前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(63)』『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」●「セウォル号は韓国の自画像」

   

    『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(63)』

 

●『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」

至れり尽くせりのサービス

●「労働力調査(基本集計)平成26年(2014年)

1~3月期平均(速報)

●「(朝鮮日報日本語版) 旅客船沈没:「セウォル号は韓国の自画像」

 

●『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」至れり尽くせりのサービス

http://m.jp.wsj.com/articles/SB100014240527023034938045795389
82070488444?mg=reno64-wsj

<F国際ビジネスマンのコメント>

この記事も一流半以上の日本のホテルには共通していると思います。特に外国人への接客態度にはこのオモテナシ
があります。
私の現役時代は皇居前のパレスホテルを接待にしょっちゅう使っていました。
一階奥の広いラウンジバーが定席でした。瀬戸内寂聴、当時の日銀総裁も常連でした。顧客が前回食べたメニューや土産の種類も細かく覚えており、秘書の集団を抱えている様な便利さです。
送迎用の車の配車も合図一つでテキパキやってくれて、連れてきた小生の顧客も魂消る程でした。この記事は多少褒めすぎですが実態に近いと思います。

 

●「労働力調査(基本集計)平成26年(2014年)1~3月期平均(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/ft/pdf/2014_1.pdf

 

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

ご北海道の市場は狭隘で、各企業いずれもペイしないので支社支店を撤収しています。補助金頼みの体質が染み
ついています。小生も北海道は東北支店(仙台)に見させておりました。
企業家上がりを知事にして事業創造の旗を振らせないと雇用は増やせません。今の高橋知事は自治省上がり
で女性、発想が貧困です。本土との所得格差は開く一方です。農業 漁業 観光のテコ入れと新事業の捻出です。
国内企業は北海道を毛嫌いしています。
JR
北海道の不祥事、最近の爆破事件、その他多発していますが、失業率の高さと無縁ではありません。沖縄の
補助金漬けとは金額で比較になりません。

●「(朝鮮日報日本語版) 旅客船沈没:「セウォル号は韓国の自画像」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00001451-chosun-kr

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

非常事態における韓国人の言動、行動様式がこの記事の指摘通りであれば、パククネ大統領が欧米のあちこちで日本の悪口を言って回るのも頷けます。
彼女も普通の韓国人なのです。リーダーの品格に欠けるなどと言う日本的な自己抑制の規範は元々皆無と言うことです。
政財官の歴史的な超弩級の癒着構造に彼女がどれだけメスを入れられるか 見ものです。
恐らく閣僚や役人幹部は面従腹背です。
孤立無援、途中で刺されて終わりになるのでは
公私混同はやらない方が異常と言う中国人と同じなのか!

●「弱体化した欧米:米国は何のために戦うのか?」

(英エコノミスト誌 201453日号)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40616

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(566)『中国と世界:中国が求めているもの(英エコノミスト誌)「千年恨」に付き合ってはいられない– 日韓関係悪化」

    日本メルトダウン脱出法(566) &nbs …

no image
速報(434)『日本のメルトダウン』<アベノミクスは失速するとみる米『ウオール・ストリート・ジャーナル』など外紙の評論

 速報(434)『日本のメルトダウン』   <アベノミクスは …

no image
日本リーダーパワー史(302)今、ジャーナリストは戦時下の認識を持ち>原発報道と日中韓歴史認識を『国際連盟脱退』と比較する⑨

日本リーダーパワー史(302)   –3.11福島原発事故 …

no image
日本リーダーパワー史(502) 勝海舟の外交突破力④オランダ、イギリスとの紛争をアッっという間に解決した>

  日本リーダーパワー史(502)   &nbsp …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑥-『朝鮮の各国との通商こそ,国土保全の所以である(上)』(1882/12)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
速報(498)「地層処分ワーキンググループ」の杤山修氏●「汚染水処理問題研究の塚本斉氏安原正也氏の動画会見

 速報「日本のメルトダウン」(498) 国難・福島原発事故廃炉まで50 …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑫ 『日露戦争開戦―日本の奇襲はロシアに打撃』<開戦3日目>—英国『タイムズ』

 世界史の中の『日露戦争』⑫ ⑫英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイ ムズ」 …

no image
国際コミュニケーションにおける通訳の役割>日本の通訳者の第一人者・小松達也サイマル・インターナショナル顧問の会見 

<国際コミュニケーションにおける通訳の役割> 日本の通訳者の第一人者・小松達也サ …

no image
速報(143)<低線量被ばくまとめ>『低線量被ばくの人体影響:近藤誠・慶応大』『論文解題:調麻佐志・東工大准教授』ほか

  速報(143)『日本のメルトダウン』   ★<低線量被ば …

no image
日本リーダーパワー史(625) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑲『清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat Policy)の威圧デモを 繰り返し日本は震え上がる。 尖閣、南沙諸島をめぐる中国軍の行動パターンは 昔も今も変わらない。

  日本リーダーパワー史(625) 『清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat P …