前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『世界が尊敬したスーパー日本人』ー『世界議会史上最長のギネス政治家(議員生活六十三年)の尾崎行雄(咢堂)

   

『世界が尊敬したスーパー日本人』

世界議会史上最長のギネス政治家〔議員生活六十三年〕の尾崎行雄(咢堂)

連載28回『歴史読本』(2007年10月号)

今年(2007年)は参議院発足から六十年。グローバリゼーションに翻弄される日本で、今最も必要とされるのは、国際的に通用する真の政治家である。第一回衆院選挙から六十三年間議席を持ち続けた、世界議会史上最長のギネス政治家・尾崎行雄が再び脚光を浴びている。

尾崎行雄(尾崎咢堂)は一八五八年(安政五)、相模国津久井県(現・神奈川県相模原市)に生まれた。新聞記者、東京府会議員のあと、一八九〇年(明治二十三)七月のわが国初の総選挙で当選。以来、連続当選は二十五回、昭和二十八年まで六十三年間にわたって議員生活をおくり、日本の「議会政治の父」「憲政の神様」と謳われている。

尾崎は自由主義者で、立憲政治を打ち立てることに情熱を注ぎ、明治、大正、昭和の三代にわたって政党政治の敵であった藩閥政治や官僚政治、軍閥政治と体を張って戦った。犬養毅(つよし)と並ぶ議会を代表する雄弁家として鳴らしたが、尾崎の演説は筋道が通っていてわかりやすかった、とわれる。

1906年(明治三十九)には、尾崎三良(さぶろう)とイギリス女性との間に生まれたテオドラ夫人と再婚した。英国や米国での海外生活、外遊経験が長く、こうした国際的な視野の中でその政治思想は形成された。

尾崎が華々しく活躍したのは、大正期のいわゆる大正護憲運動で、「彼らは口を開けば忠君愛国をとなえるが、常に玉座の陰にかくれて政敵を狙撃する」と火を吐くような内閣弾劾演説を行い、藩閥政治の象徴だった桂太郎内閣を総辞職に追い込んだ。以後、犬養と並んで「憲政の二柱」と讃えられた。

〔桜に託した日米友好〕

「日米をかける友好の桜」として、米国ワシントンのポトマック河畔に桜を贈った。衆院議員と兼務した東京市長時代の明治四十五年に、タフト米国務長官夫人から「桜の木を贈ってほしい」と要望があった。日露戦争での米国の多大な援助に対する感謝の気持ちもこめて、尾崎は三千本の桜を贈った。これがりっぱに成長し、今では日米友好のシンボルとなった。

尾崎は「政は正なり」という言葉を愛し、一貫して良心と道理と正義にのっとって政治を行ってきた。政治生活も、ただ長ければよいというものではない。問題は何を行ったかで、尾崎は二つの「ふせん」「普選」(普通選挙運動)と「不戦」(軍縮・平和)にその政治生命をかけた。

大正期では「普選」運動の先頭に立ち、これを実現。昭和に入って軍部ファシズムが高まってくると、軍縮を叫び、軍国主義に反対、武力を排する平和主義、国際主義を主張した。

齢(よわい)七十歳を超えても、尾崎の気力は一向に衰えをみせず、軍部をきびしく批判し続けた。昭和7年の五・一五事件で僚友の犬養がテロに倒れた後は、ただ一人体を張って、軍部ファシズムに抵抗したといってよい。

〔復活した「憲政の神様」〕

一九四二年(昭和十七)四月、東条首相の翼賛選挙を激しく批判し、その中止を求めた公開質問状を送った。友人の応援演説で「売り家と唐様(からよう)で書く三代目」という川柳を引用したことが、天皇に対する不敬罪に当たるとして起訴され、八十四歳で巣鴨刑務所に拘置された。

45年(昭和二十)八月、予言通りの敗戦、そして亡国。尾崎は八十六歳だったが、戦後は一躍「憲政の神様」「護憲の神様」として復活して、マスコミから一大脚光を浴びた。終戦後初の議会では、第二次世界大戦の教訓を生かして「世界連邦論」をいち早く唱え、新憲法に盛り込まれた民主主義のルールには、尾崎の長年にわたる主張が取り入れられた。

