前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(923)<世界サッカー戦国史(11)> -『W杯はフランスが優勝,日本大健闘!、新監督に森保氏…五輪代表監督と兼任』★『グローバルジャパン、「グローバルジャパニーズ」に脱皮できなければ、日本の強い、明るい未来はない』

      2018/07/24

日本リーダーパワー史(923)

<世界サッカー戦国史(11)

監督に森保一氏就任へ 26日決定
https://mainichi.jp/articles/20180721/k00/00m/050/110000c

 

サッカー代表監督に森保氏…五輪代表監督と兼任
https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/4252/

 

7月中のニュースと言えば、世界中ではW杯サッカーロシア大会の熱狂であり、日本では西日本大災害のニュース。そして、26日には日本代表監督に森保一氏に決定すると報じられている。

7月15日のW杯決勝戦ではフランスがクロアチアを4-2でやぶり20年ぶりに優勝した。

3度にわたる延長戦を不屈の精神力で突破してきたクロアチアは初の準優勝で、3位ベルギー、4位イギリスの順。FIFA(国際サッカー連盟)は「史上最高の大会でクオリティーの高い試合が続いた」と評した。

これまで4位以上を独占していた南米勢の姿を消した初めての大会ともなった。

大会最優秀選手(MVP)にはクロアチア代表MFのモドリッチ、

モドリッチ、泣き顔でのW杯MVP。
誰よりもタフな天才に世界が虜にhttp://number.bunshun.jp/articles/-/831362

また、最優秀若手選手にはフランス代表FW19歳のムバッペが選出された。ムバッペは圧倒的なスピートを見せつけ、今大会は4ゴールを記録した。W杯決勝での10代のゴールは、元ブラジル代表FWのペレ氏に続き、史上2人目の偉業となった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%90%E3%83%9A

 

米スポーツサイトの『Bleacher Report』初出場32か国の“最終格付け”を発表、日本代表のランキングは15位。

「日本は世界中のファンにとって“2番目に贔屓”のチームとなった。監督交代など大会前はくもり切っていたムードを払拭し、サムライブルーは衝撃的な快進撃を見せた」と激賞した。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=44026

 

ベスト4カ国の強さの秘密は

➀いずれもアフリカ系移民出身の選手の多い多民族多文化チーム

②世代交代が進んだ若いチーム③いずれも個人技、フィジカル,メンタリティとも強靭

④多くがプレミヤリーグの選手たちで、試合経験豊富―

など日本代表とは大いに異なる。

日本は『一国平和主義』と揶揄されることが多いが、これまでの日本のサッカーは「一国サッカー主義」ともいえる。

今後どこまで躍進できるかのバロメーターは、強豪国の「多様性」(ダイバシティー)、グローバリズムによる個人力、突破力、決定力をどこまで培養できるか。

「ガラパゴスジャパン」から「グローバルジャパン」「グローバルジャパニーズ」に脱皮できなければ、21世紀の日本の強い、明るい未来はない。

 

杉山氏が森保ジャパンに異議。
日本サッカーのガラパゴス化が進む
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2018/07/25/post_53/

 

日本サッカーの未来は明るくない。
悪しき「8年サイクル」から脱出へ
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2018/07/20/post_52/

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史 (22) 『世界の知の極限値』ーエコロジーの世界の先駆者だよ、南方熊楠先生は・・(上)

日本リーダーパワー史 (22) 『世界の知の極限値』ーエコロジーの先駆者・南方熊 …

no image
日韓和解のための歴史コミュニケーション②最初の日韓衝突・パーセプション(認識)ギャップはこうして起きた②

     日韓和解のための歴史相互コミュニケーショ …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 日本興亡150年史』(1)

 2012年12月17日執筆 ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー …

no image
速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、12日目⑥

速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、12日目⑥ 前坂 俊之(ジ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(11) 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力④『陸奥が徹底したこだわった宗属関係の謎とはー』李朝は、宗主国「清朝」の代表的属国。 朝鮮国王は、清国皇帝の奴隷のまた奴隷である。

日中北朝鮮150年戦争史(11)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。 …

no image
日本メルトダウン脱出法(561)『直面する「2015年問題」を前に考えよ-日米関係は大丈夫か」●『アベノミクスに2つの「障壁」

 日本メルトダウン脱出法(561)   ●『直面する「201 …

no image
 『リーダーシップの日本近現代史』(71)記事再録/『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉞ 『自立』したのは『中国』か、小国「日本」か」<1889(明治22)4月6日付>

2014/08/11 /『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓 …

no image
明治裏面史――三浦観樹将軍が『近代日本の黒幕』頭山満を語る

明治裏面史――三浦観樹将軍が『近代日本の黒幕』頭山満を語る 前坂 俊之 (ジャー …

no image
百歳学入門(236)『百歳挑戦・鎌倉バカ仙人のカヤック釣り日記』(9/15) 人気動画再録「60,70はなたれ小僧、生涯現役、カヤック人生」★『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』

 2014/09/15 記事の再録/百歳学入門(99) 『百歳挑戦・鎌 …

no image
速報(247)◎『日米原子力委員会のリスク管理の天地の落差』『情報隠し、公文書の不保存は国民への重大犯罪である」

速報(247)『日本のメルトダウン』 <日本が民主国家ではないことの証拠> &n …