前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー史(799)ー「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑮『日露戦争開始7ヵ月前、対ロシア交渉開始の『第一回元老会議」の翌日(6/24)、桂首相は辞表を提出した』

   

     日本リーダーパワー史(799)ー

「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、

インテリジェンス⑭   

 

 対ロシア交渉開始の『第一回元老会議」の翌日、桂首相は辞表を提出した。

 

第一回元老会議によって廟議は一決し、いよいよロシアとの最後の交渉に入ることになった。

しかし、桂首相は国内情勢をまとめていく自信はなかった。

 

 日本リーダーパワー史(797)ー「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス』 未曾有の国難来る。ロシアの韓国侵攻に対して第一回御前会議が開かれた』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/24428.html

 

日本リーダーパワー史(798)ー「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑭『ロシアの韓国侵攻に対しての第一回御前会議に提出された小村外相の対霧交渉意見書全文』★『現在進行中の北朝鮮暴走と110年前の日露戦争前の軍事侵攻は類似パターン』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/24446.html

とくに、元老の筆頭格の伊藤博文が政友会を結成し総裁となったが、その政友会は前年桂内閣の地租継続案に反対し、ついに議会解散となるなど、ことごとく桂内閣と対立していた。議会解散後、桂、伊藤の妥協が成立したおかげで、対ロシア政策でも最低限必要な海軍拡張案の実現にやっとこぎつけたほどだ。

しかも伊藤は、本来、親ロシア派の「日露協商論者」として知られる元老であり、山県とその子分である桂首相らの『親英派』『日英同盟派』とは意見対立があった。その伊藤が野にあって、桂内閣の対抗勢力の政友会総裁の地位にあることは、未曽有の国難に当たって、「戦争か、和平か」の決断と挙国一致の体制を作る上で最大の障害となってきた。

桂はこの際、身を引いて、この重責を担うことのできる元老に首相の職を譲る決意をして御前会議の翌日、六月二十四日、伊藤、山県を首相官邸に招いて、三者会談を開いた。

この席上、桂首相は

 「前日の御前会議において、対露方針はすでに一定したが、その目的を達成することは容易でない、この国家最大の問題を解決するには、非才な私のごときもののできることではない、よろしく国家の元老として、声望、勲業の兼備した第一等の人物を挙げて、これに当たらねばならぬ。

この際、願わくは両元老のうち一人が起って総理大臣となって頂きたい、自分は決して責任を回避せんとするものではなく、ただ首相たる職を辞して、諸元老の下に共同の責任を負うて時局に対処したい考えである」

 と述べた。

桂の内心は「現下の情勢では伊藤を内閣の首班にするのが、国家万全の策である、伊藤が野にあって政党の首領である間は、何びとが総理大臣になっても、国家の重大問題を解決することは困難である。

この時にあたり、国家唯一の有力者にして、特に信任厚い伊藤をして、挙国一致内閣の首班にすることが必要である」

すなわち、「伊藤をして政党首領の地位を去らしめる」ことをもって、桂は、対露交渉の前提として解決せねばならない内政上の最大緊要事との考えであった。

 

伊藤と山県とは、桂の辞任も申し出に、言下に反対した。

「このごときは今日決して実行し得べき問題ではない」と言い、

伊藤は怒りをあらわに「そういう相談ならば自分はすぐ帰りたい」と言って座を立とうとした。

桂はこれを止めて、重ねて辞職の決意の固いことを述べ、「自分は、国家のため最上策と信ずるところを両公に陳述したのである、

もし両公が聞かれないならば、自分としては上奏して聖断を仰ぐ外はない、両公は御諮絢に奉答されるべきことと思うので、自分は予め両公のご諒承を願ったのである」と説明した。

三者会談は、当日なんの結論も得ぬまま散会した。

 翌二十五日、桂は内閣会議を開いて決意を告げ、閣僚みな首相の意を諒として辞表を桂に提出した。七月二日、桂は参内して辞表を提出した。

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界/日本リーダーパワー史(930)-『トランプ大統領が招く「米国孤立」と世界経済の混迷から世界恐慌への悪夢』(下)『EUでは移民排斥の極右勢力の台頭!』★『米中間選挙の結果がすべてを左右する』★『1930年代の世界大恐慌が再現するのか、平沼首相の「欧州情勢は複雑怪奇なり」』

『トランプ大統領が招く「米国孤立」と世界経済の混迷から世界恐慌の悪夢』(下)   …

11111
★5『東京・目黒区ぶらり散歩』-『瀧泉寺(通称・目黒不動尊)は歴史景観と緑がいっぱいで中々良かったですよ。

目黒の瀧泉寺(通称・目黒不動尊)を散歩した。緑がいっぱいで中々良かったですよ。 …

no image
『百歳学入門(231)-『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』ー『平櫛田中の一喝!「六十、七十 はなたれ小僧、男盛り、女ざかりは百から、百から。いまやらねばいつできる、わしがやらねば、だれがやる。』

日本ジャーナリスト懇話会112号(2018年6月15日号) 『60,70歳から先 …

no image
書評/河田宏著「第一次世界大戦と水野広徳」三一書房(1996)★『中野正剛と水野広徳を論議させたところはまるで「三酔人経綸問答」』

書評「図書新聞」(1996年6月15日)掲載 河田宏「第一次世界大戦と水野広徳」 …

888
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(1)』 「フィラデルフィアぶらぶら散歩(5/9-5/13)

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(1)』 「フィラデルフィアぶらぶら散歩(5/ …

no image
世界、日本メルトダウン(1014)- 「地球規模の破壊力示したトランプ」とガチンコ対決★『トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後にスピード解任』●『全米の「マスコミ」「ジャーナリスト」『民主主義者」もトランプ攻撃に一斉に砲列を引いた。』●『トランプを大統領にした男 イバンカの夫クシュナーの素顔』

世界、日本メルトダウン(1014)- 「地球規模の破壊力示したトランプ」★ ★ペ …

default
『湘南海山ぶらぶら日記』★『真夏の鎌倉海をひとり占め、さかなクンと 遊ぶの巻「釣りバカは死んでも治らない』●『真夏の鎌倉カヤック釣りアホ日記(8/5)』『中アジを連発!イナダはこないね、日射病よけで3時間勝負!』

 『湘南海山ぶらぶら日』 真夏の鎌倉海をひとり占め、さかなクン 遊ぶの巻ー「釣り …

no image
日本リーダーパワー史(907)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』★『人を挙ぐるには、すべからく退を好む者を挙ぐるべし』

日本リーダーパワー史(907) 日本興業銀行特別顧問 中山 素平(1906-20 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(85)陸軍反逆児・田中隆吉の証言⑤『ガダルカナルの惨敗、悲劇ー 敵を知らず、己れを知らず』

終戦70年・日本敗戦史(85) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横の実 …

no image
日本メルトダウン( 982)『トランプ次期米大統領の波紋!』「安倍・トラ会談」が、かなり危なっかしい理由トップ会談お決まりの打ち合わせもなし』●『トランプ氏と安倍首相の初会談、準備段階で混乱、詳細決まらず』●『コラム:貿易やアジア外交、トランプ大統領を待ち受ける危険』●『コラム:トランプ勝利と、米国が主導する「世界秩序の死」』●『オピニオン:トランプ不安、日本の「改憲」後押し=エモット氏』●『TPP失敗なら中国に10兆円もの恩恵 米調査委が試算、トランプ氏の脱退方針に警告』

   日本メルトダウン( 982) —トランプ次期米大統領の波紋 「 …