前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(397)肝胆相照らした明治の巨人、福沢諭吉と山本権兵衛ー福沢は「あれは軍人ではなくて学者だ。

      2015/01/01

  

 日本リーダーパワー史(397

 

「肝胆相照らした明治の巨人、福沢諭吉と山本権兵衛

福沢は「薩摩の奴は、全体に数学が分らぬが、奴は軍人では
なく学者だ」と
評した。

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

人物論を書く場合に私が座右において最も重宝いるのは森銑三の「近世、明治、大正人物逸話」である。コピー機がない時代に、森銑三の長年、図書館通いをしながら古典を書き写してきた膨大な人物研究のデータを駆使しての精緻な人物百科エピソード集こそ、研究者のお手本のような仕事であり、人物エピソードの決定版であろう。

40年以上愛読しているが、これも若い時に感心したエピソードと、年寄って読み直して感心するエピソードは当然違ってくる。古希となった筆者にとって、自分の体験と照らし合わせて、困難な時代に遭遇した中でその重責を一身に担い、泣き言も言わず、逃げ出しもせず、必死に生き、責任を果たし、亡くなった人物の生きざまが若い時以上によくわかってくる。同じ年を超えて自分なら果たしてうまくできるかどうか、とてもできないと思う。

そんな感じで、いまの日本の政治家、リーダー、インテリゲンチャーを斜めにみていて、「明治の人物のすごさ」をひしひしと痛感するこの頃、この齢である。森銑三の年取ってなるほどと思った人物エピードと引きながら「日本リーダーパワー」の福沢諭吉、山本権兵衛のエピソードと胆力、人間通を紹介したい。

 

森銑三の「明治人物逸話辞典」(1965年、東京堂書店)から引用した。

 

 福沢諭吉にとってはすべてのものが平等であった。慶応義塾の門をくぐると、爵位も、階級も、貧富もなくなる。先生のお宅へ塾長がまいられても、社会における地位の高い人がきても、打ち混じて一緒になっていた。当時の先生のお宅には、床の間がなかった。床の間があるから、座に高下の階級がつく。だからかようなものは入らないというのでありました。

(犬養毅「三田学風の変遷」「三田評論」大正四年七月号所載)

 

この話に関連して、筆者は1963(昭和38)年に福沢精神の「独立自尊」を尊敬して慶応大に入学し、担任の教授の第一声が「先生ではなく、すべてさんずけで呼ぶように」という注意であった。このころまでは福沢平等精神が生きていたのである。

 

昔のことであるが、慶応義塾の壁際などで、小便をする者があって、なかなか止まない。そうしたら福沢先生が、「犬の外、小便無用」として貼り出された。さすがの乱暴書生も、これには恥じて、立小便の悪風正も止んだ。すなわち学生の自尊心を喚起したのである。

 

海軍中佐木村清音らの計らいで、海軍大臣の山本権兵衛伯と会った。山本伯の方から、先生を訪問したのである。伯は大臣の制服で、朝の九時に来た。話には花に花が咲いて、正午にいたった。その時西洋料理のごちそうが出され奥さんも出て来てあいさつせられ、また話が統いて、午後四時にいたった。

 

伯はついにその日は、海軍省へ出られずにしまった。後になって伯から、福沢先生のどのようなところに感服なされたかを聞いて見たら、伯はいった。

 

「自分は多くのえらい人に会っているが、えらい人というものは、自分の手柄話をしようとする。だから私は、それをまた聞かされるものと思っていた。ところが先生は不息読な人で、少しもそれをせられないばかりか、自分の見込み違い、食い違いから、失敗した話ばかりをせられた。

 

こういう計画をしたが、時勢はこう変転した。こういう方針を立てたら、時代

はこう推移したと、そんな話ばかりをせられる。これは実にえらい人だと、頭が下った。」伯は荘重な口調で、かようにいった。

 

