前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(71)『トマト王』のカゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の長寿健康・経営10訓 ②

      2018/02/17

 百歳学入門(71

日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」

・カゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の

長寿健康・経営10  

前坂 俊之

(ジャーナリスト)

名言➂「日本一 前後かわらぬ トマトかな」その理念は『正直、感謝、
共存共栄、漸進主義』、

 

 彼の好んで描いたのは富士山の横に朝日の昇る真紅なトマトがある絵で、このような俳句や「正直」の2文字を添え書きしており、蟹江の性格と経営哲学が示されていた。トマトには表裏のない。即ち人にも表裏なく正直であれとの意味。富士山は日本一であり、表裏のない「正直」さで、日本一をめざすという意味にもとれる。

明治40年、庭に約200平方メートルの工場を作り、手作業、家内工業的なソースとケチャップの生産をはじめ、その間にグリーピ一躍注目を浴び、知多郡内で蟹江をまねたトマト加工業者が一挙に五十人にもふくれ上がり、やがて生産過剰となり、明治末期の不況で大半がつぶれてしまった。

蟹江は農産加工業は生産者、加工業者、販売者の「共存共栄」がなければ繁栄できないと考えて生産農家の組織化、生産、供給体制のシステム化に取組み、トマト栽培から、その加工、販路開拓と一歩一歩前進する漸進主義で経営に当たった。明治末の不況では銀行からの初めて借金して何とかしのいだ。

 

 

名言④徳川家康の遺訓『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し』
を経営理念にする。

 

大正2年、最大の支援者だった義父・甚之助が朗歳で亡くなり、一太郎は1人でトマト事業を成功させる決意を固め、それまでの同族企業から近代経営に脱皮を図った。翌年、カゴメ株式会社の前身である資本金三千円の「愛知トマト製造合資会社」を設立。この時、隣村の素封家・早川三郎が資金提供して協力し、この徳川家康の遺訓を送った。一太郎は胸に刻み込んだ。

 

  人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し。いそぐべからず。

  不自由を常とおもへば 不足なし。

  心に望み起らば 困窮したる時を思ひ出すべし。

  堪忍は無事長久のもと、怒は敵とおもへ。

  勝事ばかり知て負る事を知らざれば 害その身に至る。

  己を責めて人をせめるな。及ばざること過たるにまされり。 

1914(大正3年)、第一次世界大戦が勃発はヨーロッパの交戦諸国からあらゆる物資の注文が舞い込み、一大好景気にわき、生活や食事の洋風化が進み、トマトケチャップやソースの需要も大きく伸びた。

大正八年(一九一九)春、蟹江はチャンスとばかり田畑や家屋敷などを担保に銀行から借金して、上野村大字荒尾村で2200平方mを造成、400平方mの工場を建設した。トマトの加工では最も重要な工程の自動裏漉しの技術にも成功し大正十年(一九二一)、その機械を備えた近代的設備の工場を稼働させ、トマト業界のトップに立った。

その後、契約栽培農家の組織化、トマトの集荷・輸送、代金の精算などに関する業務のシステムも整備し、農産物の生産、流通面の改善、合理化が強力に推進した。

 

ケチャップは昭和五年ごろ、全国の生産高が年間1千トンに達し、昭和10年の平均は二千百トン余でほぼ倍増した。しかし、その後、時代は戦争への道を進み、経済は政府の統制下に置かれ、生活用品は不急不要品としトマトケチャップ、ソースは苦境に立たされた。カゴメの本格的発展は戦後を待たねばならなかった。

名言⑤―「まず勇気を持って挑戦し、退屈せずに継続せよ」

 

名言⑥―商売(あきない)とは飽(あき)ないなり』

蟹江は郷土の偉人で儒学者の細井平洲を尊敬していた。その細井の「いつまでも同じ事を退屈せず、勤め行うことなり」「勇にあらずして何をもって行なわんや」(何をやるにしてもまず勇気が必要である)の教えを守り、トマト事業に勇気を持って挑戦し、わき眼もふらず一歩一歩着実に、カタツムリのごとく工夫と努力を重ねて、遠い道を。そこに成功の秘訣があったのである。

  昭和208月終戦、一太郎はすでに70歳を迎えていたが、事業に対する情熱は一向に衰えていなかった。戦後、日本人の食生活はいちだんと洋風化され、トマトケチャップはその代名詞となった。飛ぶように売れてトマトジュースは、健康食品のチャンピオンとなった。

 二十三年(1948年)には戦前の水準をこえ、三十二年に1万トンの大台にのり、三十八年には3万トンを突破、48年位は5、5万トンに達しカゴメはその七〇%のシェアーを握り王座に君臨した。戦前は発祥の地の東海市荒尾町の上野工場だけだったのが、全国各地に8カ所の工場を造った。

                                                                           つづく

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(85) 日本最大の英雄・西郷隆盛の最強のリーダーシップとは・・』(上)

日本リーダーパワー史(85) 日本最大の英雄・西郷隆盛の最強のリーダーシップとは …

no image
速報(61)『日本のメルトダウン』★動画座談会『原発と政治』をズバリ斬るー3人のジャーナリスト対談(6月2日)』

速報(61)『日本のメルトダウン』   ★動画座談会『原発と政治』をズ …

no image
高杉晋吾レポート⑦日本の原発建設は住民の命を「いけにえ」に、企業の利益を守る立場で出発②

高杉晋吾レポート⑦ 日本の原発建設は住民の命を「いけにえ」に、 企業の利益を守る …

no image
百歳学入門(171)-『生死一如ー 鈴木大拙師(96歳)を偲んで』★『敢えて、今日から明日へ、来年また来年と、将来に希望をかけることが私の九十三歳の健康法だ』●『特別に健康のことを考えて暮らすわけではないが、わしは過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる。あれをしなくてはならぬ、これをしなくてはならぬとな』

 百歳学入門(171)-生死一如   鈴木大拙師(96歳)を偲んでー敢えて、 今 …

Yamagata_Aritomo
日本リーダーパワー史(701)日中韓150年史の真実(7)<ロシアの侵略防止のために、山県有朋首相は『国家独立の道は、一つは主権線(日本領土)を守ること、もう一つは利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説した。

日本リーダーパワー史(701) 日中韓150年史の真実(7) 「福沢諭吉の「西欧 …

Shigeru_Yoshida_suit
日本リーダーパワー史(680) 『日本国憲法公布70年』 『吉田首相のリーダーシップと憲法論と神学論争』吉田が偉大なリアリストであり国際政治経済への「先見の明」があったことは確かだ

日本リーダーパワー史(680) 『日本国憲法公布70年』 『吉田首相のリーダーシ …

no image
日本リーダーパワー史(252)明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」を実行した大久保利通の最期の遺言①

日本リーダーパワー史(252)     明治日本の国家戦略「 …

no image
★<人気リクエスト記事再録 2009/02/10>昭和戦後最大の冤罪事件の真犯人が語る『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』(サンデー毎日1977年9月4日掲載>

  2009/02/10   <サンデー毎日1977年9月4日掲載> 『全告白・ …

no image
  日本リーダーパワー史(751)ー歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日本人、日本史はわからない』●『 真田丸で人気の真田幸村や徳川家康よりも、世界史で最高に評価された 空前絶後の名将は「児玉源太郎」なのである。』『世界史の中の『日露戦争』ー <まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(751) 『歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日 …

no image
日本リーダーパワー史(350)◎国難最強のリーダーシップ・勝海舟に学ぶ(11) すべて金が土台じゃ、借金するな』

日本リーダーパワー史(350) (総選挙公示―徳川幕府の末期症状と国難現在を比較 …