前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑦「仏ル・タン」<明治40年7月21日付> 論評「韓国皇帝の退位」

      2015/09/02

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など

外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑦

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など

外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑦

「仏ル・タン」(1907(明治40)年7月21日付>

の論評「韓国皇帝の退位

韓国皇帝がこのほど退位した後を継ぐのはその息子だ。実際にはこれで日本の保護統治が確固たるものになった。天皇の政府はすぐにも純然たる併合にまで突き進むのだろうか。それについてはなんとも言えない。

ただ確かなことは,併合にまで至らなくとも,日本がこの「静かな朝」の国の絶対的かつ独占的な支配者となったことだ。

危機打開がこのような結果になったのは,もともと朝鮮の使節団がハーグに赴き,ここでの会議に出席を要請したことにある。この使節団が朝鮮皇帝李熙の親書を携えて行ったことは十分にあり得ることだ。だが,ここでの李熙はユーゴーやヴィニーの小説に描かれたルイ13世を彷彿とさせる。彼は陰謀をたくらんだことがあった。

ところが陰謀が発覚すると,気絶したふりをし,共謀者を密告することで難局を乗り切るのだ。まさしく韓国皇帝も,日本のソゥル統監伊藤侯爵に,ハーグに使節を送ったのはさしたる目的があったわけではないと答えた。

だがこれで抗議の矛先を収めるような伊藤侯爵ではない。

これは反逆行為に相当する陰謀であり・断じてけりをつけるべきだと言った。水曜日には,日本の外務大臣である林子爵が朝鮮に赴いた。木曜には,日本の言いなりに動く朝鮮の大臣たちが辞職した。

これと同じ日,首相が皇帝に対して.取返しのつかない不幸な事態を回避する唯一の手段は皇帝自ら退位して天皇に謝罪することだと奏上した李熙はまるまる1日抵抗を見せた後で譲歩しあえて言うなら,その権力を息子に譲った。

これまでの情報によると,混乱は一切起こっていない。朝鮮はこの事件をいつものように受身の姿勢で受け止めている。

1903年の危機以来.朝鮮人は無関心の伝統を墨守してか,何事もなされるがままにやり過ごしてきた。ここで思い出されるのは,1904年末に朝鮮のパリ公使との間で行われた会談である。

この不運な外交官の楽観的態度は,1か月もたたないうちに不安の

色がありありと浮かんでくるわけだが,それをあえて次のように言うところがいたたまれなかった。

「日本人との関係にしろ,ロシア人との関係にしろ,わが国の独立を脅かすようなものではありません。この独立は20年以上も前に列強がわが国との間で条約を結んで認めたものです。わが国のかつての宗主国である中国にしても,1895年にこの独立を認めたのです。

これが脅かされているというのですか。違うでしょう。併合や保護統治など問題になりません。わが国の政府の自治権は尊重されています」。

そしてその数週間後,日本の大砲が済物浦にとどろいた。ソウルは占領された。韓国皇帝は日本の役人が操る傀儡に過ぎなくなった。

そしてポーツマス条約が締結され,名目的には朝鮮の独立は保証されたが,実際は日本の手にゆだねられてしまった。

これは日本人にとって今回の戦争の最も貴重な成果の1つだった。この成果を活用することを日本人が他国に妨げさせるわけがなかろう。

カリフォルニアでの事件が事態を一層加速させたということはあり得る。日本にとって.はけ口はなくてはならないものだ。

日本の民衆は移住の地を必要としている。ハワイやフィリピン,そして合衆国本土でこの移民の動きが勢いを増しているのは当然のことだ。

アメリカでこの動きを抑制する法律が支配的になっていることが,日本政府に人口増大のはけ口を朝鮮や満州に向けさせる決断を促したことは確実だろう。

すでに戦前から,朝鮮の対日貿易は全貿易量の4分の3を占めていた。当時,ソウルのフランス公使コラン・ド・プランシー氏は次のように語っていた。「日本人は,皇帝の寵愛を求めて宮廷に群がる大臣や高官を少しずつ取り込んでいった。このような取巻きを支持したり,そそのかしたり,また守ってやったりしたことはたいそう見事だった。日本人は彼らに一目置いたばかりでなく,彼らに期待もかけたのだ」

