前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

新刊を出版しました『図説 明治の宰相』(伊藤雅人、前坂俊之編著)河出書房 1800円)明治のリーダーシップを学ぶ

      2015/01/01

新刊を出版しましたー

『図説 明治の宰相』(伊藤雅人、前坂俊之編著)河出書房 1800円

                    
                                        
前坂 俊之(ジャーナリスト)
<19世紀後半から20世紀初頭にかけて、世界の奇跡と驚嘆された輝かしい大躍進を
遂げた『明治時代』の宰相たちのリーダーパワーに迫るー今こそ明治のリーダーシップ
を学ぶべきときである>
(内容)伊藤博文、黒田清隆、山県有朋、松方正義、大隈重信、桂太郎、西園寺公望ら7人の宰相は近代国家の確立に尽力した。「明治の宰相」の業績を通した近代日本の姿を豊富な写真とともに解説。

富国強兵殖産興業の中で近代日本を創り上げた宰相7人の政策と政治。

伊藤博文、黒田清隆、山県有朋、松方正義、大隈重信、桂太郎、西園寺公望ら

の業績を通じて、維新から憲法発布、帝国議会、産業革命、条約改正、日英同盟、

日清・日露戦争、天皇崩御までの明治日本の足跡をたどる。

<目次>

 序章 近代国家への船出―内閣制度―明治政府の誕生と伊藤博文、富国強兵と殖産興業、条約改正、征韓論西南戦争、
自由民権運動、明治14年の政変
 
第1章―内閣制度―国会開設の詔勅、華族制度、自由党、福沢諭吉の脱亜論、隣国の近代化(第一次伊藤博文内閣)
第2章―憲法発布―黒田内閣の憲法発布、条約改正、第一次山県内閣誕生
 
第3章―選挙と議会―第一次山県内閣、選挙資格、軍事費増強、第一次松方内閣、ロシア皇太子襲撃の大津事件
 
第4章―日清戦争―第2次伊藤内閣、日清戦争勃発、三国干渉、第一次大隈内閣、田中正造事件、第2次山県内閣
 
第5章―日露戦争―第一次桂内閣
 
第6章 桂園時代―第一次西園寺内閣、第二次桂内閣、第二次西園寺内閣、明治の終焉
 
この中で、私は前書きの部分を担当したが、明治のトップリーダーたちの強力なリーダーパワー(指導力)について、
次のように書いた。
     政治家も軍人も幕末での内乱、国内戦争、対外戦争を体験、指揮し、実戦に参加し『修羅場』を潜った歴戦の勇士たちが多く実戦豊富であったこと。
 
     伊藤、井上馨、山本権兵衛、東郷平八郎、桂太郎、西園寺公望ら大半が『海外留学組』で必死になって西欧の学問、知識、技術を学び、導入して明治国家建設にあった、その海外知識の豊富さなどがあげられる。
 
     この結果、外交戦略と対外交渉術にたけたタフネゴシエイター(強力な交渉人、外交家)が多く、戦争の勝利と同時に講和会議でも力を発揮した。
 
     伊藤、山県、松方、井上馨、大山らの元老による元老会議のチームワークが緊密であったこと。特に幼友達の伊藤と山県は政治思想、外交路線では真っ向から対立しながら、国難、戦争に当たっては一致協力し、国論を統一し、軍を完全に掌握していた。
 
     以上のように『長期的な国家戦略』『インテリジェンス』(情報収集。分析能力、情報戦略)によって、日清戦争をおこし、10年後の国難危機、日露戦争を想定外とせず、満州に居座って撤退しないロシアに対してねばり強く外交交渉を続けたが、ロシアが全く無視したために開戦に踏み切ったが、日露戦争の真相である。
 
その面では見事に成功した『インテリジェンス』『リーダーシップ』といええよう。

 - IT・マスコミ論 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(48)●『原子力規制庁」発足、先延ばしに驚く(3・23)』★『「核燃料サイクル」問題の見直しを(3・21)』

 池田龍夫のマスコミ時評(48)   ●『原子力規制庁」発足、先延ばし …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(207)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨーク めぐり(5月GW)⑤』 『2階建バスツアーでマンハッタンを一周』ブルックリンブリッジを通過、 イーストリバーを右手に、国連ビルを見上げ、 トランプタワーを見て、セントラルパークに向かう➀

 <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(207)> 『7年ぶりに、懐 …

no image
『百歳学入門(214)』-加藤シヅエ(104歳)『一日に十回は感謝するの。感謝は感動、健康、幸せの源なのよ』★『「感謝は感動を呼び、頭脳は感動を受け止めて肉体に刺激を与える』

『百歳学入門(214)』 加藤シヅエ(104歳) 日本の女性解放運動家。日本初の …

no image
★5世界が認めた日本人アスリートの活躍(2016/4月間賞)前田健太、岡崎慎司、香川信司、イチロー

世界が認めた日本人アスリートの活躍(2016/4月間賞) 前田健太、岡崎慎司、香 …

no image
『なぜ日中韓150年の戦争・対立は起きたのか』/『原因」の再勉強ー<ロシアの侵略防止のために、山県有朋首相は『国家独立の道は、一つは主権線(日本領土)を守ること、もう一つは利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説した。これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

記事再録/日本リーダーパワー史(701) 日中韓150年史の真実(7) 「福沢諭 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(100)◎『隠し事多すぎる「特定秘密保護法」と西山元記者が国会証言(11/25)』

   池田龍夫のマスコミ時評(100)   ◎『隠 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(94)「汚染水の海洋流出、収束への道険し(9/30)『ジュゴンが辺野古沖に姿を見せた(9/27)

 池田龍夫のマスコミ時評(94)   ●「汚染水の海洋流出、 …

33333333333333
 <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨークめぐり(5月GW)④』2階建バスツアーでマンハッタンを一周(1)(タイムズスクエアから乗車し、ロウアーマンハッタンへ向かう)★★『まさしくルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」(What a Wonderful World)だね!』

      <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年 …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネルー村沢義久氏の『水素電池に未来なし、トヨタは生き残れるか」「時代は太陽光発電と電気自動車へーカギを握るのは蓄電池」(30分)

日本の最先端技術「見える化」チャンネル ENEX2019(第43回地球環境とエネ …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(80) ◎「憲法改正」を目指す安倍政権の不穏な 動き集団的自衛権行使も目論む』

   池田龍夫のマスコミ時評(80)  &nbsp …