前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(923)<世界サッカー戦国史(11)> -『W杯はフランスが優勝,日本大健闘!、新監督に森保氏…五輪代表監督と兼任』★『グローバルジャパン、「グローバルジャパニーズ」に脱皮できなければ、日本の強い、明るい未来はない』

      2018/07/24

日本リーダーパワー史(923)

<世界サッカー戦国史(11)

監督に森保一氏就任へ 26日決定
https://mainichi.jp/articles/20180721/k00/00m/050/110000c

 

サッカー代表監督に森保氏…五輪代表監督と兼任
https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/4252/

 

7月中のニュースと言えば、世界中ではW杯サッカーロシア大会の熱狂であり、日本では西日本大災害のニュース。そして、26日には日本代表監督に森保一氏に決定すると報じられている。

7月15日のW杯決勝戦ではフランスがクロアチアを4-2でやぶり20年ぶりに優勝した。

3度にわたる延長戦を不屈の精神力で突破してきたクロアチアは初の準優勝で、3位ベルギー、4位イギリスの順。FIFA(国際サッカー連盟)は「史上最高の大会でクオリティーの高い試合が続いた」と評した。

これまで4位以上を独占していた南米勢の姿を消した初めての大会ともなった。

大会最優秀選手(MVP)にはクロアチア代表MFのモドリッチ、

モドリッチ、泣き顔でのW杯MVP。
誰よりもタフな天才に世界が虜にhttp://number.bunshun.jp/articles/-/831362

また、最優秀若手選手にはフランス代表FW19歳のムバッペが選出された。ムバッペは圧倒的なスピートを見せつけ、今大会は4ゴールを記録した。W杯決勝での10代のゴールは、元ブラジル代表FWのペレ氏に続き、史上2人目の偉業となった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%90%E3%83%9A

 

米スポーツサイトの『Bleacher Report』初出場32か国の“最終格付け”を発表、日本代表のランキングは15位。

「日本は世界中のファンにとって“2番目に贔屓”のチームとなった。監督交代など大会前はくもり切っていたムードを払拭し、サムライブルーは衝撃的な快進撃を見せた」と激賞した。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=44026

 

ベスト4カ国の強さの秘密は

➀いずれもアフリカ系移民出身の選手の多い多民族多文化チーム

②世代交代が進んだ若いチーム③いずれも個人技、フィジカル,メンタリティとも強靭

④多くがプレミヤリーグの選手たちで、試合経験豊富―

など日本代表とは大いに異なる。

日本は『一国平和主義』と揶揄されることが多いが、これまでの日本のサッカーは「一国サッカー主義」ともいえる。

今後どこまで躍進できるかのバロメーターは、強豪国の「多様性」(ダイバシティー)、グローバリズムによる個人力、突破力、決定力をどこまで培養できるか。

「ガラパゴスジャパン」から「グローバルジャパン」「グローバルジャパニーズ」に脱皮できなければ、21世紀の日本の強い、明るい未来はない。

 

杉山氏が森保ジャパンに異議。
日本サッカーのガラパゴス化が進む
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2018/07/25/post_53/

 

日本サッカーの未来は明るくない。
悪しき「8年サイクル」から脱出へ
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2018/07/20/post_52/

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

Shigeru_Yoshida_suit
日本リーダーパワー史(685)『吉田首相と新憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない。

日本リーダーパワー史(685) 『吉田首相と新憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由 …

no image
日本リーダーパワー史(700)日中韓150年史の真実(6) 「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したかー<長崎水兵事件(明治19年)ー『恐清病』の真相、 この事件が日清戦争の原因の1つになった>

日本リーダーパワー史(700) 日中韓150年史の真実(6) 「アジア・日本開国 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(259 )/「シュバイツァー博士(90歳)の長寿の秘訣」★「世界的チェロ奏者のパブロ・カザルス(96歳)」の「仕事が長寿薬

    2015/03/08 /百歳学入門(104 …

images
『リーダーシップの日本近現代史』(172)記事再録/『100歳でロッキー山脈を滑った生涯現役スキーヤー・三浦敬三氏(101歳)は三浦雄一郎のお父さん』★『ギネスブックの百歳冒険家の超人親子』

    2015/03/27 /「百歳・ …

ダウンロード
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊽★青木宣純大佐編成の『特別任務班(鉄道破壊工作)の編成』★『出陣式で「諸君の生命はたしかにもらいうけた。今日をもって諸君の命日とする」』

★『明治裏面史』-『日清、日露戦争に勝利 した明治人のリーダーパワー,リスク管理 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(9)日本最強の陸奥外交力③『 国大といえども 戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども 戦を忘れる時は必ず危うし(水野広徳)』③

 日中北朝鮮150年戦争史(9)    日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇 …

no image
日本リーダーパワー史(326)「尖閣問題の歴史基礎知識」② 日中、台湾、沖縄(琉球)の領土紛争の底の【中華思想】と台湾出兵②

  日本リーダーパワー史(326)   よくわかる「尖閣問題 …

no image
日本が初の議長国となった20カ国のG20首脳会議(6/28/29日)の結果はー首脳宣言では2年連続で「保護主義ついての文言」は米国の反対で盛り込めず、代わりに入ったのが『自由』、『公平』、『無差別』、『透明性』、『予測可能』な『安定』した貿易」と、単語を六つ重ねて反保護主義を強くにじませる苦肉の文言。

 G20首脳会議の結果は    日本が初の議長国となった20カ国のG2 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(954)ー米中間選挙(11/6)の結果、上下院議会の“ねじれ現象”はトランプの国内、対外政策にどう響くか、暴走は一層エスカレートするのか(上)

世界/日本リーダーパワー史(954) 米中間選挙後のトランプの暴走はブレーキがか …

no image
<日本風狂伝②昭和文壇の奇人ベストワンは永井荷風だよ>

                   2009,6,10 日本風狂人伝②昭和文壇 …