前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊵』「過去への謝罪にうんざりな日本」(WSJ)ーまだ隠忍自重が必要だ』

   

  

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊵』

 

◎「過去への謝罪にうんざりな日本」WSJの記事)

 

―「グッドルーザー」であることを止めるには中韓を始め、国際的な理解と受容
がなければ成り立たず、今はまだ時期尚早である。外交努力には、単純な
一次方程式では無く、微分、積分の読解力が必要である。

それにつけても、勝海舟の「戦争の傷跡が癒えるには

100年を要する」の言葉が思い出される。まだまだ日本の

隠忍自重が必要の様だ

 

 

◎「過去への謝罪にうんざりな日本


http://jp.wsj.com/article/SB100014240527023042041045
79378190435424698.html?dsk=y

 

 「 要約とコメント 」

 

  このWSJの記事は、国家主義者 安倍首相に対する国際的な非難と糾弾の背景、根

  拠そして安倍氏が是正すべき点について客観的な外国人目線で分かりやす

  く解説しています。要点の整理とコメントです。

 

 (コメント)

 

   1.  この記事は無記名である事が残念であるが、国民そして安倍氏を始めとした主要 閣僚が「戦後レジームからの    脱却」を目指し、これを実現する為に原点に戻って

     押さえておくべき要点を指摘している。

 

   2.  「グッドルーザー」であることを止めるには中韓を始め、国際的な理解と受容がなければ成り立たず、今はまだ時期尚早である。外交努力には、単純な一次方程式では無く、微分、積分の読解力が必要である。

     それにつけても、勝海舟の「戦争の傷跡が癒えるには100年を要する」云々の言葉が思い出される。まだまだ日本の隠忍自重が必要の様だ。

 

   3.  日本の選択は、「台頭するこの地域の覇権主義国、中国を平和裏に牽制する力になることが主たる役割であり、これを過去の戦時のイメージを一新して創造的に実現する」ことである。富国強兵、強権主義的手法のみでは逆効果であり、創造的な外交力を要

     する。新たな発想が求められている。

 

     

   4.  CFR研究員の指摘「我々が問題視しているのは、安倍氏がどういう人物で、彼の戦略的目標が何であるのか良く        分からないことだ。安倍氏は、自分に力があることは分かっている。しかし彼にどのようなシナリオがあるのかどう        か、分からない」と。

 

     これは安倍氏は、ゴールに如何に接近するか、勝利に至る道筋を考えずに、布石という考え方の欠如した、その       場しのぎの思いつきを実行しているのではないかと、疑い痛罵するものである。

 

    「戦後レジームの脱却」には能動的で細心かつ多面的な外交努力が必須であり、自分勝手な都合のみでは逆効果で       さえある。現在の中韓との断絶は、戦略の無さを露呈し、喜劇的とさえ言える。

 

 

(記事の要点)

 

  1. 「日本は今次敗戦を明確に認め、謝罪して恭順の意、悔恨の情を示す

    温和な敗者「グッド・ルーザー」の役割を演じ続け、一級の戦勝国に

    対して二級敗戦国の地位に戦後今日まで甘んじて来たが、これにもう

    飽き飽きしている」

 

   「安倍氏は、日本国民が『いつまで謙虚に謹慎し続けなければいけないの

    か』という、いわば敗者の汚名をもう終了させたいという要請に乗り、こ

    れをうまく利用している」「 これが国民の愛国気分を高揚させる効

    果をもたらしている」

 

    * 侵略の歴史の否定や村山談話、河野談話の修正発言がこれである。

     韓国との慰安婦問題の矮小化も含まれる。

 

  2.  「近隣諸国、中でも中韓は、日本がアジアで2000万人弱、中国だけ

    でも1000万〜1500万人の犠牲者を出した戦時中の残虐行為につ

    いて、十分な謝罪が全くなされていないと声高に非難している」

 

    「近隣諸国は日本が永久に謝罪し続けることを広く期待している」

 

    * A級戦犯を合祀する靖国神社への、安倍氏の参拝はこの心情を逆撫で

     する。

 

  3. 「 安倍氏がナショナリストである事は疑いない。『戦争放棄』を謳う憲

    法改正への取り組み、長年減額を続けていた防衛費の増額修正、対外援助

    の増額を伴う派手な外交行脚と政治的プレゼンス強化の動き、集団的自衛

    権の法制化の動き等々を通じて、安倍氏は日本の過去に対する誇りと将来

    に対する自信を回復出来るとする」

 

