前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 世界、日本メルトダウン(1044)> 『朝鮮半島クライシス』中国流の外交2枚舌、恫喝、引き延ばし、国際法無視、『中国の夢』に騙されるな』●『トランプは『一番やばい中国流外交術<延々対話の罠>にはまるのか」』

   

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< 世界、日本メルトダウン(1044)>

『朝鮮半島クライシス』

 

中国流の外交詐術は三枚舌、引き延ばし、国際法無視、グローバリズム反対・・・

(B)「米国の国内事情もある。政権移行で国防総省や国務省のスタッフ、新体制はガタガタで、攻撃できる状況にはありえない。国防総省は政治任用の主要な幹部50人うちマティス国防長官以外の任命が遅れ、格下の職員が代行し、何とか政策を切り盛りしている。

外交を司る国務省も大半の政治任用ポストが空席で、トランプ氏が予算の28パーセントを削減したため、外交経験のないティラーソン国務長官は四苦八苦。4月段階では国務副長官、国務次官、国務次官補も決まっていない。

国務省の体制を整えるのに数ヵ月かかり、北朝鮮問題は結局、後回しになるとみられていました。中国の北朝鮮への圧力を見極めてからのことになるでしょう」

(C)「北朝鮮の3月の石炭輸出量が200分の1に大激減したと伝えられましたね。中国が2月、北朝鮮から石炭輸入を停止したためです。この中国の圧力を評価したトランプは中国への強硬策から妥協姿勢に転じて、早速、為替操作国に認定しないと公約を取り下げた。

逆に北朝鮮はカンカンに怒り、初めて中国を名指しで批判した。朝中友好がいくら大切でも、核は絶対に手放さない」と猛反発した。」

北朝鮮の石炭輸出、200分の1に激減 中国が購入停止http://www.asahi.com/articles/ASK564F32K56UHBI00Q.html

(A)「5月9日の日経がスクープによると、トランプは北朝鮮が核を放棄すれば➀北朝鮮の体制転換②金正恩政権の打倒③38度線を越えて侵攻しないーなど4方針を4月初めの米中会談で中国側に示したと報じた。結局、トランプと習近平は蜜月となり、アメとムチで金正恩に核・ミサイル開発の放棄を迫っているわけだ」。

米、対北朝鮮「核放棄なら体制認める」 中国に伝達

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC08H3U_Y7A500C1MM8000/

 

(A)「そこが、逆に一番やばい点だよ。トランプは『延々対話の罠にはまるな」

トランプ政権は1枚も2枚も上手の中国、北朝鮮のだましのテクニックにはまってはなりません。中国流の二枚舌、引き延ばし戦術、国際法無視、グローバリズム反対などの『中国優先主義』中国の核心的利益政策『中国の夢』に騙されてはいけない。

トランプ大統領補佐官ピーター・ナヴァロのいう「延々と自説を繰り広げて、おしゃべりをするだけ」の対話、6ヵ国協議など中国流の「言葉の遊び」「空約束」外交、北朝鮮のアナクロの外交(害交)にオバマ政権、安倍外交は何度煮え湯をのまされたのか。これを断ち切らねばならない。まだまだ、チキンレースは続きますが・・」

 

日本リーダーパワー史(757 『トランプの政策顧問で対中強硬派のピーター・ナヴァロ氏「米中もし戦わば」(戦争の地政学、文芸春秋社刊)を読む」「米中対話は不可能である」の結論は「日中韓朝対話も不可能であった」に通じる。」「明治以降の日中韓朝150年戦争史は『エスノセントイズム」「パーセプション」「コミュニケーション」『歴史認識」のギャップから生まれ、『話せばわかるが、話してもわからないことが わかった!」、ならばどうするのか、難問を解かねばならない。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/23141.html

 

 

つづく、

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『世界が尊敬する日本人⑥初代ベンチャービジネスの真珠王・御木本幸吉(08、05)

世界が尊敬した日本人(6) 初代ベンチャービジネスの真珠王・御木本幸吉      …

no image
世界/ 日本メルトダウン(917)『英国、EU離脱で国家解体へ…経済的利益なし、「偉大なる大英帝国」復活という妄想』●『トランプ氏、TPP離脱を主張 米製造業に致命的な打撃』●『世界の原子力発電能力が急拡大、設備老朽化など課題も=IEA』●『イチローの大記録を支えているのは「驚異のルーティン」』

    世界/ 日本メルトダウン(917)   英国、EU離脱で国家解 …

no image
知的巨人たちの百歳学(138)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー尾崎行雄(95歳)、瀬島龍三(95歳)

 知的巨人たちの百歳学(138) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …

no image
★『生涯現役/百歳学入門』(163)「日本は高齢社会」のウソ。NHKが故意に作り出した幻想のカラクリ』●『貧乏生活を選んだ億万長者』●『  大半の財を寄付し、身なりを構わないハリウッドスターは誰』●『老人ホームと保育園が一緒になったら 奇跡が起こった(米・シアトル)』●『年間50万人の高齢者が失踪、1日あたり1370人・中国』●『裸で眠ると健康でリッチになる、その4つの理由とは』●『早ければ早いほどいい、40-50代から始はじめる『健康な老後への備え』』

★『生涯現役/百歳学入門』(163) 「日本は高齢社会」のウソ。NHKが故意に作 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(124) 党首討論ー安倍首相の間違った歴史認識は訂正すべきだ (15/5/25)

池田龍夫のマスコミ時評(124)  党首討論 安倍首相の間違った歴史認識は訂正す …

no image
日本メルトダウン脱出法(684)「戦後レジームより「戦時レジーム」の清算が必要だ」「MERSはなぜこんなに韓国で流行しているのか?」

            日本メルトダウン脱出法(684) 戦後レジームより「戦時 …

no image
  『百歳学入門』(168)ー『長寿な人に共通する9つの習慣とは–「生きがい」を持つだけで寿命は7年伸びる』●『これを見ても「時間がない」って言える? ”人生を2回生きる男”が語る、自由に生きるための時間生産術』★『これが長寿のヒミツ!! 目からウロコ「100歳長生き健康法」』●『健康寿命を延ばす「10の方法」 生活習慣と食事、運動がカギ!』★『「100歳まで元気な人」はやっている?たった3つの意外な長寿法』

  『百歳学入門』(168)   長寿な人に共通する9つの習慣とは–「 …

no image
百歳学入門(30) 『歴史有名人の長寿と食事① 天海、御木本幸吉、鈴木大拙、西園寺公望、富岡鉄斎、大隈重信

百歳学入門(30) 『歴史有名人の長寿と食事エピソード①   前坂 俊 …

no image
百歳学入門(25)『日本の女性百寿者(センテナリアン)リスト①』加藤シヅエ、木村霊山尼、嘉納愛子、蔦清小松朝じら

百歳学入門(25)   『日本の女性長寿者(センテナリアン)・リスト① …

no image
<書評>高齢化社会を読み解く最良のテキスト「日本長寿の記録」(内田 啓明著、善本社)

    「日本長寿の記録」(内田 啓明著、善本社、550P  …