前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

130年に1度の三浦半島2大霊場大開張奉修(4/29) ー『浄楽寺』(横須賀市芦名)の運慶作の国宝『阿弥陀仏三尊』に感動す。(動画2本あり)』●『5月28日まで公開中、お宝拝観にでかけよう』

      2017/05/01

130年に1度の三浦半島2大霊場大開張奉修(4/29)

ー浄楽寺の運慶作の国宝『阿弥陀仏三尊』に感動す。

4月29日、横須賀市芦名の『浄楽寺」の運慶作の仏像を拝観に出かけた。運慶の雄渾な作品群は写真集や雑誌でみて、その力づよく

精妙な彫刻力に魅了された。運慶の本物を見たいとかねがね思っていたが、我が家から車で20分ほどの葉山の先の横須賀市芦屋の『常楽寺」で公開されていると聞いて、すっとんで見に行った。『浄楽寺』の質素な仏殿のうらに、コンクリート製の頑丈な保存庫が建てられており、この中に安置されている。

胸の高鳴りを抑えながら、中に入り御対面する。正面の金泥塗り本尊の阿弥陀像はどっしりと大きく、全身から迫力が伝わってくる。両眼をしっかりと見開き、透徹した円満な視線が心にしみる。豊かな張りのある頻、分厚い胸板で立体する『阿弥陀像」は光り輝き拝観者をジワリと感動で包んでくる。しばし、見とれて、時間を忘れる。運慶入魂の傑作であることを体感する。

並んでいる怒髪天を衝く「不動明王像」、毘沙門天像の円満ポーズのデザイン力、繊細緻密な彫刻力は、見るものを圧倒しながら、心を和ませてくれる。約800年前の木彫刻の今に伝わるその奔放な生命力に感動した。会期は28日までで、毎日午前8時から公開しているとのこと、何度でも足を運び、運慶仏像の躍動する生命力で、わが衰えた心のバッテリーを充電させるつもりである。

<ただし、国宝の拝観は撮影禁止のため、この動画内での運慶の仏像は同保存庫で販売中の絵葉書を撮影したことをお断りしておきます。>
平安時代末期、鎌倉時代初期に活動した我が国の最高峰をうたわれた仏師である。数々の国宝・重要文化財級の仏像の作者として有名で「東洋のミケランジェロ」とよばれる。
運慶の作と称されている仏像は日本各地にきわめて多い(特に仁王像に多い)。文治2年(1186年)以降、]鎌倉幕府関係の仕事にたずさわり。北条時政発願の静岡県伊豆の国市・願成就院の阿弥陀如来像、不動明王及び二童子像、毘沙門天像や和田義盛発願の神奈川県横須賀市・浄楽寺の阿弥陀三尊像、不動明王像、毘沙門天像を造っている。
神奈川・浄楽寺に安置されている仏像はーーー。

 

 浄楽寺の国指定の重要文化財となっている諸仏像は文治5年(1189)に和田義盛の発願によって運慶(小仏師十人)によって造られた仏像で、運慶が30代の頃のものと推定されている。関東の仏像としては屈指の名品とされている。

 

■阿弥陀三尊像(木造寄木造り、金泥塗り)本尊の阿弥陀像はきびしい眼をしっかりと開き、張りのある頻、厚い胸と量感豊かである。観音、勢至の両脇侍には動きがみられる。台座などは江戸時代に補修されたもの。三尊ともに主にヒノキ材で造られている。三尊は極楽浄土の仏とされる。

■不動明王像(木造寄木造り、玉眼、古色塗り)

仏道を守る不動明王は力強さに富み盆窓の顔で、水晶の眼が凄味を増す。像内には運慶作を決定づける銘札が入っていた。

■毘沙門天像(木造寄木造り、玉眼、古色塗り)

 邪鬼を踏んだポーズは躍動感があり、引き締まった顔はたくましい。北方の守護神、福徳の神ともされる。不動と同種の銘札が像内に入っていた。

1950(昭和25)年の文化財保護法の制定により、国指定重要文化財になった。
 現在は本堂裏の収蔵庫に安置されている。

 毎年 3月3日、10月19日がご開帳の日ですが、事前に申し込めば平日でも拝観できます。(電話番号:046-856-8622

 

 - 人物研究, 健康長寿, 最先端技術『見える化』動画, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 世界、日本メルトダウン(1012)-「地球規模の破壊力示したトランプ」★「ブッシュの単独行動主義(ユニラテラリズム)をまねて再び墓穴をほるトランプ暴走、覇権国米国の没落、ならず者国家へ転落中」!?『アメリカよ、商機よりも「正気」に戻れ』★「トランプはトラブル続きで、スランプ入りするのが近い!」

 世界、日本メルトダウン(1012)- 「地球規模の破壊力示したトランプ」★ 「 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1073)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉③』★『 北朝鮮より大きな危機が、5年以内に日本を襲う可能性』●『ミサイル発射の北朝鮮に圧力だけではダメだ 時間をかけて交渉、環境づくりに努めるべき』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『トランプは日韓で多数が死ぬと知りつつ北朝鮮に「予防攻撃」を考える』★『コラム:米朝開戦時の円相場シナリオ=佐々木融氏』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1073 …

888
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(1)』 「フィラデルフィアぶらぶら散歩(5/9-5/13)

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(1)』 「フィラデルフィアぶらぶら散歩(5/ …

no image
「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟」③「協約は純然たる攻守同盟」-と加藤高明〔明治35年2月12日 時事新報〕★『常に『光栄ある孤立』を誇っていた大英帝国が、国を開きてわずかに四十年、欧米人の眼よりすれば小弱国、半開化の日本と一蓮托生の協約(日英同盟)を結んだことは、日清戦争、三国干渉、北清事変を通して日本の真価を認めたため』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟」③ …

no image
熊本・天草の「聖地巡礼」に往く①「島原・天草の乱」舞台の富岡城址などを訪れる>江藤則幸のビデオレポート

  <熊本・天草の「聖地巡礼」に往く①ー ー日本最初の異文化衝突の地ー …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑵』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、21-35回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録) 『日中韓150年 …

no image
<日本の最先端技術の「見える化」チャンネル>「第1回 ライブ&イベント産業展」(7/9-11)最新ホログラムから恐竜ロボット

  ●<日本の最先端技術の「見える化」チャンネル>   「第1回 ライ …

no image
日本敗戦史(47)『終戦・敗戦で自決した軍人は一体何人いたのかーガラパゴス日本『死に至る病』

 日本敗戦史(47) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕—— < …

no image
『Youtube鎌倉紅葉チャンネル』開始ー『奇跡の森・桃源郷』獅子舞の紅葉を連日中継③賞味期限はあと1週間。

『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』開始>   『鎌倉の極楽スポッ …

no image
日本メルトダウン(926)『資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」』●『仲裁裁判所の裁定に反撃する中国の「情報戦」の中身 本格的灯台の設置で人工島の軍事基地化に拍車』●『沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点』●『「自動運転バブル」はこのまま崩壊の道を歩むのか?』●『 土俵はできた~今こそ真正面から客観的な憲法論議を 中国、韓国、護憲派の懸念はお門違い(筆坂秀世)など8本』

   日本メルトダウン(926) 資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」 ht …