前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(112)「日本開国の父・福沢諭吉」寿命の長さ【長寿】ですべて良しとせず、平生の心身の働きを大にして、寿量(生涯の質量)を多くせよ。

      2015/08/17

          知的巨人たちの百歳学(112)

「日本開国の父・福沢諭吉(66)の寿量学」

 人生はただ寿命の長さをもってすべて良いとすべきにものにあらず。平生その心身の働きを大にして、寿量を多くする覚悟が肝要なり。

前坂 俊之(ジャーナリスト)

田舎士族の流儀

福 沢 諭 吉

私はもともと田舎士族(田舎侍)で、少年の時から粗衣粗食、それで結構、病気一つしないで丈夫で育ってきた。ところが、文明開化の風潮につれ、東京に居住して当世風の衛生をやかましくいわれ出したら、田舎者だった体の方が驚いてしまい、風邪をひいたり、熟を出したり、病気がちになった。

それに、かたわらから医者がうるさく口を出す、その命令におとなしく従っていたら、いわば病気におもねる結果ともなって、体は弱り、病気はいっそうツケ上がる。

そこで私は、田舎流の生活がいちばんとばかり、万事昔風-非開化風-に改めてしまって、みんなに笑われたりいぶかられたりだった。

ただ、食物ばかりは西洋風をまねて、好きな物、栄養のある物をうんと摂った。あとはすっかり昔の田舎士族にかえり、米つき、まきわりその他、一切の力仕事に精を出して運動代りにした。おかげで、次第にもとの健康体になって、金もかからず、愉快な毎日を送り迎えている。

寿量

およそ生を好み、死をいとうのは、人間普通の情にして、老少・貴践・貧富の身分にかかわらず、いやしくも、尋常の心身を具えている者にして、寿命の長からんことをこいねがわざる者なし。

しかれども、如何せん、天然の命数には限りありて、人力の及ぶところにあらず。されば、到底求むべからざる延命の術に恋々たらんよりも、寿命の長短は第2の考えにして、もっぱらその量(はたらき)を多くする一方に心がけんことを勧告するものなり一。

即ち常に心身を労して多くの事を為す人と、生涯無事を祈りて安閑に月日を送る人とを比すれば、労する人は生命の大なる人、換言すれば寿命の量の多き人というべし。

西洋学者の言に、人の生命に長さもあれば、また幅も、厚さもありという。この意味において、人生はただ寿命の長さをもってすべて良いとすべきにものにあらず。平生その心身の働きを大にして、寿量を多くする覚悟が肝要なり。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(653)「政治とメディアの生み出す「老人翼賛体制」—膨張する「行政国家」と無力化する国会」●「日本劣化は避けられるか?—「人口減少社会」の誤解と真のリスク」ほか6本

 日本メルダウン脱出法(653) ◎◎◎「政治とメディアの生み出す「老人翼賛体制 …

no image
知的巨人の百歳学(149)-失明を克服し世界一の『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした漢学者/諸橋徹次(99歳)

『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした諸橋徹次(99歳) 諸橋轍次(もろ …

no image
知的巨人の百歳学(106)ー農業経済学者・近藤康男(106歳)ー70才の人生の節目を越えて、以後40冊以上の超人的な研究力

睡眠健康法の農業経済学者・近藤康男(106歳)ー70才の人生の節目を越えて、以後 …

no image
知的巨人たちの百歳学(168)記事再録/『ロケットの父・糸川英夫(86)の『加齢創造学』ー人間の能力は6,70歳がピークだよ

    2012/04/11 &nbsp …

no image
知的巨人たちの百歳学(171)記事再録/長寿逆転突破力を磨け/「100周年を迎えたシャープは存亡の危機にたつー創業者・早川徳次(86歳)の逆境・逆転・成功人生に帰れ「ピンチの後はチャンスが来る」

      2012/08/30&nbs …

no image
百歳学入門(⑭)<日本超高齢社会>の過去④・・<日本の天才長寿脳はだれなのか・・>・

百歳学入門(14)  <日本超高齢社会>の過去とは④・・・ &nbsp …

no image
知的巨人たちの百歳学(170)記事再録/元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

    2016/07/10 /百歳学入門(151 …

no image
日本メルダウン脱出法(652)「中国主導銀」参加見送りに野党は「外交の完全敗北」「拉致問題、北方領土、ISIL…諜報機関が国益を守る」など

    日本メルダウン脱出法(652) 〇<中国主導銀>参加見送りに野党批判「外 …

default
TOKYO/東京ーサクラ名所めぐり② 千鳥ヶ淵のサクラは満開(4/4)ー皇居を背景に絢爛豪華なお花見散歩💮『『外国人観光客で人気沸騰だよ!』

TOKYO/東京ーサクラの名所めぐり② 千鳥ヶ淵のサクラは満開(4/4)ー皇居を …

no image
日本リーダーパワー史(816)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉛『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力➂』★『早期開戦論に反対した伊藤博文元老、山本権兵衛海相』★『伊藤は、世界に対して大義名分が必要、戦を好まない日本帝国が、万止むを得ずして自衛の手段に訴え、余儀なく戦争に立ち上がらされたことを示さなければならん』

日本リーダーパワー史(816)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した …