前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集(14)『大黒柱に車をつけよ』(岡田 卓也) 『迷うようなことに、迷うな』(石川一郎)

   

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言
・千言集(14)            前坂 俊之選
 
 
 
 ●訪問は留守なほどよい、誠意は会う前から届く
 
  伊庭 貞剛(住友家総理事)              『幽翁』
 
 頼みごとがあって人を訪問する際は、天気が悪い時などはイヤなものだし、訪問して相
手が留守の場合はムダ足と思いがちである。しかし、伊庭は違うという。
 
 「人を訪問するには、雨風か、大雪で歩けないような日は吉、天気のよい遊山気分の日
は逆に凶だ。羽織やタビが、ビショ濡れになっているような姿をみると、先方はまず気の
毒に感じて、こちらの用談に身を入れてきいてくれるものじゃ」
 
 「いくら訪問しても、先方が留守で会えぬことがある。わしは留守なほどよいと思う。
四度も五度も留守で、やっと六、七度目に会えたというような時には、たいがいの頼みご
とは、先方が心よく承知してくれる。

こちらの誠意が、会わぬ先から先方に届いているか

らだ」。大事なのは誠意である。誠意は会う会わないという前に自然と通じるものなのだ
。物事を成すには身を以てこれににあたり、どこまでも労を惜しんではならない。これが
誠意でり、誠意がなければ、人は信頼させられないと。
 
 
●情報に対する経営者のあり方九ヵ条
 
  小林 宏治(日本電気社長)     『C&Cは日本の知恵』
 
 これは小林が親しくしている米・コパーズ社社長のフレッチャー・バイロムの経営心得
。小林はこの含蓄ある考えを大いに参考にしていた。
 
 一 柔軟に処し、固定的な姿勢を排せ。
 二 耳を澄まして情勢の変化をさがせ。
 三 社内外の人たちとの接触面を広げよ。
 四 いつでも直観がよく働くような状態にしておけ。
 
 五 大事な情報ほど姿を見せない。しかし、隠れているところを自分で知っておけ。
 六 優秀な人材を獲得し、社内にとどめておくために会社を成長させ、人材を活用せよ
 
 七 理クツばかりの単なるスペシャリストを排せ。
 八 優先順位は論理的見地よりも、実現性の有無を基準とせよ。これなら、できるとい
   うものから検討せよ。
 九 ほどほどの回数の失敗ならやってのける覚悟を持て。失敗を恐れるな。
 
 
 ●経営多角化のポイント
 
  鈴木 哲夫(HOYA社長)       

 『企業家の条件』

 
 鈴木は、まず「二一世紀に入っても繁栄を続ける会社」を検討し、「ガラス産業だけに
属していては成長が難しい。世界的にみて、ガラス産業はやや成熟化し、斜陽化しつつあ
る。そこで、思い切って社名からガラスを取り、同時に新しい会社のビジョンをつくろう」と経営方針を
変更して、社名を「保谷ガラス」から「HOYA」に変えた。
 
その鈴木が語る経営多角化のポイントとは―
 
 一 関連ある分野で、多角化をはかっていく。関連のない分野で多角化すると、難しく
   て果も上がらない。
 二 市場のトップになれる領域を狙え。自分が勝てる戦場で、戦うことを基本とし、十
   年やってみて、トップに立てなかったら、撤退する考えでやる。
 三 金の成る木をもって多角化する。新事業を始めて数年間は必ず赤字になる。金の成
   る木、つまり儲かる事業をもっていて、キャッシュを生み出していないとリスクが
   大きすぎる。
 
 
  “
 ●製品は娘、出荷は嫁入り
  西本 貫一(ノーリツ鋼機社長)
 
 ノーリツは、カラー写真のスピード現像、焼付けの処理ができるミニラボのトップメー
カー。世界のシェア六五%を占め、「海外の方がノーリツは有名」といわれるほど。売上
高四二二億。
 
 西本は街の写真館から身を起こし、一代でノーリツを築き上げた“ワンマン経営者”。
 彼は「製品は娘、出荷は嫁入り」と説く。
 
 「遠くに嫁ぐ娘にはそうそう会えない。娘が嫁ぎ先で病気もせずに、いつまでもかわい
がってもらえるようにするのが親(メーカー)の務め。それでも、時々、娘が元気にして
いるかどうかが気になるのと同じで、機械の様子を見に行きたくなるものだ」とアフター
サービスの大切さを話す。
 
