前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(170)長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介した伊藤圭介(98歳)ー「老いて学べば死しても朽ちず」●『植物学の方法論ー①忍耐を要す ②精密を要す ③草木の博覧を要す ④書籍の博覧を要す ⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す ⑥洋書を講ずる要す ⑦画図を引くを要す ⑧よろしく師を要すべし』

   

 百歳学入門(170)

長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学を

わが国に紹介した伊藤圭介(98歳)

ー「老いて学べば 死しても朽ちず」

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 伊藤圭介(いとうけいすけ)

享和 3127日(1803127日)―明治34年(1901年)120日)) 植物学者、名は清民、錦窯と号した。名古屋の人、長崎でシーボルトに学び、西洋の植物分類学をわが国に紹介し、わが国最初の理学博士となった。明治二十四年、学術上の功績によって、男爵を授けられた。同年一月二十四日死す、年98 。

植物学の方法論

①忍耐を要す
②精密を要す
③草木の博覧を要す
④書籍の博覧を要す
⑤植学に関係する学科はみな学ぶを要す
⑥洋書を講ずる要す
⑦画図を引くを要す
⑧よろしく師を要すべし

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%9C%AD%E4%BB%8B_(%E7%90%86%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB)

 伊藤圭介は、享和3年(1803年)名古屋呉服町に生まれた。父は医家西山玄道である。名は清民、号は錦かという。幼児より父兄に従って儒学と医学とを学び、また植物学を研究することを好んだ。
 文政3年(1820年)18才にして医業を開いた。19才の時、京都に遊学し、洋学を学び、文政10年(1827年)25才の時、長崎に赴き、ドイツ人シーボルトに植物学を学んだ。これが生涯を通じて学問研究の一転機となり、27才で初めて、「泰西本草名疏」を訳述刊行したのである。


 以後著書は17種に上る。この中、有名なのは、「日本産物志」「日本植物図説草部」等である。
 また医家としての功績の優なのは種痘を始めたことであり、嘉永5年(1852年)50才の時、尾張藩主から種痘法取調を命ぜられ、以後尾張藩の医術に尽すところ大であった。また郷土の博物学の啓蒙にも努力した。
 明治14年(1881年)東京大学教授に任ぜられ、同21年(1888年)理学博士の学位を受けた。
 また初代の学士会院院長となった。明治34年(1901年)東京大学名誉教授、男爵を授けられ、同年98才を以って逝去した。
 明治初年(1868年)廃藩置県の際、蘭法医学の必要を強調、愛知県に対し、同志と共に西洋医学を講ずる学校の開設を建議し、これが容れられ、名古屋藩の元評定所に初めて医学校が創設された。
これが今日の名古屋大学の濫觴(らんしょう)である。

http://www.meijyo-e.nagoya-c.ed.jp/konna/rekishi/itou.htm

 

 十年前(明治三十二年か)の初秋に、吾輩(横山健堂)は圭介先生を訪ねた。先生は時に97歳。仙顔で髭が銀白であった。やせて、背は高く、腰は幾らか曲り、頭一杯の白髪が、

ぼうぼうとして糸のように長かった。

先生は字を書くのに、右のひじを全く畳に附けて、頭を右に傾けて書かれた。

 先生は、室中にただ書籍があるばかりの居間にいられた。四畳で、次の間は六畳か八畳だったかと思う。二つの居室の塵には書棚をつらね、ことに居室の書棚は、『日本植物図説』の原稿で充満していた。

 

 先生は、三尺ばかりの低くて粗末な机に向かっていられた。

かたわらには2,3の文庫があって、材料や、原稿や、書束あるいは紙片などが乱れている。先生はその中に端坐して、旧稿を見直していられた。彼れは学仙となれるものだった。

 先生は、起って書棚の旧稿を抽いて来て示された。その巻尾には、「われ老いてこの業を完成すること能わず。大成のこと,汝、篤太郎に嘱す」としてあった。(横山健堂「趣味の人」―『中央公論」明治四十二年十二月号)

 

 故伊藤圭介翁が、学問に志してから、歿年年九十九歳まで、筆を断たずに編んだ『植物雑纂』というのがある。

日本植物の百科全書で、一植物ごとに、和漢洋文献のその植物に関するものを集め、細かに自説を述べ、微はその植物で製った菓子の広告にいたるまでを示している。

ことごとくが自筆の稿本で、彩色図をおびただしく挿んでいる。稿本は一冊の厚さが二寸ほどで、すべてで300余冊ある。翁の歿後、真砂町に火事があったが、不思議にも消防夫が、命ぜられもせぬのに、この雑纂のある部屋を堅く守って防いだ事なきを得た。

▼令孫の篤太郎博士はその後この稿本を白山御殿の自邸に移したが、数年前にも近火があった。そこで博士は、市中はあぶないというので、滝野川の人家の稀れなところに居を移して、稿本を守っていられる。

