前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

130年に1度の三浦半島2大霊場大開張奉修(4/29) ー『浄楽寺』(横須賀市芦名)の運慶作の国宝『阿弥陀仏三尊』に感動す。(動画2本あり)』●『5月28日まで公開中、お宝拝観にでかけよう』

      2017/05/01

130年に1度の三浦半島2大霊場大開張奉修(4/29)

ー浄楽寺の運慶作の国宝『阿弥陀仏三尊』に感動す。

4月29日、横須賀市芦名の『浄楽寺」の運慶作の仏像を拝観に出かけた。運慶の雄渾な作品群は写真集や雑誌でみて、その力づよく

精妙な彫刻力に魅了された。運慶の本物を見たいとかねがね思っていたが、我が家から車で20分ほどの葉山の先の横須賀市芦屋の『常楽寺」で公開されていると聞いて、すっとんで見に行った。『浄楽寺』の質素な仏殿のうらに、コンクリート製の頑丈な保存庫が建てられており、この中に安置されている。

胸の高鳴りを抑えながら、中に入り御対面する。正面の金泥塗り本尊の阿弥陀像はどっしりと大きく、全身から迫力が伝わってくる。両眼をしっかりと見開き、透徹した円満な視線が心にしみる。豊かな張りのある頻、分厚い胸板で立体する『阿弥陀像」は光り輝き拝観者をジワリと感動で包んでくる。しばし、見とれて、時間を忘れる。運慶入魂の傑作であることを体感する。

並んでいる怒髪天を衝く「不動明王像」、毘沙門天像の円満ポーズのデザイン力、繊細緻密な彫刻力は、見るものを圧倒しながら、心を和ませてくれる。約800年前の木彫刻の今に伝わるその奔放な生命力に感動した。会期は28日までで、毎日午前8時から公開しているとのこと、何度でも足を運び、運慶仏像の躍動する生命力で、わが衰えた心のバッテリーを充電させるつもりである。

<ただし、国宝の拝観は撮影禁止のため、この動画内での運慶の仏像は同保存庫で販売中の絵葉書を撮影したことをお断りしておきます。>
平安時代末期、鎌倉時代初期に活動した我が国の最高峰をうたわれた仏師である。数々の国宝・重要文化財級の仏像の作者として有名で「東洋のミケランジェロ」とよばれる。
運慶の作と称されている仏像は日本各地にきわめて多い(特に仁王像に多い)。文治2年(1186年)以降、]鎌倉幕府関係の仕事にたずさわり。北条時政発願の静岡県伊豆の国市・願成就院の阿弥陀如来像、不動明王及び二童子像、毘沙門天像や和田義盛発願の神奈川県横須賀市・浄楽寺の阿弥陀三尊像、不動明王像、毘沙門天像を造っている。
神奈川・浄楽寺に安置されている仏像はーーー。

 

 浄楽寺の国指定の重要文化財となっている諸仏像は文治5年(1189)に和田義盛の発願によって運慶(小仏師十人)によって造られた仏像で、運慶が30代の頃のものと推定されている。関東の仏像としては屈指の名品とされている。

 

■阿弥陀三尊像(木造寄木造り、金泥塗り)本尊の阿弥陀像はきびしい眼をしっかりと開き、張りのある頻、厚い胸と量感豊かである。観音、勢至の両脇侍には動きがみられる。台座などは江戸時代に補修されたもの。三尊ともに主にヒノキ材で造られている。三尊は極楽浄土の仏とされる。

■不動明王像(木造寄木造り、玉眼、古色塗り)

仏道を守る不動明王は力強さに富み盆窓の顔で、水晶の眼が凄味を増す。像内には運慶作を決定づける銘札が入っていた。

■毘沙門天像(木造寄木造り、玉眼、古色塗り)

 邪鬼を踏んだポーズは躍動感があり、引き締まった顔はたくましい。北方の守護神、福徳の神ともされる。不動と同種の銘札が像内に入っていた。

1950(昭和25)年の文化財保護法の制定により、国指定重要文化財になった。
 現在は本堂裏の収蔵庫に安置されている。

 毎年 3月3日、10月19日がご開帳の日ですが、事前に申し込めば平日でも拝観できます。(電話番号:046-856-8622

 

 - 人物研究, 健康長寿, 最先端技術『見える化』動画, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー必読史(745)★『 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』②日清戦争後のロシアの三国干渉と遼東半島の武力、 占領支配が日露戦争の原因なのである。

   日本リーダーパワー必読史(745) 対ロシア外交は完敗の歴史、そ …

no image
日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ
no image
『鎌倉通≪800年前の鎌倉時代の雰囲気をとどめる妙法寺の「苔の石段」の紅葉と落葉のピークは年末まで、急げ(12/22)≫

   『鎌倉通―鎌倉錦秋チャンネル』   ≪★10 …

no image
昭和外交史② 日本で最も長い日 1945 年8 月15日の攻防②

1 昭和外交史② 日本で最も長い日 1945 年8 月15日の攻防② ―<大日本 …

no image
日本リーダーパワー史(789)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑥』★『この戸水寛人の日露戦争1年前に出版した『東亞旅行談』●『支那ハ困ッタ国デス 何処マデモ 亡國ノ兆ヲ帶ビテ居マス』★『もし日本の政治家が私の議論を用いず、兵力を用いることを止めて、ただ言論を以てロシアと争うつもりならば失敗に終る』

日本リーダーパワー史(789) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利 …

no image
日本リーダーパワー史(873)―『慰安婦問題をめぐる日韓合意をひっくり返した韓国政府の二重外交の歴史復習問題⑶』★『伊藤統監は「今次のハーグ密使事件は保護条約の違反であり、日本に 対する敵対行為である』★『「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など の「日韓併合への道』の報道連載(21回→27回終)』

 日本リーダーパワー史(873)―   「 英タイ …

no image
日本リーダーパワー史(343) 『最強のリーダーシップー西郷隆盛の国難突破力』 『情においては女みたいな人』(大久保利通の西郷評)

日本リーダーパワー史(343)  ● 『最強のリーダーシップ …

no image
日本リーダーパワー史(611)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界を視察した末広鉄腸の『インテリジェンス』②<西洋への開化主義、『鹿鳴館」の猿まね外交で、同文同種の中国 を排斥し、日中外交に障害を及ぼすのは外交戦略の失敗である>

 日本リーダーパワー史(611) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥ 『188 …

By: Kārlis Dambrāns
「第1回 ウェアラブルEXPO(装着型デバイス 技術展)」ー1/14(~16)から世界最大級、東京ビックサイトで開催

  「第1回 ウェアラブルEXPO(装着型デバイス 技術展)」が1月14日から東 …

no image
『地球環境大異変の時代へ②』ー「ホットハウス・アース」(温室と化した地球)★『海面がそびえ立つほど上昇する地球の気温の上昇がギリギリの臨界点(地球上の森林、海、地面が吸収するCO2吸収のフィードバックプロセス)を超えてしまうまで、あとわずかしかない』

  「ホットハウス・アース」の未来   世界の気候科学者は現 …