前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊸』『韓国・朴槿恵政権との向き合い方』◎「中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独で」

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊸』

 

『韓国・朴槿恵政権との向き合い方

アングル:中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独で
2次大戦に焦点か」

◎「米陸軍を大幅削減へ 国防長官 戦後最少44万~45万人」

↑(この米ニュースが安倍首相に示唆しているものはバラマキではなく、

1千兆円突破の債務の大幅な削減でしかない)

 

◎『韓国・朴槿恵政権との向き合い方」

http://www.huffingtonpost.jp/kiyoshi-hasaba/korea-park-geun-hye_b_4844835.html

 

「 Fさんのコメント」

安倍の対外政策が祖父 岸信介の思想の延長、大東亜共栄圏
等と、軌を一にすると言っています。

岸のトラウマ、無批判に祖父の考えに盲従
している。総理になる前から、各所の講演
で岸の名前を常に数回繰り返していたと小
生の友人も言っております。

記者は、小渕ー金大中の合意に戻れといっ
ています。
私見ですが、昔から岸の「上から目線、互恵
平等の謙虚さの無さ、衣の下の鎧」など、新
聞で見る度に虫酸が走りました。士族、上流
階級の差別意識で、兵を殺す事に何の痛痒も
感じない輩です。

安倍はデモクラシーの価値を根本から勉強し
直す必要があります。彼の言葉には、押し付
けは充満していますが、ハートが全く無い、
真の共感力が無い、惻隠の情が無い、結局苦
労知らずのお坊ちゃん という事でしょうか?

統治の根源を、武力の拡大、警察力などの国家
権力の増強に求める、結局武闘派と言う事で
しょうか?岸とそっくりです。

今一つ、余談ですが、中国共産党の統治の主要
根源は、国家権力、公安力、武力に尽きるわけ
ですが、一党独裁体制の維持もこの手段に縋る
しか無い。

国内の鎮圧、掌握の為の暴力は、国際関係にも
いとも簡単に使われてしまうのでは?共産党一
党に三権が収斂していますので、抜刀も早いの
では、と思いますが、如何?

日本の常識は中国の非常識、中国の常識は日本
の非常識、全てが異なる世界と言う事で、虚心
に相手を見定める努力がなされているのでしょうか?

ドストエフスキーの「人間には見たいものしか
見えない、見たくないものはみえない」の言葉を
憶い出します。


◎「アングル:中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独
で第
2大戦に焦点か」

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1O04F20140225

 

 「Fさんのコメント」

中国市場は独仏にとって、最大の海外市場です。
フォルクスワーゲン、シーメンス、トタール、ワイン、ブランド装飾品、などなど米日の上を行く金城湯池です。依存度の高い関係です。
この力関係をバックにこれからも色々迫って行くこと必定です。
過去、桁違いの貢物と幹部子弟への教育饗応で今日の市場占有が

出来上がっています。
韓国の抗日宣伝と合わせ、
外堀を埋められて日本の現政権はどうやって活路を開くのでしょうか?
最後は米国の威嚇と制裁で、尻尾を巻いて詫びる、進退極まる事態が

目に見える様です。
ポツダム宣言受諾の再来です。恥の上塗りでしょうか?


 

◎「米陸軍を大幅削減へ 国防長官 戦後最少44万~45万人」
http://www.tokyonp.co.jp/article/
world/news/CK2014022502000233.html

 

◎「米国防予算:海空軍への影響抑制…アジア太平洋に重心」

http://mainichi.jp/select/news/20140226k0000m030093000c.html

 

  

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊷』「中国専門家
「尖閣侵攻で強さ見せつける」 
戦争発言に凍りついた瞬間

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2456

 

 - 人物研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑦「中国側が属国視した琉球(沖縄)処分をめぐる対立がすべての発端」

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(5)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』―末広鉄腸の『インテリジェンス』① < 各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識の競争であります>

  2015/11/23  日本リーダー …

ダウンロード-1-150x150
 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「脱亜論/日清戦争開戦論」を読む』(10) 『英ファイナンシャルタイム紙』(3月2日付)『金正男氏殺害の「大胆さ」に中国の影?』●『北朝鮮は基本的に中世の絶対君主制国家。中世イングランドのプランタジネット朝やオスマン帝国のスルタンを思わせるような殺人だった』

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の …

no image
 日本リーダーパワー史(831)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )③』★『ル大統領だけでなく、ヘイ外務大臣、海軍大臣とも旧知の仲』●『外交の基本―真に頼るところのものはその国の親友である』★『●内乱寸前のロシア、挙国一致の日本が勝つ』

2011年12月18日<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」 …

no image
福沢諭吉が語る「サムライの真実」(旧藩事情)③徳川時代の中津藩の武士階級(1500人)は格差・貧困社会にあえいでいた。

   NHK歴史大河ドラマを見ると歴史の真実はわからないー …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル★『奥田正行/イタリア料理スーパーシェフが世界を変えるパスタゆで方と鍋のふり方」の秘伝一挙全公開(40分間)「厨房設備機器展2019」のマルゼンブースでのスーパースチームでの実演デモはスゴイよ!

    『厨房設備機器展2019(2/20、東京ビ …

By: Anton Strogonoff
『リーダーシップ・無料電子図書館を読む』―宰相「伊藤博文公」(国民新聞編、1930年刊、94頁)

『リーダーシップ・無料電子図書館を読む』― 「知行合一」『文武両道』で鍛錬し、書 …

978-4-7593-1555-4
新刊出版『世界史を変えた「明治の奇跡」(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦)』★『150年前の明治維新で世界にデビューした極東アジアの<弱小貧乏島国国家・日本>はどのように西欧列強、中国/韓国と立ち向かい、「世界史の奇跡」』(日清・日露戦争勝利の方程式)を解いていったのか。』★『空前絶後の名将・川上操六の戦略を解明する!』

  世界史を変えた「明治の奇跡」 インテリジェンスの父・川上操六のスパ …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(218)/日清戦争を外国はどう見ていたのかー『本多静六 (ドイツ留学)、ラクーザお玉(イタリア在住)の証言ー留学生たちは、世界に沙たる大日本帝国の、吹けばとぶような軽さを、じかに肌で感じた。

 2016/01/28 /日本リーダーパワー史(651)記事再録 &n …

no image
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊼★『児玉源太郎のインテリジェンス』★『袁世凱と太いパイプを持つ青木宣純大佐に満州馬賊団を起して鉄道破壊のゲリラ部隊の創設を指示』●『青木大佐と袁世凱の深い関係』

  ★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した 明治人のリーダーパワー,リス …