前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(118)酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89)の「死而不亡者寿」(死して滅びざるもの寿)

      2015/08/31

「百歳・生き方・死に方-臨終学入門(118)

酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89)の「死而不亡者寿」

(死して滅びざるもの寿)

富士山は無窮の象徴である」と富士山を中心に描いた。

絶筆も『不二』だったが、一度も富士山に登っ

たことはなかった。

                               前坂俊之(ジャーナリスト)

wiki 横山大観

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E8%A6%B3

横山大観は、明治初めに岡倉天心の理想を受け継ぎ、日本画の近代化を行うと同時に、明治・大正・昭和の三代にわたって、日本画を革新し続けてきた、わが国、画壇の最高峰である。

大観は生涯、「富士山は無窮の象徴である」として、富士山を描き続けた。絶筆も『不二』だったが、一度も富士山に登ったことはなかった。日本精神の原点として、富士山の美姿に打たれ、描き続けたのである。終生、在野精神を貫き、昭和十二年(1937)、第一回の文化勲章を受章したものの芸術院会員は断った。

九十歳の長寿を全うし、最後まで旺盛な創作欲は衰えなかった。そのエネルギーの源泉は日本酒。それも広島の銘酒「酔心」以外は一切飲まなかった。

「酒仙大観」といわれ、若い時は毎日二升(3・6リットル)は軽く飲み干し、八十歳を過ぎても一升は欠かさなかった。御飯はほとんど食べず、朝から2合(0,リットル)を飲み、昼は三合、夜は残りを飲んだが、それでも足りなかった。

酒の肴は肉や魚は全く口にせず、オカズはもっぱら野菜やウニ、カラスミ、果物などで、静子夫人は「ウグイスのように、ナッパぽっかり食べています」と。固形物をとらないため、大観の胃は普通の半分ぐらいに小さくなってしまったという。

「酒は米のジュースなので、米食しなくても同じこと……」

と、大観はすましていた。

昭和三十一年二月、八十八歳の大観は辻政信参議院議員の仲立ちで、不和だった中村岳陵(日本画家)との和解の宴を築地の料亭で催した。

この時、大観は飲み過ぎて、下痢が続いて病にふせった。それでも連日、「酔心」を飲んでいたため突然、危篤状態に陥った。

三月十九日、日本美術院の重鎮たちに危篤通知が出されて、友人や弟子がかけつけた。病床でお別れに「先生は酒がお好きだから、最期はお酒を飲ませて送ろう」

と目覚めた瞬間に吸飲みで「酔心」を一合飲ませた。ところが、これで再び意識がよみがえり、翌朝には快方に向かって危機を脱した。元気になった大観は再び、二日に一升近くの酒を飲み始め、翌32年11月には病床から完全に離れ、画筆を持つまでになった、という。まるでウソのような本当の話である。

「堂々男子は……」

「世間では私を大酒飲みと思っているが、私はただ酒を愛するだけです。酒徒なのです。だがいくら酒が好きでも寝床で飲むんじゃまずい。とくに吸飲みなんかではね」と大観。

最晩年には「酔心」を、酒七分、水三分、または半々に薄めてちびちび飲んでおり、主治医は「大観は飲むと心臓の働きも活発になり、酒は強心剤とも言える。長年の習慣が酒に適した身体を作ったのではないか」とあきれる。

飲んで興にいると、岡倉天心作の「日本美術院歌」を朗々と大声で歌い、「堂々男l子は死んでもよい」の「よい」に、なんとも言い表わせない味と調子をにじませた。

大観がこの歌を歌いだすと、主治医らは体調のよい証拠として喜んだ。この美術院歌を大観がレコードに吹き込んだ時のこと。しらふではなかなか歌えない。ずっとできないまま、二週間ほど経ったある日、制作者が「レコードができました」と突然、持ってきたので、大観は「俺は吹き込んだ覚えはない」と驚いた。

よく聞いてみると、ある晩、隣室にそっとテープコーダーが持ち込まれ、大観が酔って歌い練習していたところを録音したのだった。「油断もスキもありません」とぼやいた。

晩年、大観は老子の言葉の「死而不亡者寿」(死して滅びざるもの寿)を好んで、揮号していた。

 - 健康長寿 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(190)』『(コラムニストの眼)クーデター未遂 民主主義の勝利ではない ロジャー・コーエン』●『不明学生の車か、両親らが発見 熊本地震・崩落現場下流:朝日新聞デジタル』

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(190)』 (コラムニスト …

no image
 生涯現役/百歳学入門<162>『101 歳よく食べ歩く、記憶鮮明「おしゃべり好き」』●『人間の寿命は125歳が限界? 世界で長生きする長寿5カ国の秘密』●『平均余命は世界的に伸び、経済的豊かさとは合致せず=研究』●『長生きをする30の方法』●『人類が完全なる人工心臓を手にする日はどこまで近づいた?』

    生涯現役/百歳学入門<16 …

no image
知的巨人の百歳学(136)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習えじゃ、大喝!★「少くして学べば、則ち壮にして為す有り。壮にして学べば、則ち老ゆとも衰へず。老いて学べば、則ち死すとも朽ちず」(佐藤一斎)』

記事再録/ ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)団塊世代こそ<老害といわれ …

no image
  戦後、自由民主党を作った大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治・健康法は・・・

 (2009/07/15)   『別刷歴史読本』「晩年長寿の …

no image
日本メルトダウン( 982)『トランプ次期米大統領の波紋!』「安倍・トラ会談」が、かなり危なっかしい理由トップ会談お決まりの打ち合わせもなし』●『トランプ氏と安倍首相の初会談、準備段階で混乱、詳細決まらず』●『コラム:貿易やアジア外交、トランプ大統領を待ち受ける危険』●『コラム:トランプ勝利と、米国が主導する「世界秩序の死」』●『オピニオン:トランプ不安、日本の「改憲」後押し=エモット氏』●『TPP失敗なら中国に10兆円もの恩恵 米調査委が試算、トランプ氏の脱退方針に警告』

   日本メルトダウン( 982) —トランプ次期米大統領の波紋 「 …

no image
百歳学入門(68)「茶陶の領野に新機軸を打ち立てた-萩焼の人間国宝、三輪壽雪翁(102歳)」

百歳学入門(68)   「茶陶の領野に新機軸を打ち立てた-萩焼の人間国 …

ダウンロード
知的巨人たちの百歳学(124)「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」・馬越恭平【88歳) 「健康10ヵ条」「四気の保持を忘れぬこと―元気、勇気、長生き(気長の意味) 、腹の落付き(沈静)の四つ」

知的巨人たちの百歳学(124) 「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」・馬越恭平 …

no image
『百歳学入門』(100)『釣ったカワハギをおいしく食べて長生きする法ー 鎌倉・地産地消・ロハスの「百歳長寿学」

  『百歳学入門』(100)   ●『釣ったカワハ …

no image
『百歳学入門(205』ー 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」カゴメの創業者/蟹江一太郎(96)の長寿健康/経営10ヵ条』★『でんでん虫、そろそろ登れ、富士の山」』★『日本一 前後かわらぬ トマトかな」その理念は『正直、感謝、共存共栄、漸進主義』●『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し(家康の遺訓)』★『長寿はトマトを売り歩いた苦労のおかげ』

  百歳学入門(70) 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(134)『本田宗一郎(84歳)』ー画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

2015/03/11 / 百歳学入門(105) スーパー老人、天才老人 …