 福沢先生の方でも、山本伯には推服して、「あれは軍人ではなくて学者だ。薩摩の奴は、全体に数学が分らぬが」山本は徹頭徹尾マセマチカルに出来でいる」といって褒められた。

 

先生はその後、脳溢血になり、幸いにして回復したけれども、記憶力が衰えて、一時は奥さんの名まで忘れられていた。そうした先生が、しきりに、「薩摩の奴を連れて来い」といわれる。

 

「誰だろうか」と、三田に関係のある薩摩の人々の名を挙げて行ったが、先生は手を振って、「そうでない」といわれる。「ひょっとしたら」と、「山本権兵衛」の名をいったら、先生はやっとその名を思い出して、「それだ」といわれたそぅである。先生の方でも、山本伯を重んじたのせある。(山名次郎「偉人秘話」)

 

 

 - 人物研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(186)-百歳学入門(65)「女性芸術家たちの長寿・晩晴学④」―石井桃子、武原はん、宇野千代、住井すゑ』★『宇野千代(98歳)の晩晴学「何事も、くよくよしないこと、いつもヨーイドンの姿勢をとること。トシのことは一度も考えたことなんかないわ。イヤなことがあってもすぐ忘れれば、気持ちが明るくなる。失恋したって、くよくよしないから別の男がすぐ見つかるのよ。もう一度結婚したいわよ』

2013-05-18 08:16:26 百歳学入門(65)「女性芸術家たちの長寿 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(30)『ノース・チャイナ・ヘラルド』(1886(明治19)年9月10日) 『壬午事変・甲申事変と軍拡―朝鮮の中国代表・袁世凱の政治介入の横暴』

日中北朝鮮150年戦争史(30)   『ノース・チャイナ・ヘラルド』( …

no image
日本リーダーパワー史(223)『日本の政治家で最も少ないグローバルな戦略をもった経済政治家の先駆者―山本条太郎』 

日本リーダーパワー史(223)   <三井物産の中興の祖・山本条太郎> …

no image
日本天才奇人伝①「国会開設、議会主義の理論を紹介した日本最初の民主主義者・中江兆民ハチャメチャ人生とジョーク①

日本天才奇人伝①「国会開設、議会主義の理論を 紹介した日本最初の民主主義者・中江 …

no image
知的巨人の百歳学(162 )記事再録/「昆虫記を完成したファーブル(92歳)は遅咲き晩年長寿の達人-海、山を観察すれば楽しみいっぱい

    2013/07/30 / 2015/01/ …

no image
日本リーダーパワー史(639) 『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)田中義一はロシア国内を偵察・諜報旅行して、革命家・レーニン、スターリンに接触(?)したのか③

日本リーダーパワー史(639) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)   …

no image
日本リーダーパワー史(187)『世界史上空前の宰相としての桂太郎―「日英同盟』破棄と「日独・日中同盟」を孫文と密約!?―

日本リーダーパワー史(187) 『世界史上空前の宰相としての桂太郎 ―「日英同盟 …

no image
日本リーダーパワー史(851)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか『政界の一寸先は闇』★『安倍解散は「策士、策に溺れる」ことになる不吉な予感がする。』★『宰相、政治家にとって、一番大切なことは『信なくば立たず』である。』●『外国メディアは安倍解散を酷評、WSJ【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか』

 日本リーダーパワー史(851)  衆議院は9月28日召集の第194臨時国会の冒 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(209)-『W杯ラクビ―の勝利と「モンスター」井上尚弥の世界一の共通性』★『「できない理由」を探すよりも「何ができるのか」を考える』★『日本社会と同じようなチームを作っても世界では負ける、他のチームの物まねをしてる限り、チームは強くならない』(下)

  W杯ラクビ―の勝利(準決勝進出)と「モンスター」井上尚弥の共通性 …

no image
世界が尊敬した日本人◎「日本らしさを伝える<小津スタイル>- 世界の巨匠となった小津安二郎」

    世界が尊敬した日本人   ◎「日 …