1950年(昭和二十五)五月、講和条約締結に向けて米世論の支持をもとめるグルー、キャッスルら新旧の米駐日大使らが集まった「日本問題審議会」から招待され、九十一歳の尾崎は渡米し四十日にわたって米国に滞在し、各地で大歓迎を受けた。ニューヨークではグルーや湯川秀樹ら約二百五十人が集まり、大歓迎会が開かれ、ここでも世界連邦論をぶって『ニューヨークタイムス』『ニューズウィーク』などのマスコミは尾崎を「日本の良心」と費えた。

昭和二十八年四月の総選挙では落選し、ついに九十四歳で議員生活にピリオドをうった。そして翌年十月、九十五歳で亡くなったが、世界から最も評価された政治家であった。

近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(82)尾崎行雄の遺言「日本はなぜ敗れたかーその原因は封建思想の奴隷根性」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33677.html

 

近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(87)-『憲政の神様/尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』<1946年(昭和21)8月24日の尾崎愕堂の新憲法、民主主義についてのすばらしいスピーチ>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33650.html

 

近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(498)-『 2018年は明治維新から約150年、大東亜戦争(アジア太平洋戦争)から73年目を前に― <日中韓の対立激化を戦争へ発展させるな!>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33629.html
 
近現代史の復習問題/記事再録日本リーダーパワー史(236)ー<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る。 日本一の政治史講義を聞く①>「150年前の明治中期の社会、国民感情は、支那(中国)崇拝時代で元号を設定し、学問といえば、四書五経を読み書きし、難解な漢文を用い、政治家の模範の多くはこれを中国人に求めた」
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33620.html

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(114)日本はなぜ無謀な太平洋戦争をしたのか、500年世界戦争史の中で考える>①

      終戦70年・日本敗戦史(114)  <世田谷市民大学201 …

mq1
★湘南海山ぶらブラ動画散歩』/『シーカヤックでオーシャンブルーの鎌倉海でさかなクンとカモメと遊んで昼寝をすれば、すっかりいやされるよ』★『秋の鎌倉海で波と風と青空と太陽とさかなクンと一緒に遊びましょうね』

2019/11/01  記事再録 オーシャンブルーの鎌倉海で …

no image
  日本リーダーパワー史(774)『金正男暗殺事件を追う』―『金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 』●『金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が発表』★『金正男暗殺に中国激怒、政府系メディアに「統一容認」論』●『  金正恩は金正男暗殺事件の波紋に驚いた? 「国際的注目を浴びるはずない」と考えた可能性も』

  日本リーダーパワー史(774)『金正男暗殺事件を追う』   金正男 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(62)』(世界の至宝、日本の国宝 奈良の薬師寺三尊像を仰ぎ見る)③

   "World Camera Watch of …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(96)記事再録/『日本国難史に見る『戦略思考の欠落』(30) 『川上参謀総長のインテリジェンスと人事抜擢の要諦』日露戦争前、田中義一(後に首相)をロシアに派遣,徹底調査を命じた(1)

     2016/01/14日本リーダ …

no image
日本リーダーパワー史(316)「全政治家、リーダーの必読の(国家戦略論)を読む」ー百年先を見通した石橋湛山の警世の大評論

·     &n …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史③』150回連載の31回~40回まで』●『『アジア・太平洋戦争全面敗北に至る終戦時の決定力、決断力ゼロは「最高戦争指導会議」「大本営」の機能不全、無責任体制にあるー現在も「この統治システム不全は引き続いている』★『『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)が語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史③ 』1 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(699)日中韓150年史の真実(5) 福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したか④<英国ノルマントン号事件ー徳富蘇峰のいう『死に至る日本病』の『外国恐怖症』『恐露病』『恐英病』『恐清病』の真相>

日本リーダーパワー史(699)   日中韓150年史の真実(5) 「ア …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集⑪『不利は有利に通ず』(岡田卓也)『いいことも、悪いことも忘れて没入せよ』(川上哲治)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集⑪       前坂 俊之選 &n …

no image
日本の「フィランソロピ―」の先駆者だった『新聞界の巨人』毎日新聞の中興の祖・本山彦一

  経済週刊誌『エコノミスト』を創った新聞界の巨人   <日 …