前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(104)「シュバイツァー博士(90歳)の長寿の秘訣」「世界的チェロ奏者のパブロ・カザルス(96歳)」の「仕事が長寿薬」

   

1212百歳学入門(104)

スーパー老人、天才老人になる方法—

『会社』には定年があって人生に「定年」はない。「生涯現役」で、

自分の好きな仕事に打ち込めば、「臨終定年」になる。

●「シュバイツァー博士(90)の長寿の秘訣」と

●「世界的なチェロ奏者であるパブロ・カザルス(96歳)のケース」

  前坂 俊之(ジャーナリスト)

日本では多くの企業、自治体などの定年は60歳、65歳などとそれぞれに決められている。年金の支給年齢もこれにスライドしており、老人の定義は「65歳―75歳が前期高齢者」75歳からは「後期高齢者」、80歳以上は「末期高齢者?」(この用語が正式に使われているかどうかは確認していない)と呼ばれているらしい。

日本では定年退職後のサラリーマンが「ぬれ落ち葉」と呼ばれている。会社で月給をもらうためだけに好きでもない『仕事』を習慣病的にこなしていただけのほとんどのサラリーマンにとって、会社という母船からロープをきられると、エンジン(生きがい、自発的な動機)のない「個船」は毎日、漂流するだけで、そのうちに老後の荒波に沈没するケースが多い。萎れて老け込んだ「ぬれ落ち葉」はすぐ枯葉となって土中に消えていく運命なのです。

健康大国、ジョギングしアグレッシブな老人の多いアメリカの「シルバーの呼び方は、日本とは違います。

 65~74歳は「ベビーオールド」
75~84歳は「リトルオールド」
85~94歳:「ヤングオールド」
95歳以上「リアルオールド」(ホントの老人)

というわけで、日本の老人観とは大いに違います。

◎「シュバイツァー博士(90)の長寿の秘訣」

「自分がどんな病気にあおうとも、いちばんいい薬は自分のするべき仕事があるという自覚だ」

「私は死ぬつもりはないんだ。仕事ができるうちはね。仕事をしていれば、なにも死ぬ必要はない。

だから、私は長生きをするよ」

[アルベルト・シュバイツァー]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC

以下は(『歳より若くあるために』石川恭三 青春出版社1997 )で紹介されている『いい話』です。

アフリカの地でライ病の患者さんに手厚い看護を施し、貧しい人たちに対しても自分の持てる最大限の力で医療につとめた、シュバイツァー博士です。

彼はまた、セバスチャン・バッハの研究家としても著名で、自身も世界的なオルガン奏者のひとりでした。 そのシュバイツァー博士がこんな言葉を残しています。

「私にはやるべき仕事が常にある」

80歳を越えてなお、医師として患者の診断にあたり、回診にも出かけました。住まいが壊れればみずから大工道具を持って修理もします。当然、世界各国から書類や手紙が舞い込みますから、それにも返事を書きます。時間を見つけてはオルガンの前に座り、バッハを奏でるのです。

まさに朝起きてから深夜ベッドに入るまで、博士にはやるべきことがあったのです。そのやるべきことで埋め尽くされた時間が、「生き甲斐でもあり、健康法でもある」と博士は語っています。

シュバイツァー博士は85歳の時にある雑誌のインタビューで「自分がどんな病気にあおうとも、いちばんいい薬は自分のするべき仕事があるという自覚だ」「私は死ぬつもりはないんだ。仕事ができるうちはね。仕事をしていれば、なにも死ぬ必要はない。だから、私は長生きをするよ」

そして、「やるべきことの自覚とユーモアを調合したものこそ、最高の妙薬なり」と語っている。シュバイツァー博士が亡くなったのは、インタビューから5年後の90歳であった。

◎世界的なチェロ奏者であるパブロ・カザルス(96歳)のケース

シュバイツァー博士にインタビューしたこの雑誌編集者は次には世界的なチェロ奏者で有名なパブロ・カザルス(96歳)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%82%B9

と対談しています。

カザルスさんが90歳のときです。プエルトリコのカザルスさんの自宅を午前8時頃に訪問します。居間で待っていると、夫人と一緒にカザルスさんがよろよろと老人然として現れた。

「彼は関節リユウマテと肺気腫を患っていて、腰は曲がり、人の腕にすがってピアノの前にようやく座った。呼吸もゼーゼと荒く、最初は関節リユウマテのために指が動きません。

