前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(16)『日本のメルトダウン』を食い止める!政府「放射性物質数ヵ月後に止めるのが目標」

   

速報(16)『日本のメルトダウン』を食い止める!
放射性物質数ヵ月後に止めるのが目標ー。
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
4日3日午後1時までの状況―

  
●「放射性物質止まる時期「数カ月後が目標」 細野補佐官」

朝日2011年4月3日10時36分
http://www.asahi.com/politics/update/0403/TKY201104030041.html

「相次ぐヨウ素やプルトニウム検出―我々の生活はどのぐらい危険か」
「ウオール ストリートジャーナル」(2011/4/1 16:17)
http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/04/01/%e7%9b%b8%e6%ac%a1%e3%81%90%e3%83%a8%e3%82%a6%e7%b4%a0%e3%82%84%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%8b%e3%82%a6%e3%83%a0%e6%a4%9c%e5%87%ba%e2%80%95%e6%88%91%e3%80%85%e3%81%ae%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%81%af/?mod=rss_WSJBlog&mod2=JRTCoBrand/?tid=tohoku

「プルトニウムを体内に取り込むには口から摂取したとしても、吸収力は極めて小さく、0.001から0.1パーセント程度。プルトニウムが大気を伝って、周辺地域に拡散するのではないかという懸念も聞かれが、プルトニウムの比重は水の19.8倍だ。鉄は水の約7.8倍。鉛が11.3倍ということを考えると、原子炉が大爆発を起こすようなことでもない限り、空気中を伝って拡散される心配はほとんどないと山﨑さんは解説する。

●「制御棒挿入用の「ふた」が損傷? 汚染水漏出の原因米専門家が指摘」
J-CASTニュース 2011/3/31 13:34
http://www.j-cast.com/2011/03/31091778.html

 ●「海へ流す」とどうなるか 原発汚染水処理と国際世論」
J-CASTニュース 3月31日(木)19時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000005-jct-soci

(時事2011/04/02-23:30)

「高濃度汚染水、海に流出確認=ひび割れ発見、地下トンネル通じ〔福島原発〕
東京電力は2日、福島第1原発2号機の取水口付近にある「ピット」と呼ばれるコンクリート製立て坑でひび割れが見つかり、内部にたまった高濃度の放射性物質を含む水が海に流出しているのを確認したと発表した。ピット近くの海水から、法が定める海水の濃度限度の1千万倍に当たる放射性ヨウ素131を検出した。3月30日には同原発の放水口周辺の海水から4385倍のヨウ素131が検出されているが、これはピット近くの極めて高濃度の海水が沖で希釈されたものだという可能性がある。
 

「ウオール ストリートジャーナル」(2011年 4月 2日  13:35 JST)
http://jp.wsj.com/Japan/node_215139?mod=LatestAdBlock
「福島第1原発、一部炉心は損傷=米エネルギー長官」
、長官の発言は1号機の燃料棒が70%も損傷しており、2号機の燃料棒は3分の1が損傷しているとの情報に言及した。2号機については「炉心の70%が損傷して最も深刻なメルトダウン状態」に。一方で、長官は使用済み燃料棒については、温度測定や計算などから一時貯蔵プールには水があることが示されており、1~4号機まで「制御されているようだ」と述べた。「望まれるのは、安定した状態に達することだ。炉心の腐食物はエネルギーを放出するが、そのエネルギーを除去することが必要だ。最初の1週間は最も重要な時期だ。それが過ぎた現在は、緩やかな段階に入りつつある」と述べた。
 
●『朝日社説の評価』
 
(業界専門家の評価)=この記事を書いた記者は、原子力産業のオペレーター、エンジニアリング、コンサル、ゼネコン、プラントメーカー、設備業者、材料メーカー等、業界マップを整理するなど日頃の勉強が不足していると思います。欧米の記者のレベルに追い付けていません。米仏の特長は異なり、最新の放射能技術はフランスの方が上です。原発問題の複雑性の認識、戦慄が記者当人に不足していると感じる、とのコメント)。
 
 
●「秀逸な記事―ニューヨークタイムズ」
 (業界専門家の評価)日本の原子力プラントの安全は、米欧で主流の確率論的手法でなく、直近の実績に基づいた決定論的手法で、前近代的、防潮堤の高さもコストミニマム優先の非科学的遣り方と断罪しています。
 エネルギー供給拡大策優先、経産省と東電、御用学者の癒着が浮き彫りで、只 神のみ天上でこれを嘲笑っていたのでしょう。大震災の「日本人」への根源的な影響はこれからで
す。これ程痛めつけられて未だ、「喉元過ぎれば熱さ 云々」で終わるのであれば、 もう日本も終わりです。