現在,朝鮮に入植した日本人の数は40万以上と推定されている。そして毎日のように数多くの新たな入植者が生まれている。日本がこのような動きの妨げになるような抵抗運動や画策をなくしてしまおうとするのには十分な理由があるのだ。

敗者に鞭打つようなことはしたくはないが,皇帝李熙が姿を消した今.44年間に及ぶその無気力な,朝鮮にとっては災厄とも言える無能な治世を思うと口をつぐんではいられなくなる。

このお粗末な皇帝は何も理解せず,何も学ばず,何もしなかった。彼は,中国,日本,ロシアへと次々に仕え次々に裏切っていっただけだ。自発性も力も意欲もなく,自分の国を外国に明け渡した。彼が調印したさまざまな条約はその従属の軌跡を物語っている。

貪しくも優しい朝鮮よ。この国をよく知っているある旅行者はこう言った。だが,こんな君主を頂けば,その運命はあらかじめ定まっていたようなものだ。

フランス人の目から見れば、ここ一連のできごとは驚くべきことでも不安にかられるべきことでもない。日本が最終的かつ完全に朝鮮を掌握することは,先の戦争以来,目に見えていた。

フランスは.1907年の条約締結以来,それを明白に受け入れてきたのだ。皇帝が別の皇帝に譲位しようと,保護統治が別のものに変わろうと,あるいは併合がなされようと,われわれの知ったことではない。

わが国の商社や企業に自由が与えられることを除けば,朝鮮に期待することは何もない。ところでこの通商の自由は,わが国と日本との間で結ばれた先の協定によって保証されたのだ。したがって李熙の災難についてはなんら関心が持てないのだ。

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報「日本のメルトダウン」(513)◎「アベノミクスが失望に終わる理由(英FT紙)●「中国と世界、そして日本」

   速報「日本のメルトダウン」(513) ◎「アベノミクス …

no image
 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑥1902(明治35)年2月19日『ノース.チヤイナ・ヘラルド」『日英同盟の内幕』●『西太后が信頼した外国は①米国②日本➂英国で『日本は血縁関係の帝国同士で、 中国に対する友情をもって決して外れたことはない』★『袁世凱とその同僚の総督たちは日本派で日英同盟を 結ぶようイギリスに働きかけた。』

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑥   …

no image
日本株式会社、このまま国債を発行し続ければ国家倒産の赤ランプー米投資誌が警告

  日本株式会社、このまま国債を発行し続ければ国家倒産の赤ランプー米投 …

no image
『世界サッカー戦国史』⑦『ベルギー戦・西野ジャパンは2-3で惜敗するも大健闘!』★『グローバル化する世界で多民族国家がほとんどの中で唯一の「ガラパゴス・ジャパン」(ほぼ単一民民族国家日本)の永遠の課題がこの試合でよく見えた』

W杯サッカー、西野ジャパンの惜敗するも大健闘!   予選敗退確実とみら …

no image
日本リーダーパワー史(853)ー『来年(2018年)には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリング」で核抑止するかーギリギリの選択を迫られる 』(上)

  『来年(2018年)には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリン …

no image
●リクエスト再録記事『日本インテリジェンスの父』『日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ

日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信 …

hatayama06
日本リーダーパワー史(647)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(40)<国難『三国干渉』(1895年(明治28)に碩学はどう対応したか、 三宅雪嶺、福沢諭吉、林ただすの論説、インテリジェンスから学ぶ』(1)『臥薪嘗胆論』①<三宅雪嶺〔明治28年5月15日 『日本』〕>

  日本リーダーパワー史(647) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(142)●長谷川如是閑(93歳)の悠々自適とはー「他からわずらわされない悠々自適の暮しが健康法」 ●「老人になって子供に帰ったのではなく、20歳前後から 同じ気持をもちつづけてきていて、それに帰っただけの話」

  2015/08/26/知的巨人たちの百歳学(114) 長谷川如是閑 …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『金玉均暗殺につき清韓政府の処置』 「時事新報」明治27/4/13〕』

 『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「北 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(694)(再録)-150年、日中友好、対立、戦争の歴史裏面史ー 「五百年に一人しか出ない男」ー日清貿易研究所を設立した荒尾精

日本リーダーパワー史(694) (再録)-150年、日中友好、対立、戦争の歴史裏 …