前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(150)』『台湾の政権交代、習近平を相手に米欧のデモクラシーを満喫して登場した蔡英文氏が何をして見せてくれるのか? 興味津々です」

   

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(150)』

『台湾の政権交代、習近平を相手に、米欧のデモクラシーを満喫して登場した
蔡英文女史が何をして見せてくれるのか? 興味津々です」
<F氏のコメント>

台湾の政権交代、習近平を相手に、米欧のデモクラシーを満喫して登場したこの才女、何をして見せてくれるのか? 興味津々です。資金豊富な台湾の豪族?は教育の価値を良く分かっていますね︎逆に日本の政治家、各界リーダーの教育の薄さが気になります?
蔡英文を引き立てた李登輝も立派なものです?

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/011500208/?P=1&ST=smart

【台湾現地レポート】ミュージシャン出身委員も誕生させた民主主義の「成熟」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/01/post-4383.php

 

焦点:南シナ海より「台湾問題」、独立派圧勝で警戒強める中国

http://jp.reuters.com/article/analysis-south-china-sea-taiwan-idJPKCN0UW0OB

 

台湾・蔡英文氏訪日と親中・親日をめぐる闘い

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/post-3982.php

 

従来型テレワークが根付かない理由はー日本の働き方とのミスマッチだった

http://diamond.jp/articles/-/83125

アングル:移民急増のフィンランド、黒服自警団の台頭を懸念

http://jp.reuters.com/article/europe-migrants-finland-idJPKCN0UV00S

コラム:南極圏の氷、「4年ぶり拡大停止」の意味

http://jp.reuters.com/article/global-weather-braun-idJPKCN0UV00Q

古市憲寿氏が指摘する、日本型コミュニケーションの「非生産性」

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2016/01/post-801.php

 - 人物研究, 現代史研究 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(291)原敬のリーダーシップ「富と名誉は諸君の取るに任せる。困難と面倒は自分に一任せよ」③

日本リーダーパワー史(291)   「日本最強の宰相・原敬のリーダーシ …

no image
知的巨人の百歳学(156)/記事再録/『東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平(78歳)ー『心配しても心痛するな』★『元気、勇気、長生き、腹のおちつきーの<四気〉がいずれの事業を行うにしても必要で、これこそすべての原点』

日本経営巨人伝⑪東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平『心配しても心痛するな』 &n …

no image
日本敗戦史(42)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<ガラパゴス日本『死に至る病』①

日本敗戦史(42) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕— <ガラ …

no image
速報(439)『日本のメルトダウン』●『データでみるアベノミクス効果』◎『中国の資金逼迫:リーマンショックとは違うが』

   速報(439)『日本のメルトダウン』 &nb …

no image
 『百歳学入門』(168)ー『耳石が老化現象の原因に!? 注意したい身近な耳の病について《ガッテン!》』●『【ガッテン】耳石の刺激で若返る!? NASAの宇宙開発で生まれた究極のアンチエイジング5選』●『究極の老化予防は「立ち上がるだけ」 歩くよりも病気になりにくい不思議』

 『百歳学入門』(168) 11月16日、NHK「ガッテン」で『NASA直伝! …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(24)南シナ海、尖閣諸島の紛争は戦争に発展するか。『中国の夢』(中華思想)対『国際法秩序』 (欧米思想)との衝突の行方は!(下) 2049年に『中国の夢』が実現したならば、正しく『世界の悪夢』となるであろう。

    日中北朝鮮150年戦争史(24) 南シナ海、尖閣諸島での紛争は …

no image
日本リーダーパワー史(796)ー「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス』⑬『日露開戦7ゕ月前、ロシアは韓国を強圧して竜岸浦の租借を要求した。

 日本リーダーパワー史(796)ー 「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリーダ …

no image
世界最先端技術『見える化』チャンネルー大前研一の特別講義「狭い日本はクオリティ型農業で勝負せよ」●『 AI革命で日本株は復活する(藤田勉) 日本戦略総研社長』●『世界的にまだ新しい手法「コ・クリエイション」の5つの原則』●『日産の可変圧縮比エンジンは100年に1度の大発明!? そのすごさを理解する』

大前研一の特別講義「狭い日本はクオリティ型農業で勝負せよ」 http://jbp

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(107)/ ☆『小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南の魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

    2017/03/08 &nbsp …

no image
忘れられた巨人・秋山定輔は何者かー新聞経営、孫文を全面支援し政治家に露探汚名を着て政界の黒幕になる波瀾万丈の人生

     (まとめ)—忘れら …