前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

池田龍夫のマスコミ時評(98)◎『一段と深刻化する汚染水、政府の〝逃げ腰〟 に呆れる(10/28)』

   

 池田龍夫のマスコミ時評(98)

 

◎『一段と深刻化する汚染水、政府の〝逃げ腰〟

に呆れる(10/28)』

 

池田龍夫(ジャーナリスト)

 

 福島第1原発汚染水漏れは台風、地震なども影響して収束のメドはいぜん立っていない。

1026日未明、北海道から西日本の広い地域で地震が発生、宮城県石巻市で震度4が観測された。震源は福島県沖約300㌔で深さは約10㍍、マグニチュードは71と推定。岩手から千葉県沖に津波注意報・警報改善(今年3月)後初の注意報だったが、津波被害がなかったことは幸いだった。

 

         「前面に立つ」は掛け声倒れ

 

 これに先立ち東京電力は25日、福島第1原発内の排水溝でストロンチウムなどベータ線を出す物質が1㍑当たり2500ベクレル検出されたと発表。この地点での最高値で、海から約150㍍しか離れておらず、一部が海に流出した可能性があるという。東電側は「放射性物質の海洋流出の危険性は少ない」と説明しているが、相次ぐ汚染水漏れ対策が万全といえない状況である。

 東京電力の〝漏水漏れ〟発表は連日のように続いているのに、政府は「前面に立って対処する」と言いながら、未だに流出の事実を隠蔽している。

 

          「完全にブロック」をまだ繰り返す

 

 安倍晋三内閣は25日の閣議で、汚染水漏れ問題について「影響は完全にブロックされている」とする答弁書を決定した。安倍首相は9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会の演説で「汚染水による影響は原発の港湾内の03平方㍍の範囲内で完全にブロックされており、全体として状況はコントロールされている」と発言し、国会質疑で野党議員から批判を浴びているが、首相は「完全に」という表現を抜いたり加えたりするなどして、自説にこだわり続けている。状況の変化に応じて、軌道修正すること自体、決して恥ずかしいことではないのに、これでは〝恥の上塗り〟ではないか。

 

           外国メディアの批判も高まる

 

 汚染水問題はインターネットを通じて時々刻々海外に流れており、外国メディアからも厳しい批判が寄せられている。各国とも「日本政府の姿勢のおかしさ」に気づいているはずで、日本への信用失墜につながる恐れがある。先に本欄で、「20年東京五輪にも影響か…」との外国メディアの報道を紹介したが、「2年半経っても収束のメドすら立っていない福島事故の現状を見ると、7年後の五輪は安全」と言い切れないことが懸念される。

 福島原発では9月以降トラブルが続き、放射線量の高い現場で働いていた作業員が汚染水を浴びる事故まで引き起こしている。1日で2㍉シーベルトも被曝する作業員もおり、一般人の年間被曝限度の2倍近いというから恐ろしい。建屋周辺は今も毎時100㍉シーベルト超の場所がざらで、1年間の被曝限度50㍉シーベルトを超えると、その年は現場で働けなくなるという。

 

         放射線量を超えた作業員は〝ポイ捨て〟

 

 朝日新聞1014日付朝刊が12面にわたって現場ルポを報じていたが、改めて過酷な作業実態に驚かされた。

 

「国や東電は作業員は年間12000人が必要とみて要員計画を作った。しかし年間放射線量を超えると〝ポイ捨て〟されるため、すぐ人員不足に陥る。しかも、事故現場最前線の作業員のうち、東電社員は1割ほど。危険な作業の大半を担うのは下請け、孫受けの人たちだ。それでも足りないため、全国各地から原発作業には不慣れな土木業者を雇わざるを得ない状況だ」との報告を読んで、汚染水対策だけでもこの過酷な実態に驚くとともに、肝心の建屋内の点検・修復の見通しは立たないのではないかとの心配が一層募った。

 

 東電が昨年、作業員4000人を対象に行ったアンケートでは、半数近くが偽装請負の状態で働かされている恐れが判明。賃金が中抜きされ、安全管理も不完全だったという。国は「東電の指導を強化する」と口先だけでは言うが、〝下請け頼み〟は全く改善されていない。

