前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本最先端技術『見える化』チャンネル ー『日本のロボット技術のレベルがよくわかる動画/『 厨房設備機器展2019(2/20、東京BS)-「ロボット・オクトシェフ誕生、その見事な職人芸にアメイジング!」★『ロボット技術単体と同時にそのロボット技術産業全体を総取りするグローバル、マーケッティング戦略こそ最重要課題』

   

日本の最先端技術『見える化』チャンネル

 厨房設備機器展2019(2/20、東京ビッグサイト)-「ロボットたこ焼きオクトシェフ」の見事な職人芸にアメイジング! ロボットがたこ焼き職人になった?

 

 

かにかまぼこの製造7割がリトアニアにある「ビチュナイ」

http://epasepas.blogspot.com/2012/10/7.html

リトアニアにある「ビチュナイ社」は、年に8万トンのカニカマを生産しており、40カ国以上に輸出をしているという。

この会社の工場で使っている機械を作っ たのは、「ヤナギヤ」という日本のメーカー。ヤナギヤ国際部長の谷村俊文さんは、世界で稼働するカニカマ製造ラインの大体7割がヤナギヤ製であることを 語った。

カニカマの生産量世界一の企業は、リトアニアのビチュナイです。 >その生産量は4万トンといわれます。

まもなく創業100年を迎えるヤナギヤは、従業員150人の会社で、売り上げは34億円。

作っている製品の大部分は食品製造の機 械で、そのほとんどを客にあわせて手作りしているという。村上龍はこの会社について、「オーダーを受けて作るんじゃなくて、こっちが先取りして潜在的なリ クエストを具体化して提案して作っているのが、この会社の1番優れているところだと思う」と語った。

ーーーーー

この記事をみて、いろいろなものに使える優秀なロボットの生産では日本が優れているが、このロボットを使って

日本企業が欧州市場だけでなく、全世界に日本オリジナルの「かにかまぼこ」をラーメンのように販売していくマーケッティング戦略がかけていることが、日本経済、農業、食品輸出が伸びない原因の1つであることがわかる。

単に技術だけでなく、グローバルなマーケット戦略と人材育成が求められる。農業分野、食品加工業界のグローバル戦略こそ一番必要なことで、タコ役ロボットの場合も、これを導入すれば世界中でカンタンに店を開くことができ、利益を上げられる。ロボット技術とそのすそ野産業まで拡大して、グローバルに利益を得るシステム作りこそ求められる。

!世界初・ロボットたこ焼き店OctoChef(オクトシェ)が長崎ハウステンボスにオープン!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000…

 

コネクテッドロボティクス株式会社 「調理サービスロボット」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)が開発したロボットによる世界初のロボットたこ焼き店「OctoChef(オクトシェフ)」が、ハウステンボス株式会社(所在地:長崎県佐世保市)のハウステンボス内アトラクションタウン チーズワーフの一角にて、7月20日(金)からオープンいたします。当店舗では、たこ焼きロボットのほかソフトクリームロボットも稼働します。

当社は、アーム型の協働ロボットの活用、人工知能による画像認識を通じたディープラーニング等の最新技術を組み合わせることにより、通常3~4名で運営するたこ焼き店舗を1名で行えるよう省人化を実現しました

。ロボットが調理を担当することにより、店舗スタッフは熱い鉄板に向き合って調理を続ける必要がなくなり、スタッフへの負担が大きく軽減されています。また、これまでの産業用ロボットでは安全性を確保するために安全柵が必要でしたが、協働ロボットを活用することでスペース効率が高く、同一空間内で人とロボットが一緒に作業することが可能となりました。

 

効率性とエンターテイメント性を兼ね備えた、未来の飲食店をぜひご体感ください。 調理をロボットで革新する

 https://connected-robotics.com/

 

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(258)/ 「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論』★『償いなき略奪。日本が条約に違反し製品を無開税で輸入している証拠を握る

 2018/01/12「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイム …

no image
日本リーダーパワー史(172)『高橋是清の国難突破力①』『日露外債募集戦争』―奇跡的に成功したインテリジェンス(1)

 日本リーダーパワー史(172)   『高橋是清の国難突破力①』 &n …

no image
「少子超高齢社会」は「青少年残酷・老害社会」ー横井也有の<江戸の老人8歌仙と老害>で自戒する

 百歳学入門(83)   ▼「江戸の老人8歌仙と老害」 &n …

no image
★『鎌倉釣りバカ人生30年/回想動画記』⑧<湘南海山ぶらぶら日記 > ★<鎌倉野生カヤックフィッシング>『厳冬の鎌倉海のカヤック釣りでヒラメをゲット!?と思いきや、何と大カサゴでしたよ』

   2012/01/21  <鎌倉野生 …

no image
速報(122)『日本のメルトダウン』<日中百年の難題?『放射能 福島原発は廃炉にできない』『中国は「乱世」突入の前兆か』

  速報(122)『日本のメルトダウン』   <日中百年の難 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(44)記事再録/明治維新の革命児・高杉晋作の「平生はむろん、死地に入り難局に処しても、困ったという一言だけは断じていうなかれ」①

    2015/07/29日本リーダーパワー史( …

no image
世界史の中の『日露戦争』③『戦争迫るロシアと日本』(戦争勃発3ヶ月前)『ニューヨーク・タイムズ』(明治36年12月20日付)

 『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』③- 英国『タイムズ』米国 …

no image
速報(127)『日本のメルトダウン』本当はもっともっと深刻な汚染なんだと国はまずは言わなければいけない 小出裕章』

速報(127)『日本のメルトダウン』       …

555555
『リーダーシップの世界日本近現代史』(287)/★『F国際ビジネスマンのリタイア後の世界ぶらり散歩「パリ/オルセー美術館編』★『オルセー美術館は終日延々と続く入場者の列。毎月第一日曜日は無料、ちなみに日本の美術館で無料は聞いたことがない』

     2015/05/18 &nbs …

no image
「エコプロダクツ2013」(12/12-12/14)「地球・世界を救う最先端技術を紹介」①小水力発電、浮体式海上風力発電など

    ★「エコプロダクツ2013」(12/12-12/14 …