 「経営は紙一枚一枚の積み重ねと同じです。きっちり積まないと、紙の山でも崩れる。
メーカーの原点は日々の生産の現場にある」とも強調する。
 
 
●迷うようなことに、迷うな
 
  石川 一郎(経団連初代会長)   『亡夫石川一郎の処世訓』
 
 世の中は右か、左か誰がみても明白なことがある。このようなことは、自分がことさら
意見を述べなくても、黙っていれば誰かが手柄顔で正しい結論を出すものだ。
 
 どちらに結論が転んだとしても、よいようなことは他の人たちに任せておけばよい。
 ただし、世の中には、自分が見て、極めて大切なこともある。自分のためではなく、全
体のために、である。このような場合には、自分の立場を犠牲にしても、頑張るべきであ
る。本当に重大なことであるならば、自分の立場など捨てても、自分の意見が皆に採用さ
れるように、あらゆる努力と工夫をしなければならない。
 
 「つまらぬことに迷うな」―仕事や家庭の私事でも同じである。どちらでも、大差ない
ことをいつまでも、クヨクヨと迷っているとはくだらないことだ。どちらかに早く決めて
、あとは忘れてしまうことである。
 
 
  
  ●大黒柱に車をつけよ
 
  岡田 卓也(ジャスコ社長)     『大黒柱に車をつけよ』
 
 岡田は、三重県四日市にあった老舗「岡田屋」の長男として生まれたが、一七五八年操
業で二百年以上の歴史を持った岡田屋には代々、「大黒柱に車をつけよ」というユニーク
な家訓が残っていた。
 
 この家訓に従って、岡田は同じようなスーパー二社と合併して「ジャスコ」を設立した
 大黒柱といえば、本来不動なもので動かしてはならないものであろう。それに車をつけ
るということは、いつでも家や店を動かせるようにしておけということ。
 つまり、立地条件がかわり、時代やモノ、人の流れがかわれば、条件
の良い場所へ、将
来発展の望めるところへ、ためらわずに店舗を移せということである。家訓に従って、岡
田屋は次々にいい場所に移っていった。
 
 この家訓は現代流にに直せば、時代の変化、ニーズに的確に対応せよということでもあ
る。時代に取り残された“不動の大黒柱”は滅びゆき、店は歴史的な文化財とはなり得て
も、栄えることはない。
 
 
 ●三ヵ国語をマスターせよ
 
  大屋 晋三(帝人社長)
 
 これは昭和三十五年三月、新入社員歓迎の席上で大屋が述べた言葉。
 
 「三ヵ国語をマスターなどというと、ひじょうに困難なことに思うかもしれぬが、一ヵ
国語に十年かけることだ。私は今六十五歳だが、私がこの原則を諸君らの年からはじめて
いたら、今や大したものだと思うが、残念ながら中年にして気がついたので、今さらホゾ
をかむも及ばない。
 
 二十五歳から三十五歳までの十年間、英語なら英語の一ヵ国語に集中する。十年もやれ
ば、マスターすることができる。
 次に三十五歳から四十五歳までドイ
ツ語ならドイツ語をやりたまえ。四十五歳から五十五歳までは別の外国語をやる。

このことを文字通りに実行すれば、五十五歳までに英仏独

の三ヵ国語を自由に話し、書くことができる。このような人は、社内いたるところに働く
場所がある。
 現在、わが帝人には一万五千人の社員がいるが、このような人は一人としていない」
 
 
●五つの方法でねばれ
 
  早川徳次(シャープ創業者)     『経営資料集大成・』
 
 シャープは現在液晶のトップメーカーだが、もともとスタートは「シャープペンシル」
。それから「ラジオ」「テレビ」の家電、電卓、液晶と技術革新で主力商品を時代に合わ
せてきた。八十年前の創業時代、早川は商売成功のコツとして「ねばりの必要」をこう話
している。
 
 「シャープペンシルを開発して、日本で一番良い販売店を選んで東京・銀座の伊東屋と
いう文房具店に持ち込んだ。『こんなもの売れない。第一、どこにさすのだ』という。そ
のたびごとに改善し、とうとう三十六種類もこしらえた。毎月六種類ずつ六ヵ月かかって
、一ダースずつ、三つの箱に違うものを入れて持っていくと、やっと主人が会ってくれた」

 

 「どんなにむつかしくても、やるという熱意と誠意を持っていなかったら成功しない。
不景気だとか、金づまりの時は誠心誠意、誠を持って解決し、五つの対策で考える必要が
ある。一つでうまくいかないと、ダメと思ってあきらめないで、二つ、三つ、四つ目と考える。だいたい、
三つ目ぐらいにはうまくいく」
 