 最終的には、数十年続くという「廃炉」の難作業が控えている。政府は〝逃げ腰〟ではなく、現場作業員の確保、待遇改善の抜本策提言を急がなければならない。東京五輪準備に作業員が転出する恐れもあり、「五輪はスリムに、東日本大震災復興が最優先」の旗を高く掲げなければならない。

 

(いけだ・たつお)1953年毎日新聞入社、中部本社編集局長・紙面審査委員長など。

 

 

◎<今も続く汚染水!【福島第一原発の汚染水問題まとめ】
http://matome.naver.jp/odai/2137179335598486901

 

○「小泉純一郎が繰り返す「原発ゼロ」発言 その真意は

http://dot.asahi.com/aera/2013100200039.html

◎『数百人に1人が1ミリシーベルトの被爆でガンを運命づけられ
るということだと思います。/小出裕章助教
第4回インタビュー
Powered by ホワイトフード文字起こし

 

http://hiroakikoide.wordpress.com/2013/07/15/whitefoodqa_2013jury15/

 - IT・マスコミ論 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(104)再録<ネット時代の社説論説『本質に迫るための検証報道ーメディアは速報性のワナにはまるな①」

  終戦70年・日本敗戦史(104) 再録 <ネット時代の社説論説『本 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1074)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉④』★『「クリスマスまでに…」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機限界点』★『アメリカは北朝鮮の「先制攻撃」を、いまかいまかと待っている 国連安保理の制裁決議で起こること』★『北朝鮮より大きな危機が、5年以内に日本を襲う可能性 中国に「乱世」がやって来る』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1074 …

no image
<公開読書>2千年前から日本人はどう旅行したか<その答えを一挙公開>『日本旅行史ー古代、中世、近代、明治まで』

<公開読書>2千年前から日本人はどう旅行したか   <その答えを一挙公 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(25) 日本の安全保障政策転換に影響を及ぼす新安保懇報告(要旨)

池田龍夫のマスコミ時評(25) 日本の安全保障政策転換に影響を及ぼす新安保懇報告 …

no image
日本リーダーパワー史(576)昭和戦後宰相最大の怪物・田中角栄の功罪ー「日本列島改造論』で日本を興し、 金権政治で日本をつぶした

   日本リーダーパワー史(576) 昭和戦後宰相列伝の最大の怪物・田 …

no image
「2019年の世界はどうなる」ー『栄枯盛衰、勝者必滅は世の習い』★『地政学的不況から世界的不況へのミステリーゾンへ』突入か!? 

  「2019年の世界はどうなる」ー栄枯盛衰は世の習い         …

no image
『世界サッカー戦国史』④『西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、さらにベルギー戦(7/3)での奮戦が期待される』★『西野監督の「名将」の証ーポーランド戦最後の15分間でコロンビアの勝利にかけた決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた名将の戦略』

『世界サッカー戦国史』④ 前坂 俊之(ジャーナリスト) 予選敗退確実とみられてい …

no image
世界/日本リーダーパワー史(958)『ファーウェイ幹部逮捕で本格化、米国の対中防諜戦米国と諜報活動協定を結ぶ国が増加中』★『 AIの軍事利用で世界最先端を進み始めた中国』★『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー』

世界/日本リーダーパワー史(958) 『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー …

no image
日本の最先端技術「見える化」動画ー『よくわかるIoT/スマート工場』-『第3回スマート工場EXPO(1/19)ー蔵田 武志・産業技術総合研究所/筑波大学大学院(教授)の「現場のラボ化とラボの現場化」のプレゼン

  日本の最先端技術『見える化』チャンネル 第3回スマート工場EXPO …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1063)>★『日本の「無子高齢化」は、政府が非常事態宣言を出すべき深刻度 』★『日本の余命はあと8年!? 政府の楽観予測が示す「暗い未来」』★『ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす』★『 少子高齢化がもたらす衝撃の未来予想図--「縮むこと」を恐れるな』★『2035年には人口の半分が独身! この先、必要になる「ソロで生きる力」』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1063) …