前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(168)』『バルサ名勝負の舞台、日本企業が改修 採用の決め手は?』『オバマ大統領は広島で「謝罪ごっこ」の清算を 70年前の戦争に誰も責任を負ってはいない(池田信夫)』●『コラム:日本人が知らない英国離脱の現実味=山口曜一郎氏』●『中国の金融システム:迫り来る債務の山の崩落(英エコノミスト誌)』

      2016/05/26

 

『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ

(168)』

バルサ名勝負の舞台、日本企業が改修 採用の決め手は?

http://www.asahi.com/articles/ASJ596K1CJ59UHBI02K.html?iref=sptop_6_05

 

<F氏のコメント>

この日本勢の受注は、ビッグニュースですね。閉鎖的で域内業者に出したがるEUでは異例では?

ヨーロッパの著名スタジアムでは初受注では?この実績は大きい‼︎

ご承知の様に、日建は日本NO1、世界ベスト5に入る設計会社ですが、政治的に決まり易いEUですから、まさか注文が取れるとは思っていなかったと思います?

バルサのオーナー達の設計品質本位、クリーンさに感心します。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ596K1CJ59UHBI02K.html?iref=sptop_6_05

 

「通貨戦争」で苦境に立たされる日本

米国が監視リスト指定で介入をけん制

(英フィナンシャル・タイムズ紙 2016年5月4日付)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46817

  

オバマ大統領は広島で「謝罪ごっこ」の清算を

70年前の戦争に誰も責任を負ってはいない(池田信夫)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46845

 

コラム:トランプ版ポピュリズムは勝利するか

http://jp.reuters.com/article/column-trump-populism-idJPKCN0Y40IF

 

コラム:日本人が知らない英国離脱の現実味=山口曜一郎氏

http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-yoichiro-yamaguchi-idJPKCN0WW050?rpc=223

  

中国の金融システム:迫り来る債務の山の崩落(英エコノミスト誌 2016年5月7日号

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46839

 - IT・マスコミ論, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(148)再録★『世界が尊敬した日本人ー「魔王」(アーネスト・サトウの命名)日記と呼ばれた明治維新の革命家・高杉晋作、「奇兵隊」で活躍』★『< 明治維新に火をつけたのは吉田松陰の開国思想だが、その一番弟子・高杉の奇兵隊による破天荒 な行動力、獅子奮迅の活躍がなければ倒幕、明治維新は実現しなかった』★『萩市にある高杉の生誕地の旧宅(動画付き)』

  2015/11/20日本リーダーパワー史(560)    …

no image
速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、10日目ーガンバレ・日本!④

速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、10日目ーガンバレ・日本! …

no image
高杉晋吾レポート(26)ダム災害にさいなまれる紀伊半島⑩ダム難民(4)椿山ダムの巻

高杉晋吾レポート(26)     ダム災害にさいなまれる紀伊 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉜ 日中韓のパーセプションギャップの研究ー近交遠攻説(戦争、外交の鉄則)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
日本メルトダウン脱出法(800)「視点:米景気悲観は無用、株高継続の根拠=武者陵司氏」●「京都市の大胆な実験」●「「民泊」拡大が暗示するのは、銀行のない未来」

     日本メルトダウン脱出法(800) 視点:米景気悲観は無用、株高継続の根 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(38)記事再録/『東西冷戦の産物として生れた現行憲法➂』★『 2月 13日、日本側にGHQ案を提出、驚愕する日本政府 』★『予期していなかった憲法草案の突然の提示に日本側は驚愕した。松本蒸治国務相、吉田茂外相らは恐る恐る頁をめくると、天皇はシンボルだとか、戦争放棄とか、一院制などの条項にダブルショックを受けた。』

日本リーダーパワー史(356)                &nbs …

no image
クイズ『坂の上の雲』(資料)中国紙『申報』が報道する『日・中・韓』三国志④<日清戦争敗北について>

 クイズ『坂の上の雲』(資料)   中国紙『申報』が報道する『日・中・ …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(100)◎『隠し事多すぎる「特定秘密保護法」と西山元記者が国会証言(11/25)』

   池田龍夫のマスコミ時評(100)   ◎『隠 …

no image
日本リーダーパワー史(890)-『急転直下のビッグサプライズ!』●『正恩氏、トランプ氏を招待…トランプ氏「5月中に会う』●『「安倍首相「高度な圧力続けた成果」…4月に訪米』●『安倍首相が4月に訪米、米朝会談前にトランプ氏と政策すり合わせ』

日本リーダーパワー史(890) 平昌オリンピックは2月25日に閉幕したが、その後 …

no image
大阪地検特捜部の証拠改ざん事件参考・再録『冤罪でなぜ警察・検事・判事は処罰されないのか』

  大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解くために 再録『冤罪でなぜ警 …