 
●学問、読書のドレイとなるな
 
  出光 佐三(出光興産創業者)      『出光佐三語録』
 
 出光は少年の頃から眼が悪く、読書や勉強するにしても、十分できなかった。眼科の良
医を求めて、探し歩いたが、どこでも断られた。眼は年を取るほど悪化し、視力は〇・〇
に近く、ご飯のおかずも懐中電灯で照らし、眼鏡をかけた眼をくっつけてみて、やっと見
えるほどだった。
 
 失明に近い状態で、眼科からはサジを投げられた。出光は「眼がよく見えないために、
オレはよく考える」と豪語していた。大成してからも部下への訓示が独善的、神がかり的
になったのは、『この眼の不自由』と大いに関係があった。
 
 読書や他からの知識ではなく、自分の頭で考え抜いた結果だけに、細部にこだわらぬ大
胆不敵な発想と行動になって現れ、「日章丸」や石油の国際資本に対しての、徹底した戦
いを可能にしたともいえる。

出光は「新卒業生には『まず卒業証書を捨てよ』といい聞か

せ、現代の世相は学問、知識に依頼心を持って、肝心の人間を忘れている。学問にとらわ
れ、理論のドレイになるな」と訴えている。
 
 
●腹の虫をおさえる
 
池田 成彬(三井財閥のリーダー)  『新・三六五日の実業訓』
 
 人間である以上、いろいろ腹の立つことに出くわす。腹が立って我慢するか、我慢でき
ないか、そのキリギリのところにきた時、その三分間か五分間、そこでやはり我慢してい
まうのだ。
 
 腹立ちが爆発するか、しないかは、この三分間か五分間である。ここをぐっとこらえて
過ぎると、不思議にもう腹が立たなくなる。かえって馬鹿馬鹿しくなることさえある。
 怒らなくてもよかったと思い出す。それが、この三分か五分の境目になる。
 
 私はどこか体が痛い時に
 「痛いということは、どういうことなんだ」
 「痛いといったところで、それがなんだ、つまりそれだけのことじゃないか」
と自問自答の中に我慢する。気に入らぬことがあっても、腹を立ててドナってみたからと
て、格別どいうこともないのだから。

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
最高に面白い人物史⑧人気記事再録★日本風狂人伝⑩ 尾崎士郎-「人生劇場」を書いた男の中の男

日本風狂人伝⑩ 尾崎士郎-「人生劇場」を書いた男の中の男  &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(791)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス➈』●『明治36年4月、日露戦争開戦9ヵ月前にロシア・クロパトキン陸相が日本を敵前視察に乗り込んできた』★『クロパトキンの「日本陸軍秘密研究書」による日本軍の欠点『西欧的機関を表面的しか理解していない、無能な老将校が存在し、部隊長の決断が遅く変化に対応できない』

 日本リーダーパワー史(790)ー 「国難日本史の歴史復習問題」 ★「日清、日露 …

no image
日本リーダーパワー史(412)『安倍首相のリーダーシップで、『今後3ヵ月(2013年末)の短期国家戦略プログラム提言』

   日本リーダーパワー史(412) 『安倍首相が消費税値上 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(335)『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにして読書すればこれをほめる者が多いが、私は子供の読書、勉強は反対でこれをとめている。年齢以上に歩いたとか、柔道、体操がよくできたといえば、ホウビを与えてほめる』

    2012/10/22 &nbsp …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑽」『高杉晋作の機略縦横と突破力③』明治維新に火をつけたのは吉田松陰、徳川幕府を倒したのは高杉晋作である』★『男子は困ったということだけは、決していうものじゃない』

  明治維新に火をつけたのは吉田松陰であり、230年惰眠をむさ ぼった …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/福沢諭吉が語る「サムライの真実」(旧藩事情)③徳川時代の中津藩の武士階級(1500人)は格差・貧困社会にあえいでいた』★『福沢諭吉の驚くべき先見性「人口減少・少子化社会」の対策を明示』

福沢諭吉が語る「サムライの真実」(旧藩事情)③徳川時代の中津藩の武士階級(150 …

no image
日本リーダーパワー史(236)<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①

日本リーダーパワー史(236)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉗「朝鮮,属国状態にされる」「日本は高圧的手法で全行政官庁を掌握.朝鮮人を国なき民として放置」

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道 …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・② 『直ちに開戦を』ー福沢諭吉の主張〔明治27年7月24日 時事新報〕

日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭 …

no image
日本リーダーパワー史(129) 『自滅国家日本の悲劇』ー太平洋戦争開戦でのリーダーシップと比較検証する①

日本リーダーパワー史(129) 迫り来る国家破産と太平洋戦争開戦でのリーダーシッ …