前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『世界が尊敬したスーパー日本人』ー『世界議会史上最長のギネス政治家(議員生活六十三年)の尾崎行雄(咢堂)

   

『世界が尊敬したスーパー日本人』

世界議会史上最長のギネス政治家〔議員生活六十三年〕の尾崎行雄(咢堂)

連載28回『歴史読本』(2007年10月号)

今年(2007年)は参議院発足から六十年。グローバリゼーションに翻弄される日本で、今最も必要とされるのは、国際的に通用する真の政治家である。第一回衆院選挙から六十三年間議席を持ち続けた、世界議会史上最長のギネス政治家・尾崎行雄が再び脚光を浴びている。

尾崎行雄(尾崎咢堂)は一八五八年(安政五)、相模国津久井県(現・神奈川県相模原市)に生まれた。新聞記者、東京府会議員のあと、一八九〇年(明治二十三)七月のわが国初の総選挙で当選。以来、連続当選は二十五回、昭和二十八年まで六十三年間にわたって議員生活をおくり、日本の「議会政治の父」「憲政の神様」と謳われている。

尾崎は自由主義者で、立憲政治を打ち立てることに情熱を注ぎ、明治、大正、昭和の三代にわたって政党政治の敵であった藩閥政治や官僚政治、軍閥政治と体を張って戦った。犬養毅(つよし)と並ぶ議会を代表する雄弁家として鳴らしたが、尾崎の演説は筋道が通っていてわかりやすかった、とわれる。

1906年(明治三十九)には、尾崎三良(さぶろう)とイギリス女性との間に生まれたテオドラ夫人と再婚した。英国や米国での海外生活、外遊経験が長く、こうした国際的な視野の中でその政治思想は形成された。

尾崎が華々しく活躍したのは、大正期のいわゆる大正護憲運動で、「彼らは口を開けば忠君愛国をとなえるが、常に玉座の陰にかくれて政敵を狙撃する」と火を吐くような内閣弾劾演説を行い、藩閥政治の象徴だった桂太郎内閣を総辞職に追い込んだ。以後、犬養と並んで「憲政の二柱」と讃えられた。

〔桜に託した日米友好〕

「日米をかける友好の桜」として、米国ワシントンのポトマック河畔に桜を贈った。衆院議員と兼務した東京市長時代の明治四十五年に、タフト米国務長官夫人から「桜の木を贈ってほしい」と要望があった。日露戦争での米国の多大な援助に対する感謝の気持ちもこめて、尾崎は三千本の桜を贈った。これがりっぱに成長し、今では日米友好のシンボルとなった。

尾崎は「政は正なり」という言葉を愛し、一貫して良心と道理と正義にのっとって政治を行ってきた。政治生活も、ただ長ければよいというものではない。問題は何を行ったかで、尾崎は二つの「ふせん」「普選」(普通選挙運動)と「不戦」(軍縮・平和)にその政治生命をかけた。

大正期では「普選」運動の先頭に立ち、これを実現。昭和に入って軍部ファシズムが高まってくると、軍縮を叫び、軍国主義に反対、武力を排する平和主義、国際主義を主張した。

齢(よわい)七十歳を超えても、尾崎の気力は一向に衰えをみせず、軍部をきびしく批判し続けた。昭和7年の五・一五事件で僚友の犬養がテロに倒れた後は、ただ一人体を張って、軍部ファシズムに抵抗したといってよい。

〔復活した「憲政の神様」〕

一九四二年(昭和十七)四月、東条首相の翼賛選挙を激しく批判し、その中止を求めた公開質問状を送った。友人の応援演説で「売り家と唐様(からよう)で書く三代目」という川柳を引用したことが、天皇に対する不敬罪に当たるとして起訴され、八十四歳で巣鴨刑務所に拘置された。

45年(昭和二十)八月、予言通りの敗戦、そして亡国。尾崎は八十六歳だったが、戦後は一躍「憲政の神様」「護憲の神様」として復活して、マスコミから一大脚光を浴びた。終戦後初の議会では、第二次世界大戦の教訓を生かして「世界連邦論」をいち早く唱え、新憲法に盛り込まれた民主主義のルールには、尾崎の長年にわたる主張が取り入れられた。