  4. 「 昨年12月の安倍首相靖国参拝問題は、慰安婦問題で再燃した韓国の反日

    感情に加えて、中韓両国の共同した反日運動にガソリンを撒く結果となった。

    『これは、台頭するこの地域の覇権国、中国を平和裏に牽制する力になるこ

    とを日本の新たな役割とすることで、過去の戦時のイメージを一新するとい

    う本来の課題について、その解決を極めてやり難いものに変えている。』

 

  5.  「安倍氏自身、『戦後レジームからの脱却』という表現で、『グッド・ルー

    ザー』という日本の地位に終止符を打つと宣言している。しかし安倍氏の政

    策課題は、それを実行するにあたり、『日本の歴史上の罪の大きさ故に、これ

    以上、少しでも申し訳ないという敗者の姿勢から離れると、東アジア地域に

    計り知れない不安をもたらすことになる』

 

  6. 「 米国は、安倍氏の憲法改正の方針や自衛の為により多くの責任を持つ事は

    歓迎しているが、安倍首相がナショナリズムを振りかざして、近隣諸国を苛立

    たせ、どこに行こうとしているのかが分からず、不安を抱いている」

 

    「米国の外交問題評議会(CFR 超党派組織)の日本担当上級研究員のシーラ・

    スミス氏は言う、『我々が問題視しているのは、安倍氏がどういう人物で、彼

    の戦略的目標が何であるのか良く分からないことだ』と、そして『安倍氏は、

    自分に力があることを分かっている。だが、彼にシナリオがあるのかどうか、

    分からない』」

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』③―「1903(明治36)年1月3日 付『英タイムズ』『満州とロシア鉄道』(上)『日本外交の失敗は三国干渉を受諾した際、三国は返還した遼東半島をその後占領しない旨の一札をとっておれば,その後の東アジアの戦争は起きなかったであろう』●『このため、3年もたたないうちに,ロシアは日本を追い出して満州を軍事占領した。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』③   1903(明治36 …

113718263554a5e8be57c669.19971778701099590
『リーダーシップの日本近現代史』(157)再録/『日本一『見事な引き際・伊庭貞剛の晩晴学②『「事業の進歩発達を最も害するものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈である。老人は少壮者の邪魔をしないことが一番必要である」』

    2010/10/25 &nbsp …

no image
日本メルトダウン脱出法(767)「米英の分断に成功し、英国を絡め取った習近平/人民元の国際化を英国が後押し、日本円はさらに厳しい立場に」●「原発の被害と恩恵、世界の専門家はこう考える ベラルーシで開催された原子力被害の勉強会から」

  日本メルトダウン脱出法(767) 「米英の分断に成功し、英国を絡め取った習近 …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 &nb …

no image
日本メルトダウン脱出法(697)『コラム:日本の平和主義後退の「暗い影」『コラム:なぜ米国は中国軍を「訓練」するのか』

    日本メルトダウン脱出法(697)   コラム:日本の平和主義後 …

no image
世界最先端技術『見える化』チャンネルー大前研一の特別講義「狭い日本はクオリティ型農業で勝負せよ」●『 AI革命で日本株は復活する(藤田勉) 日本戦略総研社長』●『世界的にまだ新しい手法「コ・クリエイション」の5つの原則』●『日産の可変圧縮比エンジンは100年に1度の大発明!? そのすごさを理解する』

大前研一の特別講義「狭い日本はクオリティ型農業で勝負せよ」 http://jbp

no image
速報(188)●『マリア・ファンデルフーフェン IEA事務局長会見』』『北澤宏一・福島原発事故独立検証委員長の会見』など

速報(188)『日本のメルトダウン』   ●『マリア・ファンデルフーフ …

no image
日本リーダーパワー史(944)「日中平和友好条約締結40周年を迎えて、日中関係150年の歴史を振り返る」★「辛亥革命百年ー中国革命の生みの親・孫文を純粋に助けた宮崎滔天、犬養毅、頭山満らの熱血支援』

日本リーダーパワー史(944) 日中平和友好条約締結40周年の祝賀記念行事が各地 …

no image
日本のメルトダウン(535)「ダボス会議の若手ボードメンバーが語る「本当は強い日本の“未来”」「東シナ海の戦争を避ける方法(英FT紙)

   日本のメルトダウン(535)  & …

815OrWcimiL.SR160,240_BG243,243,243 (1)
『リーダーシップの日本近現代史』(318)★『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ㉑ [ 日清戦争は明治天皇は反対だったが、川上操六、陸奥宗光の戦争であった」★「 戦争は避けることばかりを考えているとますます不利になる」(マッキャベリ)★『「チャンスは刻々と過ぎて行く、だから「兵は拙速を尊び、リーダーは速断を尊ぶ」(孫子)』

    2015/12/22 /日本リーダーパワー …