「ウオール ストリートジャーナル」(
2011年 4月 1日  15:30 JST )
日本の大震災が米企業業績を圧迫』
 
 
●『福島第1原発、お粗末きわまりない防災対策米紙報道
【3月31日 AFP】

 - 現代史研究 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『オンライン現代史講座/1930年代の2・26事件の研究』★『太平洋戦争(1941年)へのターニングポイントになった2・26事件<1936年(昭和11>当時のマスコミの言論萎縮と「世直し明神・阿部定事件』★『 二・二六事件でトドメを刺された新聞』★『愛する男の命を絶っまでに愛を燃焼し尽くした純愛の女として同情を集め、一躍〝サダイズム″なる新語まで生まれた』

 太平洋戦争へのターニングポイントになった2・26事件<1936年(昭 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(95)記事再録/『戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)』★『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

    2018/06/27 の記事再録 書評『記 …

no image
『2018年、米朝戦争はあるのか』⑧ー伊勢崎賢治氏の『米朝開戦の瀬戸際で、32ヵ国の陸軍トップを前に僕が話したことー日本メディアの喧騒から遠く離れて』★『憲法9条を先進的だと思ってる日本人が、根本的に誤解していることー世界が驚く奇想天外な状況』★『知らなければよかった「緩衝国家」日本の悲劇。主権がないなんて…日米地位協定の異常性を明かそう』★『世界的にもこんなの異常だ! 在日米軍だけがもつ「特権」の真実ー沖縄女性遺体遺棄事件から考える』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑧ 2017年9月末、北朝鮮開戦が心配されてい …

no image
速報(24)『日本のメルトダウン』37日目ー『EU,日本からの入港する船舶に放射線量検査を実施へ』

速報(24)『日本のメルトダウン』37日目 ◎『EU、日本から入港する船舶に放射 …

no image
日本メルトダウン( 980)『トランプ米大統領の波紋!?』★『トランプ氏、日本などの核兵器保有容認発言「言ったことない」』●『世界一の気前よさ米軍駐留経費負担――他の米同盟国26カ国分より多い』●『トランプとスティーブ・ジョブズの意外な共通点』★『「FBがトランプ勝利に貢献」、相次ぐ批判にCEOが反論』★『クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫』★『トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか』★『たぶん誕生するトランプ大統領が日本経済を危機に陥れる』★『「トランプ現象」と「橋下徹ブーム」を比較する』★『トランプの勝因は「比喩力」、忘れられない言葉が人を動かす』

    日本メルトダウン( 980) —トランプ米大統領の波紋!? …

images
日本リーダーパワー史(604)『安倍・歴史外交への教訓(10)「世界史の中での日韓関係のパーセプションギャップ⑤」ー「日本の対中国、対朝鮮外交は、ほとんどウソで固められてきたといって過言でない。これを知ったうえで、戦後の外交を再検討、再出発する必要がある。(大宅壮一)

  日本リーダーパワー史(604) 『安倍・歴史外交への教訓(10) 「世界史の …

no image
日本リーダーパワー史(623) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑰『川上操六参謀本部次長がドイツ・モルトケ参謀総長に弟子入り、何を学んだのか③『ドイツ・ビスマルクのスパイ長官』 シュティーベルとの接点。

 日本リーダーパワー史(623)  日本国難史にみる『戦略思 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(201)-記事再録/『世界を魅了した最初の日本女性―世界のプリマドンナ・三浦環―アメリカ、ヨーロッパが熱狂した「蝶々夫人」です』★『 1918年11月、第一次世界大戦の休戦条約の祝賀の凱旋式がニューヨークのマディソン広場で開催、ウィルソン大統領の演説の後に三浦環が歌い、大喝采を浴びた。』★『十五年間の米国滞在中、ウィルソン、ハーディング、クーリツジと三代大統領の前で歌い、ホワイトハウスに何度も招待された』

    2015/11/13日本リーダーパワー史(192) …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑬「朝鮮王子,死の宣告について当地で語る(ニューヨーク・タイムズ」(1907年8月2日付)

   「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をど …

no image
日本メルトダウン脱出法(739)「日中首脳の対立は似た者同士だから? 根っからの反日ではない習近平、日中関係の新常態は築けるか」●「長期展望、日経平均長期上昇シナリオは終わったのか?」

 日本メルトダウン脱出法(739) 日中首脳の対立は似た者同士だから? 根っから …