前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊸』『韓国・朴槿恵政権との向き合い方』◎「中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独で」

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊸』

 

『韓国・朴槿恵政権との向き合い方

アングル:中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独で
2次大戦に焦点か」

◎「米陸軍を大幅削減へ 国防長官 戦後最少44万~45万人」

↑(この米ニュースが安倍首相に示唆しているものはバラマキではなく、

1千兆円突破の債務の大幅な削減でしかない)

 

◎『韓国・朴槿恵政権との向き合い方」

http://www.huffingtonpost.jp/kiyoshi-hasaba/korea-park-geun-hye_b_4844835.html

 

「 Fさんのコメント」

安倍の対外政策が祖父 岸信介の思想の延長、大東亜共栄圏
等と、軌を一にすると言っています。

岸のトラウマ、無批判に祖父の考えに盲従
している。総理になる前から、各所の講演
で岸の名前を常に数回繰り返していたと小
生の友人も言っております。

記者は、小渕ー金大中の合意に戻れといっ
ています。
私見ですが、昔から岸の「上から目線、互恵
平等の謙虚さの無さ、衣の下の鎧」など、新
聞で見る度に虫酸が走りました。士族、上流
階級の差別意識で、兵を殺す事に何の痛痒も
感じない輩です。

安倍はデモクラシーの価値を根本から勉強し
直す必要があります。彼の言葉には、押し付
けは充満していますが、ハートが全く無い、
真の共感力が無い、惻隠の情が無い、結局苦
労知らずのお坊ちゃん という事でしょうか?

統治の根源を、武力の拡大、警察力などの国家
権力の増強に求める、結局武闘派と言う事で
しょうか?岸とそっくりです。

今一つ、余談ですが、中国共産党の統治の主要
根源は、国家権力、公安力、武力に尽きるわけ
ですが、一党独裁体制の維持もこの手段に縋る
しか無い。

国内の鎮圧、掌握の為の暴力は、国際関係にも
いとも簡単に使われてしまうのでは?共産党一
党に三権が収斂していますので、抜刀も早いの
では、と思いますが、如何?

日本の常識は中国の非常識、中国の常識は日本
の非常識、全てが異なる世界と言う事で、虚心
に相手を見定める努力がなされているのでしょうか?

ドストエフスキーの「人間には見たいものしか
見えない、見たくないものはみえない」の言葉を
憶い出します。


◎「アングル:中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独
で第
2大戦に焦点か」

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1O04F20140225

 

 「Fさんのコメント」

中国市場は独仏にとって、最大の海外市場です。
フォルクスワーゲン、シーメンス、トタール、ワイン、ブランド装飾品、などなど米日の上を行く金城湯池です。依存度の高い関係です。
この力関係をバックにこれからも色々迫って行くこと必定です。
過去、桁違いの貢物と幹部子弟への教育饗応で今日の市場占有が

出来上がっています。
韓国の抗日宣伝と合わせ、
外堀を埋められて日本の現政権はどうやって活路を開くのでしょうか?
最後は米国の威嚇と制裁で、尻尾を巻いて詫びる、進退極まる事態が

目に見える様です。
ポツダム宣言受諾の再来です。恥の上塗りでしょうか?


 

◎「米陸軍を大幅削減へ 国防長官 戦後最少44万~45万人」
http://www.tokyonp.co.jp/article/
world/news/CK2014022502000233.html

 

◎「米国防予算:海空軍への影響抑制…アジア太平洋に重心」

http://mainichi.jp/select/news/20140226k0000m030093000c.html

 

  

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊷』「中国専門家
「尖閣侵攻で強さ見せつける」 
戦争発言に凍りついた瞬間

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2456

 

 - 人物研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(31) 『護法の神』といわれた大審院院長・児島惟謙の晩年は・・

日本リーダーパワー史(31) 『護法の神』といわれた児島惟謙の晩年は・・ &nb …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(292 )★『鈴木大拙は1945年『日本亡国の3つの『日本病』を上げた。そして、約70年後、大拙師のいう『日本病』を克服できなかったために、 3/11原発事故を引き起こし、日本は再び沈没中である。

  2012/06/19  日本リーダー …

no image
日本リーダーパワー史(708) 日中韓150年史の真実(11) 「福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか」⑪<記事再録>『福沢諭吉の「脱亜論」と時事新報の主張に全面的に賛成した』上海発行の英国紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」1884(明治17)年5月2日

  日本リーダーパワー史(708) 日中韓150年史の真実(11) 「 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねる⑥ー日清戦争敗北後の中国紙『申報』1895(明治28)年2月21日付『『日本が中国と講和すべきを建議す』

2011年3月15日の記事再録中国紙『申報』が報道する『日・中・韓』戦争史 &n …

no image
書評『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人』片野勧著・新人物往来社

書評 『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人のプロフェッシ …

no image
明治裏面史ー明治の国家参謀・黒幕の杉山茂丸の正体は・』杉山ぐらい調法がられる人才は未だかつてない』

  明治裏面史 『伊藤博文・山県有朋・児玉源太郎らを自由に操った明治の …

no image
知的巨人の百歳学(146)ー『憲政の神様・尾崎行雄(95歳)の『私の長寿と健康について』>『 生来の虚弱体質が長寿の原因である』

『憲政の神様・尾崎行雄(95歳)の『私の長寿と健康』> ① 生来の虚弱 …

no image
日本リーダーパワー史(607)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』③「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、明治維新も起きず、日本は中国、朝鮮の二の舞になっていたかも知れない」

   日本リーダーパワー史(607) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落 …

hatayama06
日本リーダーパワー史(647)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(40)<国難『三国干渉』(1895年(明治28)に碩学はどう対応したか、 三宅雪嶺、福沢諭吉、林ただすの論説、インテリジェンスから学ぶ』(1)『臥薪嘗胆論』①<三宅雪嶺〔明治28年5月15日 『日本』〕>

  日本リーダーパワー史(647) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(24)-記事再録/日中韓/異文化理解の歴史学(1)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回中1ー20回まで)★『申報、英タイムズ、ルー・タン、ノース・チャイナ・ヘラルドなどの外国新聞の報道から読み解く』●『朝鮮半島をめぐる150年間続く紛争のルーツがここにある』

日中韓異文化理解の歴史学(1)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読 …