前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(203)★『2017/5月、6、7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪した』★『NYでは、コニーアイランドとNathansのホットドッグやシーフード、ブルックリンとイーストリバー、9.11 跡地、Staten島往復と自由の女神、 セントラルパークと5番街、有名教会見学、タイムズスクエア周辺ウオーキングとカフェ巡り。』

   

6、7年ぶり、アメリかにきてしまいました。5月、GW中なので格安チケットがとれなくて

女性軍のNY希望に負けて、安いミネアポリス、デトロイト経由となりました。

DSC07083.jpeg(セイント・パトリック教会)

 現役時代は西海岸シリコンバレー中心、San Jose、Santa Clara、最盛期 は一回/月、米国人のT大統領に似た大男と格闘しに行きました。どこまでも威圧的な戦法にどう打ち勝つか、悩み抜きましたが、この経験は今の 小生の後天的な性格の一部となっています(笑)。

夜は仲直りしてナパのワインでパーティです。同行の若手がオーパスワンを「うまい」「うまい」を連呼 してガブ飲みし、後日、日本のホテルで6−7万¥/1本すると知りビックリしました。

DSC07098(地下鉄)

 ずれも由緒ある都市を代表する空港、全体の造り、お店の品揃え  など成田や羽田には無い歴史を感じさせ、デトロイトは往時の栄華をしのばせる、タテ一直線にどこまでも続くGateの列、並行して移動用にモノレール を走らせ、これにはビックリ、やはり工場勤務者の街です。  

bsp;DSC07099(地下鉄コニーアイランド駅)

 NYでは、コニーアイランドとNathansのホットドッグやシーフード、ブルックリンとイーストリバー、9.11 跡地、Staten島往復と自由の女神、

セントラルパークと5番街、有名教会見学、タイムズスクエア周辺ウオーキングとカフェ巡り。

DSC07106(ホットドッグのネイサンズ)3

 BIG BUS TOUR(二階建てバスでマンハッタン一周)、ウッドバリー・コモン・プレミアムアウトレット(NY北方、バスセンターから直行一時間位、サイモン社経営、三菱地所と合弁で日本のプレミアムアウトレット9店を展開、御殿場の立地はこのウッドベリーを模している、広大で日本よりも安い掘り出し物が目立ちます、女性軍に人気となる訳です。  


DSC07112ネイサンズ店内)4

 最終日は、NY TIMESビルの一階にあるTボーンステーキで有名なWOLF  GANGで夕食(タイムズ社員の憩い、来客との会食の場でしょうか、満席でレストラン全体が唸るような喧騒にはビックリ、当方も大声で)。毎日 二万歩以上は歩かされヘトヘトになりました。

 ホテルは、旧ニューヨーク パレスを2015年に韓国ロッテが買収した「ロッテ ニューヨーク パレス」22階、セイント・パトリック教会に対峙する景観抜群の好立地、エクスペディアで格安でした。


DSC07132(右手ビーチ沿いの大通り)5

 ビジネス客、 古い固定客が大半で、わがファミリーの様な物見遊山族は居ませんでした。

全体として、この所の順調な経済情勢を反映して、落ち着いた雰囲気、不穏な気配を感じさせない、ビジネスに専心するNY。さすがに要所での警官 の多さはありますが、ゴミの散乱も全くなく、掃除が行き届き、地下鉄も静かな安定した雰囲気、一時期の様な何か騒動が起きるのではと心配させる兆候は全くありませんでした。


DSC07139(ビーチ沿い)6車に乗っていないと怖いという様な警戒心は全く不要でした。スリには注意してはいましたが。東に向かう米国エコノミー往復は、時差など結構キツイなと、西へ向かうヨーロッパ往復との差を実感した次第です。改めて今の内に海外へを痛感 いたしました。

DSC07143(コニーアイランドコニーアイランドの遊園地、リフォーム中)7

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(62)『世界史の中の『日露戦争』<まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
日本リーダーパワー史(655) 『戦略思考の欠落』(48)日清戦争敗北の原因「中国軍(清国軍)の驚くべき実態ーもらった「売命銭」分しか戦わない➡中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治で「習近平政権」も続いている。

日本リーダーパワー史(655) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(48)   …

no image
『鎌倉の秘境ー散在ケ池森林公園(鎌倉湖) Kamakura Natural park Sanzaikeは奇跡の森とせせせらぎ』

   『鎌倉の秘境ー散在ケ池森林公園』 &nbsp …

no image
『明治裏面史』★『日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊴『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力と責任⑪』●『日露戦争開戦前-陸海軍統帥部協同の準備と意見相違の内情』★『児玉次長の海軍将校に対する態度は慇懃を極め、あの敏活なる決心も、あの強硬的態度も、あの気短かも海軍の面前に出ては一切控えて常に反対の現象を呈した。』

『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リス …

no image
速報(73)『日本のメルトダウン』-『放射能汚染水を海へ捨てるな。早く巨大タンカーを』『送電線解放が原発廃止の近道』

速報(73)『日本のメルトダウン』   『放射能汚染水を海へ捨てるな。 …

no image
日本敗戦史(45)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<「暴走機関車大日本帝国アジア号」の脱線転覆④

 日本敗戦史(45) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内 …

no image
「日本犯罪図鑑―犯罪とはなにか」前坂俊之著、東京法経学院出版1985年 – 第1章 国家と司法による殺人 

       「日本 …

no image
よくわかる日中韓150年戦争史ー「約120年前の日清戦争の原因の1つとなった東学党の乱についての現地レポート』(イザベラ・バード著「朝鮮紀行」より)

まとめ「東学党の乱について」各新聞の報道 イザベラ・バード著、時岡敬子訳「朝鮮紀 …

no image
日本メルトダウン脱出法(820)『中国の経済構造大転換、待ったなしー25年前の日本と比べると、成長余地は大きいが』(英FT紙)●「どんな若者も幹部になると腐敗する中国の役所」●「「爆買い」は2月で終わる!?ー観光客増でも、客単価の減少が止まらない」

  日本メルトダウン脱出法(820)   中国の経済構造大転換、待った …

無題
日本リーダーパワー史(775)『 明治史の謎を解く』-『 日英同盟前史ー北清事変(義和団の乱)で見せた日本軍 のモラルの高さ、柴五郎の活躍が『日英同盟』締結の きっかけになった』

 日本リーダーパワー史(775)   明治史の謎を解く 日英同盟前史ー北清事変( …