前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本超人・達人伝ー『イチローと宮本武蔵「五輪書」の「鍛錬」』★『『鍛とは千日(3年間)の稽古、錬とは1万日(30年間以上)の毎日欠かさずの練習をいう』

      2017/10/10

 

      イチローと宮本武蔵「五輪書」の「鍛錬」

 

新聞関係に身を置いて半世紀、メディアの見方も大いに変わった。新聞第一面の政治、国際、経済などの魑魅魍魎(ちみもうりょう)のニュースよりも、勝ち負けのはっきりして結果の見えるスポーツが好きになった。

年をとると、自分の持ち時間が大いに気になる。メディアの接触時間もなるべく節約したい。テレビの番組も録画して、広告を飛ばし、早送りで見る。好きなスポーツ選手の活躍もYoutube動画で、活躍シーンだけを見る。MBA(米大リーグ)やサッカーの欧州リーグの日本選手の活躍ぶりもYoutubeに翌日にはハイライトシーンが入っており、ケイタイ、タブレットで楽しんでいる。

スポーツ新聞は見なくなった。

私はイチロー選手の昔からン大フアン。43歳(10月で44歳)になったマーリンズ・イチローが止まらない。今季は出場機会は少なく、代打で出る機会が多いが、9月中旬までの打率.262、出塁率.327を記録、代打安打数でも27本で両リーグトップを独走。ジョン・バンダーウォールが1995年に記録した28安打のメジャー記録にあと「」と迫って10月2日、シーズンを終えた。

 50歳まで現役続行を見据えているイチローはメジャー通算安打数で歴代21位のキャップ・アンソン(3081本)にも迫った。

『イチロー伝説』を続ける「まさに怪物」、「ハンド・アイ・コーディネーション」(打撃技術)の高さはモンスター級だと米野球専門家からも絶賛された。

天才・イチローはどのようにして生まれたのか。

イチロー(本名は鈴木一朗)は小学三年生から、一年間全く休まず、360日少年野球に明け暮れ、夜は父と近所のバッティングセンターで時速140キロのボールを打った。中学でも200球以上の打ち込みを毎日欠かさなかった。18歳でドラフト4位でオリックスに入団した。

 「音楽の英才教育に一万時間」という法則 がある。物心ついた幼児から一日3時間、10年間休むことなく稽古すれば、約1万時間の練習になる。ピアノやバイオリンの世界コンクールに入選する人の多くが、この手の若き音楽家である。イチローはこのスポーツマンの部類の天才といえる、

日本の武道をさかのぼれば、「生涯無敗伝説の宮本武蔵が『五輪書』で強調した「鍛錬」という言葉が思い浮かぶ。

『鍛とは千日(3年間)の稽古、錬とは1万日(30年間以上)の毎日欠かさずの練習』をさす。武蔵はこの「錬」を実践しなければ達人の域には達しない、いう。

イチローの野球道は日本刀をバットにかえた剣聖・宮本武蔵の『鍛錬』の実践と思う。

アメリカに乗り込み、シャトル、ニューヨーク、マイアミなどの自宅にはトレーニングマシーンを設置し、けがをしない柔軟な身体づくりと入念な筋肉ストレッチを毎日欠かさない。バッターボックスに入る前に必ずおこなうヒザの屈伸、足腰の筋肉のストレッチ、バットを垂直に立てる一刀流の構えのイチロー流儀は不変である。

イチローの人生哲学は

①シーズン休まず150試合に出場するように心がける。

②グローブその他の道具の手入れを丁寧に毎日欠かさない。

③ (打率でなく)ヒットを一本増やしたいとポジティブに考える。

④カレーライスを常食とする

⑤自分の持っている能力を活かせば可能性は広がる。

⑥打線が苦しいときには、守備とか走塁で流れをつくるのが野球の基本

⑦小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道-などなど。

世界記録を作ることは超難しい。

その記録を伸ばすことはさらに難しい。それ以上に至難なのは10,20年と連続してトップを維持すること。肉体的には非力なイチローは「鍛錬、努力の40年継続」でベースボールの頂点に立った。彼の人生の不動の哲学は武蔵流の「鍛錬」で、天才バッターは努力の超人なのである。

