前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<公開読書>2千年前から日本人はどう旅行したか<その答えを一挙公開>『日本旅行史ー古代、中世、近代、明治まで』

   

<公開読書>2千年前から日本人はどう旅行したか

 
 
<吉田十一著日本交通学会発行年月:1927(昭和2)年11月刊>

 
同書は日本の古代から中近世、徳川時代から明治までの交通の発展と都市の形成、商業の発展、旅行、観光、遊郭、売春制度、ホテル、飲食店、水商売などの商売の歴史の変遷を概括している。古代からの旅行の歴史を書いたものは数少ない。『旅行の日本史』の決定版である。
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
日本旅行史 目次
 
 
第一章 建国以前………
 
 建国以前の住民-コロポック、ウンクル説とアイヌ論-弥生生式土器民族「日本民族あって日本人種なしー石器時代に於ける二つの民族系統―海部或は安曇部と遠洋航海―

伝説にあらわれる交通の説話―海神宮往来-山の幸、海の幸の争いー龍宮とは何かー藍土翁―汐干珠と汐満珠-常世国―田道間守の逆旅―韓土との交通-

根の国と黄泉津平坂-越の国と出雲との交通―出雲と信州地方との交通―周流削卒平-日向から大和へ-軍旗旅の道(註】、道祖紳)-船の伝説、浮寶と速鳥-

無間勝間-天龍船-船の起源-独木舟―事代神社の独木舟-葦舟一皮舟-諸手船-古代の馬

 
 

第二章 上古から中古へ

 
 
 海路より陸路へー海賊の出没と海路停止―七道の路線-街道はまず官道として開けたー天浮橋-神武尊都と大和筑紫の交渉―東海西海の両道開かる-四道将軍の派遣―武内宿禰の東北巡視-日本武尊の大遠征―

伊豆の国大舶を献じ盛んに舟師起こす―造船勧奨の大詔-藍乗彦緯土派遣-神功皇后三韓遠征―大舶枯野の建造―猪名部の工匠-大化の改新と路駅の制―早馬使―駅の意義-陸駅―駅馬と伝馬―伝戸と駅戸―水駅―駅田と駅起稲-駅鈴伝符-郵便駅―飛脚の起源―駅使と飛駅-駅泊の制―道中の苦難―旅行の調度食料を携帯するー

炊事の難-道中同胞の屍体を棄て去る―貨幣用なしー道中に餓死するもの相次ぐー官の保護策-布施屋と悲田所-済苦院と救急院―救急稲(註二、貨幣の歴史―和向開診―稲1斗銀餞1文―鋳銭司の権与―畜銭叙位の令-貯銭不用の罰ー道中盗多く武装して旅行すー道中の日数―旅籠馬―旅籠―旅籠所―旅籠屋―旅籠舞と旅籠振るまい-延喜式にあらわれた駅伝の制-駅の数―駅馬伝馬の数と価―駅家-駅伝馬の使用-駅制すたる

 
 
 
第三章 中古から近世へ
 
 鎌倉開府と交通の二大中心-鎌倉街道の派設-幕府駅法を定むー京鎌倉の飛脚行程-宿次過書奉行と夜行番衆―早馬―脚力ー軍事勿忙幾くもなく駅法頽廃すー商業の勃興と宿の出現―駅の長者と遊君の長者-

宿場女の出現―クグヅメー流れの君と白拍手-船饅頭と朝妻舟-うかれめ-わが国の売女の由来-さぶるこー当代遵遊君全盛の原因-女衒(ぜげん)人買-鎌倉の花柳界-遊女別当-湯女とさるー傾城局-遊廓の起源-宿場女郎―飯盛女―橋姫と辻君。夜鷹、ひっぱり、手先たたき・ビンシヨ、雁の字-金猫・・・・

 
・・以下続く
 
 
●『ウイキペディア『旅行』
 
 
 

 - IT・マスコミ論 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(86)◎『老朽原発の廃炉や、核のゴミ処理政策を急げ (13・7・10)』+小出裕章非公式ブログ

  池田龍夫のマスコミ時評(86)   ◎『老朽原 …

no image
日本メルトダウン(920)『南シナ海に迫る「キューバ危機」、試される安保法制 』●『出口が見えない中国との関係 、互いに非難し合うのは愚かな言動 柯 隆』●『仲裁裁判がまく南シナ海の火種』●『中国は戦前の日本と同じ過ちを犯し自滅に向かっている』●『南シナ海の洋上で中国製の原発計画が進行中 19年までに運転開始へ』

  日本メルトダウン(920) 12日に南シナ海問題で国際裁定へ 南シナ海に迫る …

no image
『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(1)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み通す』

 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の『金玉均惨殺』から日清戦争開戦までの論説 …

3
オリエント学の泰斗・静岡県立大学国際関係学部・立田洋司名誉教授の最終講義(1/31)を聴いたー『自然と人間文化の接点ーとくにキリスト世界とPasteralについて』

  静岡県立大学国際関係学部名誉教授・立田洋司先生の教育生活40周年を …

no image
日本リーダーパワー史(357)●『東西冷戦の産物の現行憲法』『わずか1週間でGHQが作った憲法草案 ④』

日本リーダーパワー史(357)                &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(921)-『メディアと権力の戦い』★『『ジャーナリストはいいたいことではなく、言わねばならむことをいうことだ(桐生悠々)』★『豊かな時代の権力・リーダーの愚行は笑い話ですむが、国難の際の愚行は国を滅ぼす』(スミス『国富論』)★『汝、君主たるすべを知らざれば君主になるべからず』(バルザック)』

2010年1月29日の記事再録/ 日本リーダーパワー史(35) ➀リーダーへの苦 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(102)『米上下両院、14年度グアム移転予算を認可(12/16』『疑問だらけの「エネルギー基本計画」(12/13)』

   池田龍夫のマスコミ時評(102)   ◎『米 …

no image
世界リーダーパワー史(940)ー注目される「米中間選挙」(11/6)と「トランプ大統領弾劾訴追」はどうなるのか、世界がかたずをのんで見守る(下)

注目される「米中間選挙」(11/6)と「トランプ大統領弾劾訴追」はどうなる(下) …

no image
池田龍夫のマスコミ時評⑧ 「公正・客観的視点に立った論評を」「鳩山論文」を曲解した〝過剰報道〟を再検証

池田龍夫のマスコミ時評⑧   「公正・客観的視点に立った論評を」「鳩山 …

no image
歴代最高の経済人は誰か①ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りしたメッセの巨人』三井、三菱、その他の実業家より偉大な財界人・ 社会貢献の偉大な父・大原孫三郎から学ぶ③

『単に金もうけだけしか考えない人間が多すぎる、そんな拝金亡者が 世界中で地球の有 …