圭介翁が百歳の賀を催す折に、拠金してこれを刊行しょうとの企があって、福沢諭吉氏が翁のためにその費用を計算したところが、約五万円かかるとのことであった。

ところが翁は九十九歳で逝いて、この貴重な稿本は、今なお稿本のままで存し、世にはほとんど知る者がない。翁は学位を授けられた。翁は男爵を授けられた。

けれども翁においては、「雑纂」の刊行と、これらの光栄と割れであろう。大正七年にまのあたりこの「雑纂」を見る機会を得た余は、つくづく現日本の学を軽んずる国だということを思うて、憤ることがはなだしい。

http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/event/sympo/sympo.pdf

 

https://books.google.co.jp/books?id=vjg7BAAAQBAJ&pg=PT54&lpg=PT54&dq=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%9C%AD%E4%BB%8B+%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88&source=bl&ots=TQH1y4W1Wn&sig=dXn0kf_do6VHoDd_6hFyx_zhCrQ&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwji5pHhlqbRAhVKkZQKHZ6VAXY4HhDoAQgyMAU#v=onepage&q=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%9C%AD%E4%BB%8B%20%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88&f=true

 

 - 人物研究, 健康長寿 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(826)「甘利経済再生相、首相の慰留を振り切り辞任 「何とか耐えて政策を進めて」と首相は慰留」●「甘利大臣“口利き問題”の背景にある 公務員制度改革の抜け穴」●「資源価格下落の利益が 企業の内部留保に吸収されている」●「逆オイルショックの衝撃は世界へ 日本経済が“真の勝ち組”となる条件は」

 日本メルトダウン脱出法(826) 甘利経済再生相、首相の慰留を振り切り辞任 「 …

no image
百歳学入門(50)ギネスブック世界最長寿120歳の泉重千代さんの養生訓、長寿十訓とは何か

百歳学入門(50)   ギネスブック世界最長寿120歳の泉重千代さん …

no image
日本メルトダウン(1028)ー『トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回で露呈』●『トランプ米大統領、共和党保守派に宣戦布告 重要政策可決へフリーダム・コーカスに圧力』★『「森友解散」説ににじむ「1強」安倍政権の焦り 「軽率」と「誤算」の連鎖の果てに泥沼化』●『極右と安倍首相の親密関係こそ問題の本質だ 森友学園問題を欧米メディアはどう報じたか』★『中国人が辛辣指摘「日本企業9つの問題点」に知日派も喝采』●『日本語が堪能な外国人材ほど日本企業に失望する理由日本語が堪能な外国人材ほど日本企業に失望する理由』

 世界、日本メルトダウン(1028)ー トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回 …

no image
日本リーダーパワー史(919)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』②『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』②

日本リーダーパワー史(919) 『売り家と唐模様で書く三代目』② 前坂俊之(ジャ …

no image
日本リーダーパワー史(627)日本の安保法制―現在と150年前の「富国強兵」政策とを比較するー「憲法で国は守れるのか」×「軍事、経済両面で実力を培わねば国は守れない」(ビスマルクの忠告)

   日本リーダーパワー史(627) 日本の安保法制―現在と150年前の「富国強 …

no image
記事再録/百歳学入門(66)<世界一の伝説の長寿者は!?> スコッチの銘酒『オールド・パー』のレッテルに残され たトーマス・パー(152歳9ヵ月)」

2013年1月14日/百歳学入門(66)   「<世界一の伝説の長寿者 …

no image
日本リーダーパワー史(148)『(資料)明治・大正の政治はどのような実態だったかー長州閥を打倒せよ』(永井柳太郎)

日本リーダーパワー史(148) 『明治・大正の政治はどのような実態だったのか』( …

no image
百歳健康超人たちの長生き生活訓―天海(108歳)・平櫛田中(107歳)・三浦敬三(101歳)・三島海雲(96歳)

百歳学入門(32) 百歳健康超人たちの長生き生活訓― 天海(108歳)・平櫛田中 …

no image
日本、世界の最先端技術『見える化』チャンネル-●「目からウロコの日本農業革命論』★『vegetalia・小池聡社長の「IT農業、日本の農業革命」●『大前研一の特別講義「農協リビルド・胃袋省設置・自給率切捨で進める農業改革」●『「他国のマネでは成功しない。脱”兼業”・脱”コメ”で進める日本の農業改革」』●『「搾乳から花市場まで。世界の農業シェアを握るオランダの戦略」』

日本、世界の最先端技術『見える化』チャンネル   『次世代農業EXPO …

no image
日本リーダーパワー史(521)『「明治の国家参謀・杉山茂丸に学ぶ」⑤そのスピーチ力・プレゼン力」はどこから生まれたか。

    日本リーダーパワー史(521) &nbsp …