1950年(昭和二十五)五月、講和条約締結に向けて米世論の支持をもとめるグルー、キャッスルら新旧の米駐日大使らが集まった「日本問題審議会」から招待され、九十一歳の尾崎は渡米し四十日にわたって米国に滞在し、各地で大歓迎を受けた。ニューヨークではグルーや湯川秀樹ら約二百五十人が集まり、大歓迎会が開かれ、ここでも世界連邦論をぶって『ニューヨークタイムス』『ニューズウィーク』などのマスコミは尾崎を「日本の良心」と費えた。

昭和二十八年四月の総選挙では落選し、ついに九十四歳で議員生活にピリオドをうった。そして翌年十月、九十五歳で亡くなったが、世界から最も評価された政治家であった。

近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(82)尾崎行雄の遺言「日本はなぜ敗れたかーその原因は封建思想の奴隷根性」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33677.html

 

近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(87)-『憲政の神様/尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』<1946年(昭和21)8月24日の尾崎愕堂の新憲法、民主主義についてのすばらしいスピーチ>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33650.html

 

近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(498)-『 2018年は明治維新から約150年、大東亜戦争(アジア太平洋戦争)から73年目を前に― <日中韓の対立激化を戦争へ発展させるな!>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33629.html
 
近現代史の復習問題/記事再録日本リーダーパワー史(236)ー<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る。 日本一の政治史講義を聞く①>「150年前の明治中期の社会、国民感情は、支那(中国)崇拝時代で元号を設定し、学問といえば、四書五経を読み書きし、難解な漢文を用い、政治家の模範の多くはこれを中国人に求めた」
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33620.html

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(728)「アングル:安保法制で転換迎える日本、「普通の国」なお遠く」●「海外からの「短期移民」が少子高齢化ニッポンを救う」

日本メルトダウン脱出法(728) [アングル:安保法制で転換迎える日本、「普通の …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑦「仏ル・タン」<明治40年7月21日付> 論評「韓国皇帝の退位」

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道』 …

no image
日本リーダーパワー史(136) 帝国ホテル・犬丸徹三が関東大震災で示した決断と行動力に見習え

 日本リーダーパワー史(136) 帝国ホテル・犬丸徹三・関東大震災で示した決断と …

no image
高杉晋吾レポート⑲ルポ ダム難民③超集中豪雨時代のダム災害③森林保水、河川整備、避難,住民の力こそ洪水防止力

高杉晋吾レポート⑲   ルポ ダム難民③ 超集中豪雨の時代のダム災害③ …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか』③『歴代米大統領がこれまで米朝戦争に手を出さなかった理由』★『「選択肢は予防戦争しかない」―米外交誌「ナショナル・インタレスト」の衝撃レポート』★『ジョセフ・ナイ教授は「キンドルバーガーの罠」について警告』

『2018年、米朝戦争はあるのか』③ 『アメリカ国内の米朝戦争への危機感は日本よ …

no image
日本リーダーパワー史(402)●『原発廃炉国難に当たり<原発ゼロ>にリーダーパワーを発揮できるのは小泉元首相しかない

    日本リーダーパワー史(402) …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘ 『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― 日本は<第2の経済敗戦>の瀬戸際にある!②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘     『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― …

no image
速報(420)日本のメルトダウン●『「あれだけやっても傍流だった」元ドコモ夏野氏』●『安倍首相、近隣諸国の神経を逆なで』

 速報(420)日本のメルトダウン   ●『「あれだけやって …

no image
日本リーダーパワー史(852)-「安倍自民党対小池希望の党」 の戦(いくさ)が始まる。』●「安定は不安定であり、不安定は安定である」★『恐るべし!小池・前原の策略に<策士、策に溺れた安倍自民党>』

 日本リーダーパワー史(852)-   トランプ対金正恩の『世界スリラー劇場』は …

no image
日本リーダーパワー史(445)「2013年日中韓北・東アジア激震の1年」を国際ジャーナリスト・前田康博氏が徹底分析(130分)(12/19)

 日本リーダーパワー史(445) 「東アジア情勢まとめ解説」 &nbs …