来季、日本ハムの大谷翔平選手もMBAを目指すようだが、これまでの松坂、ダルビッシュ、田中その他の選手の多くは肘を故障しメスを入れ、ケガで選手生活を縮めた。

高校野球を含めて、日本の投手は投げすぎが原因とも言われている。ケガをしない入念な筋トレ、ストレッチこそが欠かせない。

日本のプロ野球選手の平均在籍期間は8.9年といわれる。ヤンキース・松井選手は38歳で現役引退、最高齢記録は中日の山本昌投手で50歳で出場・登板して現役生活を締めくくった。ヤンキースのジーター選手は40歳で引退した。

ところが、MBAにはすごい選手がいるもので、1965年に登板して3回投げてゼロに抑えたサチェル・ペイジ投手はなんと59歳で、これが歴代最高齢出場、引退の記録である。

これをみると、来期18年目となるイチローは50歳まで生涯現役プレーヤーを目指すといわず、その先もまだ続けて欲しい。

日本は「少子化・超高齢化社会」に突入、生涯現役社会」の構築を目指しているが、高齢者の『寝たきり』『認知症』を防止しのためにも、筋トレ、体力作りにイチロー方式は広く応用できそうだ。

それと、もう1つスポーツで気になることがある。昭和以降で初という3横綱が初日から不在の大相撲は2大関も休場するピンチに陥ち入った。

体重増の力士が増えたこと、力士の稽古不足、筋トレ不足などが要因に挙げられている。MBA流の科学的なトレーニングが必要ではないかと思う。

『稽古をおこたれば、すぐに力は衰える。油断、慢心が最大の敵』との言葉は横綱大鵬が、朝青龍が26歳で20回目の優勝した時に、送った言葉である。                      

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(768)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②『我々日本の人民は今日の文明において治にも乱にも殺戮の毒害を見ず、罪を犯さざる限りはその財産、生命、栄誉を全うしているが、隣国の朝鮮を見れば、その野蛮の惨状は700年前のわが源平の時代を再演している』

 日本リーダーパワー史(768) 『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルー …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』★『BBCがリオの閉会式、安倍首相のマリオ姿で土管から出てきたサプライズを報道!』● 『安倍マリオ、海外の人たちが大喜び「こんなすごい光景見たことない」【リオ五輪】●『 五輪閉会式、「安倍マリオ」が話題に!世界の反応は?』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』 Tokyo …

no image
日本リーダーパワー史(216)「坂の上の雲」③秋山真之の師事したマハンの『日本海海戦の講評』(英タイムズ掲載)

日本リーダーパワー史(216)   <『英タイムズ』が報道した「坂の上 …

no image
日本リーダーパワー史(228)<リーダー不在の人材倒産国・日本の悲劇①>『昭和の日本を亡ぼした無能リーダーたち』

    日本リーダーパワー史(228) &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(839)(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ②』★『菅官房長官を狼狽させた東京新聞女性記者/望月衣塑子氏の“質問力”(動画20分)』★『ペットドック新聞記者多数の中で痛快ウオッチドック記者出現!

日本リーダーパワー史(95) 5・15事件で敢然とテロを批判した 菊竹六鼓から学 …

no image
日本リーダーパワー史(239)『坂の上の雲』児玉源太郎こそ日本最高の戦略家ー『原剛氏(軍事史学会副会長)』の講演会

日本リーダーパワー史(239)   <『坂の上の雲』の最高のリー …

no image
児玉源太郎伝(1)●死亡記事ー『知謀の参謀総長、脳溢血で急死』●『児玉大将の死を痛惜す』〔時事新報〕

 児玉源太郎伝(1)  日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→参謀次長)に …

no image
『明治維新から150年(2017年)』ー『世界史の中での日清、日露戦争』アジアで唯一、 西欧列強の植民地になるのを防げた理由とは?『イギリスの東洋侵略史の要点』

明治維新から150年(2017年) 『世界史の中での日清、日露戦争』アジアで唯一 …

no image
日本リーダーパワー史(410)『安倍首相が消費税値上げ決断。東京五輪を成長戦略第4の矢に⑦短期国家戦略提言

   日本リーダーパワー史(410) 『安倍首相が消費税値上 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑲』「IIJ社長に勝・前財務次官 消費増税で手腕 」◎「知らない無人機攻撃の怖さ」

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑲』   ◎「II …