前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本最先端技術『見える化』チャンネル ー『日本のロボット技術のレベルがよくわかる動画/『 厨房設備機器展2019(2/20、東京BS)-「ロボット・オクトシェフ誕生、その見事な職人芸にアメイジング!」★『ロボット技術単体と同時にそのロボット技術産業全体を総取りするグローバル、マーケッティング戦略こそ最重要課題』

   

日本の最先端技術『見える化』チャンネル

 厨房設備機器展2019(2/20、東京ビッグサイト)-「ロボットたこ焼きオクトシェフ」の見事な職人芸にアメイジング! ロボットがたこ焼き職人になった?

 

 

かにかまぼこの製造7割がリトアニアにある「ビチュナイ」

http://epasepas.blogspot.com/2012/10/7.html

リトアニアにある「ビチュナイ社」は、年に8万トンのカニカマを生産しており、40カ国以上に輸出をしているという。

この会社の工場で使っている機械を作っ たのは、「ヤナギヤ」という日本のメーカー。ヤナギヤ国際部長の谷村俊文さんは、世界で稼働するカニカマ製造ラインの大体7割がヤナギヤ製であることを 語った。

カニカマの生産量世界一の企業は、リトアニアのビチュナイです。 >その生産量は4万トンといわれます。

まもなく創業100年を迎えるヤナギヤは、従業員150人の会社で、売り上げは34億円。

作っている製品の大部分は食品製造の機 械で、そのほとんどを客にあわせて手作りしているという。村上龍はこの会社について、「オーダーを受けて作るんじゃなくて、こっちが先取りして潜在的なリ クエストを具体化して提案して作っているのが、この会社の1番優れているところだと思う」と語った。

ーーーーー

この記事をみて、いろいろなものに使える優秀なロボットの生産では日本が優れているが、このロボットを使って

日本企業が欧州市場だけでなく、全世界に日本オリジナルの「かにかまぼこ」をラーメンのように販売していくマーケッティング戦略がかけていることが、日本経済、農業、食品輸出が伸びない原因の1つであることがわかる。

単に技術だけでなく、グローバルなマーケット戦略と人材育成が求められる。農業分野、食品加工業界のグローバル戦略こそ一番必要なことで、タコ役ロボットの場合も、これを導入すれば世界中でカンタンに店を開くことができ、利益を上げられる。ロボット技術とそのすそ野産業まで拡大して、グローバルに利益を得るシステム作りこそ求められる。

!世界初・ロボットたこ焼き店OctoChef(オクトシェ)が長崎ハウステンボスにオープン!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000…

 

コネクテッドロボティクス株式会社 「調理サービスロボット」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)が開発したロボットによる世界初のロボットたこ焼き店「OctoChef(オクトシェフ)」が、ハウステンボス株式会社(所在地:長崎県佐世保市)のハウステンボス内アトラクションタウン チーズワーフの一角にて、7月20日(金)からオープンいたします。当店舗では、たこ焼きロボットのほかソフトクリームロボットも稼働します。

当社は、アーム型の協働ロボットの活用、人工知能による画像認識を通じたディープラーニング等の最新技術を組み合わせることにより、通常3~4名で運営するたこ焼き店舗を1名で行えるよう省人化を実現しました

。ロボットが調理を担当することにより、店舗スタッフは熱い鉄板に向き合って調理を続ける必要がなくなり、スタッフへの負担が大きく軽減されています。また、これまでの産業用ロボットでは安全性を確保するために安全柵が必要でしたが、協働ロボットを活用することでスペース効率が高く、同一空間内で人とロボットが一緒に作業することが可能となりました。

 

効率性とエンターテイメント性を兼ね備えた、未来の飲食店をぜひご体感ください。 調理をロボットで革新する

 https://connected-robotics.com/

 

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード (1)
知的巨人たちの百歳学(143)世界の総理大臣、首相経験者の最長寿者としてギネスブックに登録された昭和天皇の叔父の東久邇稔彦(102歳)

知的巨人たちの百歳学(143) 世界の総理大臣、首相経験者の最長寿者として ギネ …

118486930354a5eb67b11921.61888010859296389
新一万円札の肖像画となった渋沢栄一翁(91歳)は「日本株式会社の父」ー「すでに150年前に現在の米国型強欲資本主義」を超えた「道徳経済合一主義(仏教的資本主義)を実践した稀有の資本家」★「人生100歳時代の先駆者として、年をとっても楽隠居な考えを起さず死ぬまで社会に貢献する覚悟をもつ』

  日本リーダーパワー史(88)経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済 …

no image
日本メルトダウン脱出法(787)[アングル:中国で深刻化する大気汚染、電気自動車の好機に]●[日本は移民政策が必要、労働力確保で中国に負ける可能性=河野担当相]●[(米国事情)自宅の修繕や工事なら“Amazon”で業者を呼ぼう]

  日本メルトダウン脱出法(787)    2015年の出来事を動画60秒間で振 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(228)/グリコの長寿創業者 江崎利一(97歳)『 「私の座右銘は、事業奉仕即幸福!。事業を道楽化し、死ぬまで働き続け、学び続け、息が切れたら事業の墓場に眠る」』

    2012/03/12 &nbsp …

hokusai
『百歳学入門(202)』<100歳社会の手本―葛飾北斎に学ぶ -「創造力こそ長寿力」★『70歳以前に画いたものは取るに足らない。八十歳にしてますます精進し、九十才にして奥義を極め、百才にして神技となり、百才を超えて一点一画を生きているように描きたい』(画狂老人述)

100歳社会の手本―葛飾北斎に学ぶ ―「創造力こそ長寿力」 私は富士山マニアであ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』VW不正事件―4兆円どころか、もっと天文学的数字になるのではない でしょうか?何にしても、一人のリーダーの狂気が悲劇的な結末を招いたのです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(140』 VW不正事件―4兆 …

no image
地上デジタル放送のメリット・デメリット

1 地上デジタル放送のメリット・デメリット・    <2003,12> 静岡県立 …

no image
日本リーダーパワー史(425)日本外交の新展開―日英同盟による日露戦争の勝因を教訓に、日英防衛・安保協定を深める日本

   日本リーダーパワー史(425) 日本外交の新展開― 日 …

no image
速報(263)『米国を真似て財政破綻したがる日本』(田中 宇)●『製造業:安い中国の終焉』(英エコノミスト誌』

速報(263)『日本のメルトダウン』   ◎『米国を真似て財政破綻した …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」が報道した「日韓併合への道』の真実㉔『ラッド博士による弁明ー『伊藤侯爵の朝鮮統治ー『韓国での外国商人は保護国に満足』『現閣僚の開明派は暗殺の目標に』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合へ …