前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(181)』市川海老蔵さんの妻・乳がん会見に感動!(動画30分)『歌舞伎界の世嗣ぎの成功例」一方、「二世、三世のオンパレードの政界・永田町C級田舎芝居に日本沈没が見える」「安倍、舛添の作文(セリフ)棒読みの会見と比べてみると天地の差!。

      2016/06/14

 

F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(181)』

『ウソいつわりのない、真摯で、ていねいな説明」-

市川海老蔵さんの妻・乳がん会見に感動!

『歌舞伎界の世嗣ぎの成功例」一方、「二世、三世の

オンパレードの政界・永田町C級田舎芝居

に日本沈没が見える」

「安倍、舛添の作文(セリフ)棒読みの会見と比べて

みると天地の差!。

市川海老蔵さんが会見 妻・小林麻央さんは「乳がん」(201669日)

海老蔵さん会見、妻の麻央さんは乳がん「比較的深刻」:朝日新聞デジタル (件名なし) http://www.asahi.com/articles/ASJ69544XJ69UCVL00S.html

<F氏のコメント>

小生もミーハーになって、海老蔵の記者会見を聞いておりました。

結婚、団十郎の死を経験してきた事もあると思いますが、マスコミへの要請、病状の説明、海老蔵と妻の心境の吐露、闘病中の夫婦の会話、

母親のいない子供達の挙措動作の説明、今後の闘病方針そして記者団の緊張をほぐすユーモアなどなど実に率直で自制の効いた感動的な会見では?と思いました。

本題ですが、政界も二世のオンパレードです。

歌舞伎界の世嗣ぎが父、祖父に劣らず大成していく実例を目にするに付け、政界では何故「出藍の誉れ、鳶が鷹を生む」様な事例が少ないのでしょうか?

海老蔵は、このまま行けば今は亡き団十郎に劣らない歌舞伎界の重鎮を襲うのでは?と十分に期待を抱かせるものでした。(褒めすぎかもしれませんが) 若くしてかなりの人間力を身につけてきている印象です。

幼少時からの立ち居振る舞い、生活態度、毎日の芸事稽古、師匠としての父親や血縁者の密着指導など、日々の累積が一流役者を形成していくと思われます。

政治家の世襲には全く反対ですが、二世、三世では一流の政治家の育成に悉く失敗している訳で、悪い状態を放置しておく事は許されません、政界にはこの点を大いに学んで貰いたい所です。

経済界では、大手では、人材本位のセンバツを厳しくしている所為もありますが、トヨタなどはうまくやっている方です。創業家と一般従業員のいいとこ取りをしています。

海老蔵が艱難辛苦を乗り越えて、人間力を身に付けている、一方 政界は、経済界は?どうなんだろう?と感じた次第です。   http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ69544

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(91)日露戦争でサハリン攻撃を主張した長岡外史・児玉源太郎,「ないない参謀本部」のリーダーシップの実態

日本リーダーパワー史(91) 日露戦争でサハリン攻撃を主張した長岡外史・児玉源太 …

no image
日本リーダーパワー史(809)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉔『対ロ外交が望みないと判定されれば、一日でも早く開戦に踏み切る方が有利であり、シべリヤ鉄道完成以前に勝負を決することが唯一の対ロ陸軍作戦勝利の道である」

 日本リーダーパワー史(809)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
『百歳学入門』(166)『大成功した人たちが毎朝7:30前にしている7つのこと』★『 1日に3時間超の公演を次々こなす97歳、金子兜太の力の源泉』●『【書評】残酷な延命治療で「死なせてもらえない」高齢者たち』●『「もういい歳だから」が口癖の人ほど、どんどん老け込んでいく訳』●『目が死んでいる、早期リタイアした人々。その意外なデメリットは』●『10人に1人が100歳以上、イタリア「長寿村」の秘密 研究』●『ピンピンコロリの長野県、長寿日本一の秘密』●『なぜ、世界共通で「男性よりも女性の方が長生き」なのか?』

  『百歳学入門』(166)   大成功した人たちが毎朝7:30前にし …

no image
日本リーダーパワー史(195)『真珠湾攻撃から70年―山本五十六のリーダーシップ』ー海軍大将・井上成美が語るー

日本リーダーパワー史(195)   『真珠湾攻撃から70年―山本五十六 …

no image
明治政治裏面史を散歩ー『明治維新150年、「日本の永田町宴会政治」 のルーツは料亭<横浜富貴楼>のお倉

  明治政治裏面史を散歩する   明治維新150年 …

no image
福沢諭吉の「韓国独立支援」はなぜ逆恨みされたのか⑦ー「井上角五郎伝」による甲申事変の真相、脱亜論への転換これで起きた

  「日本開国の父」『アジア開国の父』の福沢諭吉 の義侠心からの「韓国 …

no image
日本リーダーパワー史(921)-『メディアと権力の戦い』★『『ジャーナリストはいいたいことではなく、言わねばならむことをいうことだ(桐生悠々)』★『豊かな時代の権力・リーダーの愚行は笑い話ですむが、国難の際の愚行は国を滅ぼす』(スミス『国富論』)★『汝、君主たるすべを知らざれば君主になるべからず』(バルザック)』

2010年1月29日の記事再録/ 日本リーダーパワー史(35) ➀リーダーへの苦 …

no image
日本リーダーパワー史(791)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス➈』●『明治36年4月、日露戦争開戦9ヵ月前にロシア・クロパトキン陸相が日本を敵前視察に乗り込んできた』★『クロパトキンの「日本陸軍秘密研究書」による日本軍の欠点『西欧的機関を表面的しか理解していない、無能な老将校が存在し、部隊長の決断が遅く変化に対応できない』

 日本リーダーパワー史(790)ー 「国難日本史の歴史復習問題」 ★「日清、日露 …

4444
『東京モーターショー2017』-『トヨタ車体の宅配業者の働きやすいコンセプトカー』★『ISUZUのブースの出展車両ズラリ』★『ISUZUのデザインコンセプトカー「FD-SV」』

日本最先端技術『見える化』チャンネル  「第45回 東京モーターショー2017」 …

no image
新刊『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人のプロフェッショナル』(片野勧著)

新刊 『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人のプロフェッシ …