 京都で最高の桜スポットー祇園白川の大和橋付近』』

   京都祇園も春爛漫ー多くの外国人観光客がぶらり散歩を楽し …

no image
日本リーダーパワー史(48)名将・川上操六のインテリジェンス④藩閥・派閥を超えた徹底した人材抜擢法とは

日本リーダーパワー史(48)名将・川上操六のインテリジェンス④   & …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(218)/日清戦争を外国はどう見ていたのかー『本多静六 (ドイツ留学)、ラクーザお玉(イタリア在住)の証言ー留学生たちは、世界に沙たる大日本帝国の、吹けばとぶような軽さを、じかに肌で感じた。

 2016/01/28 /日本リーダーパワー史(651)記事再録 &n …