前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(76)日本長寿学の先駆者・本邦医学中興の祖・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓を実践せよ

      2019/06/16

 百歳学入門(76

日本長寿学の先駆者・曲直瀬道三(86歳)の長寿養生俳句5訓

 

  食はただ よくやわらぎて あたたかに たらわぬ程はくすりにもます

  酒とても 酔わぬ程にて 愁いさり 心をのべたし 気にかようなり

  気をおしみ 口と淫事とつつしまば 老彭(ろうほう)ひとしその年のかず

  のむ薬たのみをかけて何事も つつしまざるはそのかいもなし

   謹みを 耳に聞きいれ心に得て おこなわぬ人はかいなし

 

前坂 俊之

(ジャーナリスト)

 

 

 ●「養生の基本を実践して長命を得た
本邦医学中興の祖・曲直瀬道三(
86歳)

 

日本近代医学の祖、漢方や古来の内外医書を研究して医学書『啓廸集(けいてきしゅう)』8巻を集成した曲直瀬 道三(まなせ どうさん、永正4918日(15071023日)文禄314日(1594223,86歳))は、戦国時代の医者で驚異の長生きである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B2%E7%9B%B4%E7%80%AC%E9%81%93%E4%B8%89

 

今から500年前の86歳というと、現在のセンテナリアン(100歳人)以上の長寿だが、それは自ら実践した「養生法」の結果であろう。その意味では貝原益軒の「養生訓」の先駆者ともいえよう。

今の日本の浮付いた健康食ブーム、飽食、美食、サプリメント、アンチエジイング、老後の安全、安心の人頼み、医者頼み、介護頼み、西洋医学の翻訳頼み、ヒーリングとか、カイロプラクティックいう横文字をなんでも使う前に、日本にはもつと歴史的な古来からの健康法、養生法、精神修行、禅、茶道、香道とかを研究する必要がある。

道三はそれまでの観念的な医療方法を改め、中国金・元代の李・朱医学に根差した医道を大成し、現代風の自由で実証的な臨床医学の端緒を開いた。今では、医師が患者を診察する際、望診(患者の顔色を分析する)、聞診(患者から具合を聞く)、問診(患者に症状をただす)、切診(脈を測ったり聴診器を当てて症候を診る)を行うのは当たり前だが、500年前にとこれと同じ方法の四知(神・幸・功・巧)を行った。

 

また、療法のかたわら医術の教導に努め、養生書を普及させると同時に、病にかからないための注意、かかっても大事に至らせないための心得などを教えた点が特筆される。いまでいう予防医学であり、生活習慣病の克服である。こうした養生訓の著述を晩年にたくさん書いており、いずれも自己の体験、養生法、長寿法の実践から裏打ちされている、日本人の健康長寿の古典的な実践といえるし、貝原益軒よりも先駆的な業績であろう。

 

曲直瀬の「長寿・健康法」は次のような三ヵ条の戒めを説いている。

 

    気を尽くし、心を苦しめること。

    珍しい物の美食や、連続の飽満と夜食。

    性交を欲しいままにして腎の精を尽くし、体力を消耗すること。

 

ストレスが健康には大敵、無分別に食事や偏食による栄養のアンバランスや消化不良をおこす。過剰なセックスのいましめである。

 

 自作の「養生俳句」を実践していたという。

 

    食はただ よくやわらぎて あたたかに たらわぬ程はくすりにもます

    酒とても 酔わぬ程にて 愁いさり 心をのべたし 気にかようなり

    気をおしみ 口と淫事とつつしまば 老彭(ろうほう)ひとしその年のかず

    のむ薬たのみをかけて何事もっっしまざるはそのかいもなし

    謹みを 耳に聞きいれ心に得て おこなわぬ人はかいなし

 

 

    は消化しやすい食べ物をほどほどにとること、

    酒の適量を守ること、

    臼気力を保って飲食と性交を控える。そうすれ伝説上の長寿者・老彭(ろうほう)のように長生きできる。

    と薬効を信じて諸事を慎むこと

    いかなる養生知識も実践しなければ意味がない

の意味である。自らの養生法を実践して、長寿を達成したこれが、弾けるというか、生活の日々の暮らし方であったのである。

 

<宮本義己著『戦国武将の健康法』(新人物往来社、1982)や『史伝健康長寿の知恵』を参考にしました>

            

 - 人物研究, 健康長寿 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

saigou
日本リーダーパワー史(557)日本近代史上最大の英雄・西郷隆盛―死後も「西郷伝説」でよみがえる。

  日本リーダーパワー史(557)  日本近代史上最大の英雄・西郷隆盛 …

no image
日本リーダーパワー史 ⑨若き日の昭和天皇の海外旅行とホームステイ―体験は・・

日本リーダーパワー史 ⑨若き日の昭和天皇の海外旅行とホームステイ―体験は・・   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)『イランの反政府デモはどうなるのか』★『ハメネイ師はローハニ大統領を更迭し再選挙に持ち込み、市民の怒りを抑えられるか?』★『革命軍を動員して流血の惨事となって更に事態が深刻化するか? 目が離せません。』★『見えぬ打開策…武力弾圧踏み切るか!』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)』 …

no image
日本リーダーパワー史(733) 記事再録『 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言』★『どんな発明発見も他人より一秒遅れれば、もう発明、発見でもなくなる。時間こそすべての生命である』●『頭を使わないと常識的になってしまう、頭を使って〝不常識″に考えろ』

日本リーダーパワー史(733) 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言 ( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(40)記事再録/『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂の警告)』★『日本政治の老害を打破し、青年政治家よ立て』★『 新しい時代には新人が権力を握るものである。明治初年は日本新時代で青壮年が非常に活躍した。 当時、参議や各省長官は三十代で、西郷隆盛や大久保利通でも四十歳前後、六十代の者がなかった。 青年の意気は天を衝くばかり。四十を過ぎた先輩は何事にも遠慮がちであった』

    2012/03/16 &nbsp …

no image
『 京都古寺巡礼のぶらり旅』/ 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です①』

ホー    2016/09/05  記事 …

no image
日本リーダーパワー史(486)「海軍の父」・山本権兵衛の究極のリーダーシップ決定本―『偉人権兵衛」村上貞一著、1933年刊を読む

 日本リーダーパワー史(486)   「坂の上の雲」「海軍の …

無題
ジョーク日本史・禅語は落語以上におもしろいー『仙厓(せんがい)はジョークの達人だよ」

  ★(好評につき再録)ジョーク日本史・禅語は落語以上に おもしろいー ー仙厓( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(33)記事再録/尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究 (資料)『琉球処分にみる<日中誤解>(パーセプション・ギャップ)<歴史認識>の衝突④『 『琉球朝貢考』<香港3月6日華字日報より>』

  尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究 (資料)『琉球処分にみる<日中 …

no image
日本リーダーパワー史(274)EUの生みの親・クーデンホーフ・カレルギーの日本記「美の国」―日本人は世界で最も勇敢な民族②

日本リーダーパワー史(274)   『ユーロ危機を考える日本の視点』② …