ところが、しばらくそうしているうちに、指はすっと伸び、背中はピンと緊張感を帯びて、すばらしい音を紡ぎ出すます。

曲はバッハの平均律グラビアという難しい曲なのですが、口でハミングし、

「バッハが私のここに呼びかけるのだ」と心臓をトントンと叩くほど、熱中し入り込んでいきます。目が眩むようなすばらしい音曲を奏でて関節リユウマテなどはみじんも感じさせない様子にインタビュアーは感動します。

演奏後、カザルスさんは、すっくと立ち上がって、今度は足など少しも引きずらないで、すいすいと食堂に入っていきます。文字どおり、『仕事が彼に生命を吹き込み、「元気の源はやはり目の前にある仕事だ。生き甲斐を持っている人は強い」と書いています。

<以上は(『歳より若くあるために』石川恭三 青春出版社1997 )

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 <笑いはお腹のジョギングだ②仙厓はジョークの達人>

       2009,05、11         前坂 俊之(愚魚) &nbs …

no image
知的巨人たちの百歳学(122)作家・里見弴(94歳)「90歳になっても欲張った方がいいね」文章の極意は「過不及なし」、『〝老醜”の”醜〃を恐れちゃだめ』

知的巨人たちの百歳学(122) 作家・里見弴(さとみ とん)(94歳) 文章の極 …

no image
『百歳学入門(205』ー 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」カゴメの創業者/蟹江一太郎(96)の長寿健康/経営10ヵ条』★『でんでん虫、そろそろ登れ、富士の山」』★『日本一 前後かわらぬ トマトかな」その理念は『正直、感謝、共存共栄、漸進主義』●『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し(家康の遺訓)』★『長寿はトマトを売り歩いた苦労のおかげ』

  百歳学入門(70) 日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」 …

no image
日本メルトダウン(936)『アベノミクス:過剰宣伝と過少評価 (英エコノミスト誌)』●『卒業式スピーチが示す米大学の強さと進取の気性 2016年夏、各界の著名人が卒業生に贈った言葉』●『長期政権にあぐらかく安倍首相、中国の思う壺に 宥和的対応を見抜いて東シナ海で軍事行動活発化』●『震源地は中国とサウジ?秋に災厄が世界経済を見舞う』

  日本メルトダウン(936)   アベノミクス:過剰宣伝と過少評価 …

no image
日本リーダーパワー史(832)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )④ 』★『『武士道とは何かールーズベルト大統領が知り たいー金子のハーバード大での名スピーチ④』★『マカロフ大将の死を悼み、新聞に賞賛される』●『日露戦争は正義のための戦いで日本は滅びても構わぬ』★『◎ル大統領は「日本が勝つが、黄禍論を警戒せよ」と忠告』

2011年12月19日掲載<日本最強の外交官・金子堅太郎④> ―「坂の上の雲の真 …

11111111111
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(195)★『ぶらりグアムの旅』ーラグーンで透明な海水浴。カワハギもどきに足を突かれて悲鳴!。澄明な海水の感触にやみつきになりそうです。

   『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(195)   …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(25)『南シナ海、尖閣諸島での紛争は戦争に発展するのか』★『中国は壊滅的打撃受け、今までの発展が水の泡に 米中開戦のシミュレーション、ランド研究所が公表』●『「中国への対応は日本が決めること」と米専門家 エスカレートする中国の尖閣侵入、米国はどう見ているのか』●『日本の甘い対応に増長する中国、危うし東シナ海 自民党は「一触即発」事案を検証し、法改正につなげ』

  日中北朝鮮150年戦争史(25) 南シナ海、尖閣諸島での紛争は戦争に発展する …

no image
「長寿の秘けつはセンティナリアン(百歳人)に聞け」・ 前坂俊之県立大教授が出版「百歳人」の名言

                                  <静岡新聞  …

images
●(再録)日本リーダーパワー史(369)世界が尊敬した日本人・白洲次郎― ◎『グローバルリテラシー』を持った唯一の日本人 「戦後民主主義の基礎を作った男」

日本リーダーパワー史(369) 世界が尊敬した日本人・白洲次郎― ◎『グローバル …

no image
 日本メルトダウン(1025)『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』ー『l  ウエスチングハウス破産申請か 東芝に問われる保証責任』◎『福島原発事故から6年 「アンダーコントロール」からほど遠い現状、海外メディア伝える』★『3・11とメディア 福島 もう一つの真実』●『原発事故から6年。食品の汚染度は低下するも「食の安全」は本当に取り戻せたか?』◎『国の東芝支援はあり得ない…「ゾンビ企業」を保護する日本に海外メディアが苦言』★『廃炉措置機関の創設で国が責任を持つ体制に変えよ 福島事故6年目、ガバナンスの根本改革にとりかかるときだ』

 日本メルトダウン(1025) 『3・11東日本大震災・福島原発事故から6年』 …