前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★5日本リーダーパワー史(777)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎の日清戦争前インテリジェンスを学ぶ①『清国の病状ー統一のない政治と国防』★『120年後の現在も変わらない、変えられない「世界一の汚染、汚辱大国」の実態』★『これでは先進国の仲間入りはできない中国の悲劇』

   

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』

小村寿太郎のインテリジェンスを学ぶ➀

『清国の病状ー統一のない政治と国防』★『120年後の現在も変わらない、

変えられない「世界一の汚染、汚辱大国」の惨状ー』

 

Wiki小村寿太郎

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%91%E5%A3%BD%E5%A4%AA%E9%83%8E

 

小村は1893年(明治26)11月に臨時清国代理公使となって北京に赴任した。

小村のインテリジェンスを紹介するとー

 

シナの「現実」を握る

➀小村は膨大な文書上による研究とともに、各国公使館を歴訪し、北京外人唯一のランデブーである北京倶楽部で、外交官仲間、総税務司署の外人要人等と接触交遊し、外人側のシナ観を知りつくし、内外の機密に触れることができた。

②寸暇を割いて、寝についた後までも、朝食時にも、馬車中にも、一刻を惜しんで読書した。書籍の種類はすべてシナに関する外人の著書であった。当時シナの調査に関する日本人の著書には、勝れたものがなかった。

③読書研究と同時に、1方では、館員や荒尾精の日清貿易研究所、玄洋社らからの情報を聞き、支那の全情報分析を自家薬篭中のものとした。

④新聞記者の情報にもよく注意していた。ビーコンスフールド

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E4%BC%AF%E7%88%B5

がイギリス首相の位置にいた時、一新聞記者から、エジプト王の所有せるスエズ運河の株券が市場に出た話を聞いて、立ちどころにそれを買収して、スエズをイギリスの手中に握ったインテリジェンスを政治家の本領と高く評価していた。

⑤これまで単にシナの兵数砲数程度にしか達していなかった公使館の調査は、小村によってたちまちにしてシナ軍隊の組織、兵卒の実力、糧食運送の方法等など全般的に把握することが出来た。

 『清国の病状ー統一のない政治と国防』

明治二十七年八月、日清戦争の勃発によって小村が東京に引き上げた際、小村が当時の『支那の実情について話した談話』が残されている。時の農商務省の比江島嘉一(小村家に親しくした後輩)が筆記しておいた手記である。

 『小村公使談。比江島嘉一手記。(明治二十七年八月) 

- 北京の人口は、二百万というも実際は八十万ばかり。戸数十数万。皆平屋。街道はわが東京の上野御成道程のもの二、三あるも、露店両側に連り、甚だしく窮屈とす。

これに人道と馬車道とあり。露店は昼夜そのまま皆ここに宿泊しほとんど一戸の如し。又、街路の修繕は、古来のまま更に手を入れず、打ち棄てあるものと思われ、デコボコにて甚だ歩行困難なり。

 また、その往来の不潔なること、かねて間きしに違わざる有様にて、みな街道に大小便をなし、臭気紛々。しかし彼等、習慣性となり実に平気。ここに至って、衛生の何たる必要を見ず。小便は至るところ川をなしまた池をなす。ために歩行で注意を怠れば、忽ちこれに踏み込む。幸に大便は永くそのところに止まらず。

 それにつき奇談あり。その大便は豚、犬、人の三つのものにて争い片付く。人は犬を逐い、犬は豚を逐い、互に各主の獲物の多からんを競争す。

犬は狡猾(こうかつ)に小児の大便する場合はかたわらに待っており、直ちに平らぐ。人は犬を逐い、丁度わが東京にて、紙屑拾いの如く背負いたる器にすくい込み、市外に持ち行き肥料として販売す。

かくのごとく不潔の上、夏時は梅雨のごとく降り続け、止めば風あり。週に二度は砂漠よりの吹きまわし来り、天日さえぎり、所謂、天地晦冥(かいめい)となる。蒸し暑くまことに蚊のみは平気に我慢すべきも、堪え難きは白色の微虫にかまれることで、甚だしきは医者の治療を受けざれば治し難きものあり。

かの南京虫とは、まるで異なるもので、殆ど目に触れ難きほどの飛び虫な

り。自分も、この虫のかまれた傷があり。黒アザの如し。水は悪し。飲むにたえるものなし。

以上は黒木勇吉「小村寿太郎」 (講談社、1968年刊、104-108P)

 ---------------------------

120年後の現在も変わらない、変えられない「世界一の汚染、汚辱大国」の実態ー

【ごみ排出量世界一】3分の2の都市はゴミが包囲 深刻化する中国のゴミ問題

https://matome.naver.jp/odai/2133439587861672401

 

全国各地ごみだらけ!30年には米国のごみ産出量の3倍にとの予測も―中国

http://www.recordchina.co.jp/b70762-s0-c30.html

 

中国の大気汚染が相当深刻…日本や韓国も被害

https://matome.naver.jp/odai/2142770243313030601

    つづく

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(784)-「日本史の復習問題」「日清・日露戦争の勝利の秘訣は何か」明治人のリーダーパワーとリスク管理能力、外交力を現在の昭和人のそれと比較する』

 日本リーダーパワー史(784) 「日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」 …

no image
日本メルトダウン脱出法(810)『 ツイッター、文字数制限を1万字に拡大か 3月導入を検討と米報道』●『中国経済のフリーランチ、終わりの始まりー世界連鎖株安は中国の市場封鎖で下げ止まる』●『「VRバブル」はどこまで続く? 3Dテレビ失敗から学ぶこと』

   日本メルトダウン脱出法(810)   ツイッター、文字数制限を1 …

no image
百歳学入門(83)大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々、政治健康法とは①<長寿の秘訣は人を食うこと>

 百歳学入門(83)   大宰相・吉田茂(89歳)の晩年悠々 …

no image
知的巨人たちの百歳学(144)「センテナリアン(百歳人)の研究」➡超高齢社会を元気に長生きするために『長寿脳』を鍛える

知的巨人たちの百歳学(144) 再録「センテナリアン」の研究(2009/02/2 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(186)』●『英国のEU離脱を予言していたエマニュエル・ トッドの「ドイツ帝国が世界を破滅させる、日本人への警告」(2014年刊)の内容」●「英国がEU国民投票で離脱を決断へー疑問点をまとめた(小林恭子)』

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(186)』   …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1053)> 『パリ協定を離脱した米国の孤立化』★ 『トランプの連続オウンゴールで中国が『漁夫の利』を占めた』●『PM2.5などの大気汚染、水質汚染、土壌汚染、汚染食物など史上最悪の 『超汚染環境破壊巨大国家」中国に明日はない。』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1053)> …

no image
日本メルトダウン脱出法(765)「アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当の理由」●「中国・韓国が日本に絶対に追いつけない歴史的背景 中韓にノーベル賞が取れない理由~陽明学と朱子学」

  日本メルトダウン脱出法(765) アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当 …

no image
百歳学入門(81)▼「長寿創造的経営者・大阪急グループ創業者の小林一三(84歳)の長寿経営健康十訓」

    百歳学入門(81)   ▼「長寿 …

no image
日本メルダウン脱出法(665)「歴史的機会逃す」など安倍首相の演説の韓中米メディアの報道」●「時代は「80日間世界一周」から80時間世界一周へ」など6本

  日本メルダウン脱出法(665) 「歴史的機会逃す」「終戦70年のしるし」安倍 …

Unknown-1
百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)   元祖ス-ローライフの達人・「超俗の画家」の熊谷守一(9 …