前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(140)A級戦犯・徳富蘇峰は「支那事変(日中戦争)は世界戦史上、最も愚劣な戦争」と指摘、敗戦の原因は「リーダーの不在」「他民族を理解する能力の欠如」「教養のない日本人」など挙げる

   

 終戦70年・日本敗戦史(140)

<世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月24日  前坂俊之 

◎『太平洋戦争と新聞報道を考える』

<日本はなぜ無謀な戦争をしたのか、

どこに問題があったのか、

500年の世界戦争史の中で考える>⑱

A級戦犯・徳富蘇峰は「支那事変(日中戦争)は世界戦史上、最も愚劣な戦争」と指摘、敗戦の原因については

①リーダーの不在、明治のリーダーや英米の指導者比較しても圧倒的に小物ばかりだった。

②日本は東亜民族を指導する資格、能力がなかった。

③他民族を理解する能力に欠けていた。

④形式的、独善的な官学教育(東大)が日本を亡国にした

「日本人に教養がなかったこと

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

A級戦犯の「大本言論報国会会長」・徳富蘇峰は「支那事変(日中戦争世界戦史上、最も愚劣な戦争」こき下ろす

①支那事変(日中戦争)は蘆溝橋事件の1発から、ただ鹿の後を追っかけ追い廻わし、へトへトになった挙句が大東亜戦争となった。何のために戦うたか、なぜ戦うのか。国民自身も、誰れ一人これを知る者はなかった。当局者も、ただ支那人が抵抗するために、戦ったという以外に、大義名分はなく、いわば戦争をするために、戦争をしたという外なかった

②日本の兵站線が、釜山に始まり、鴨緑江を渡り、満洲を経て長城に入り、遂に支那を東西に横断し、大東亜聖戦の開始の際には、支那の国境を超えてベトナム、タイ、シンガポール、マレー半島まで拡大した。広き支那に、多き支那人を、追い回しても、10年はおろか、100年を経ても、支那が滅亡しないことは、その五千年の歴史が、これを証明している。

③5年間、日本軍が支那内地を占領したが、一人の支那人も、心服させたことはない。ただ、国民党政府、蒋介石の政権を作り上げるために、御奉公をしたに過ぎなかった。

『徳富蘇峰終戦後日記』より

 

A戦犯・徳富蘇峰のなぜ日本は敗れたかその原因①

①東條英機ら軍人、近衛文麿ら政治家、指導者に人物が欠乏したこと。
明治の伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、児玉源太郎ら指導者と比べても10分の1から百分の1以下の器、能力しかなかった。

②また米英中ソの首脳者、指導者とくらべてあまりに器が違いすぎた。

③<日本は東亜民族を指導する資格、能力がなかった>

④わが大和民族が、東亜の盟主たる役割を果すには余りにお粗末で、東亜民族の指導者たる資格がなかった。台湾統治50年、朝鮮統治40年の歳月に疫病を駆逐し、産業を起こすなどでは幾つか成功したが、人については、一大失敗をした。

朝鮮が、日本の手を離れる時に、朝鮮人の誰一人として涙を流す者はなかった。それが今度は、支那大陸よりアジア大陸、太平洋諸島の人心を収攬するなぞは初めから無理であった。

55A級戦犯・徳富蘇峰の『なぜ日本は敗れたか』原因

日本人の本質的欠陥は異民族を理解できず、自分の気持ちを押し売りすること今も同じ=異文化コミュニケーションの失敗、無理解)

①日本人は、異民族や自己以外の者の心理状態を、洞察するには、ほとんど無能力で相手の気持はさっぱり判からず、自分の気持を押売する傾向がある。台湾や朝鮮で失敗したのもこの欠陥。今度の戦争ではいっそう露骨に、無軌道に、乱暴に行われた。

そのために、同じアジアの黄色人種ながら、日本人より白人を慕う結果をきたした。日本人は野蛮人でもなければ、悪人でもない。しかし相手構わず、己れの欲するところを、他に施して相手方の迷惑を招き、やがては怨みを招いた。

教養の欠乏である

わが大和民族は、世界の隅っこにおける田舎者であって、世界の風が、どこを吹いているかわからず。国民的教養という水準は極めて低調。この戦争で、いわゆる捕虜虐待事件なども、別に日本人が残酷であったというではない。ただ田舎者が、田舎流儀を、無遠慮に振り回わして、世界の物笑いとなった

形式的、独善的な官学教育(東大)が日本を亡国にした

①日本軍の略奪、暴行、虐殺などの事実は兵の素質の低下と、教育の欠陥が存在する。教育そのものが間違っており、教育によって、日本は亡ぼされたと言っても過言でない。

②わが官学教育は、形式的、独善的な教育であった。自分の知っている事を最善と思い、自分のなすことを最上と思い、相手が何者であるかには一切無頓着であった。(過去の方法を踏襲し、記憶するだけで、応用問題や、問題解決能力は全くなかった)。

③軍事ばかりでなく、一般の政務も同じで日本の政治が官学の法学士政治であって、その以外に活動する事を知らない結果、一切の政治は、全く机上における文書政治となって、書類さえ物を言えば事実はどうでもよいという事になった。

泰平無事の時には、形式的で、人よがりの独善流でも、何とかくやっていけるが、一旦緩急あれば、なすところを知らず、茫然自失に至った。

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(978)ー「米中貿易5G戦争勃発」★『五四運動から100年目、文化大革命(1989年4月)から30年目の節目の年。その五四運動百周年記念日の数日後に米中関税交渉が決裂したことは、「歴史の偶然なのか、必然なのか」気になる!?』

「米中貿易5G戦争勃発」 米中関税交渉はついに決裂し5月13日、米国は第4弾の追 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(107)/ ☆『小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南の魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

    2017/03/08 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(5)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』―末広鉄腸の『インテリジェンス』① < 各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識の競争であります>

  2015/11/23  日本リーダー …

no image
日本リーダーパワー史(388)「最強のリーダーシップ・児玉源太郎伝(9)『全責任を自己一身に帰し、一身を国家に捧げる決意」

 日本リーダーパワー史(388)   「日本のナポレオン」・児玉源太郎伝(9) …

no image
日本リーダーパワー史(637) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(30) 『川上参謀総長のリーダーシップと人事抜擢の要諦』日露戦争前、田中義一をロシアに派遣,徹底調査を命じた(1)

日本リーダーパワー史(637) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(30)   …

234
『オンライン講座/よくわかる尖閣問題の歴史基礎知識』★『日中、台湾、沖縄(琉球)の領土紛争の底にある『中華思想』と台湾出兵との関係、交渉は・・・』

    2012/09/26 &nbsp …

no image
★10人気リクエスト記事再録/日本リーダーパワー史(869)『真珠湾攻撃から70年―山本五十六のリーダーシップ』ーー最もよく知る最後の海軍大将・井上成美が語る「秘話」ー

リーダーパワー史(869) 2011/09/27執筆<日本リーダーパワー史(19 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(137)再録/-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>➀『大英帝国への植民地主義への道』★『ロシアの大膨張主義が日露戦争の原因』

     2015/08/13『世田谷市 …

no image
イラク人道復興支援活動現地における取材に関する申し合わせ

1 2004、3,11 イラク復興支援にあたる自衛隊の現地取材について、日本新聞 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1076)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑥』★『石油輸出に上限=北朝鮮制裁決議を採択―米譲歩、中ロ容認・国連安保理』●『アングル:高まる非核三原則見直し論、米軍の核持ち込みで抑止維持』★『 日本で広がる核武装論…「安倍第1次内閣で米国と議論」』★『「日本、10年以内に核武装の可能性」』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1076 …