前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(63)』『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」●「セウォル号は韓国の自画像」

   

    『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(63)』

 

●『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」

至れり尽くせりのサービス

●「労働力調査(基本集計)平成26年(2014年)

1~3月期平均(速報)

●「(朝鮮日報日本語版) 旅客船沈没:「セウォル号は韓国の自画像」

 

●『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」至れり尽くせりのサービス

http://m.jp.wsj.com/articles/SB100014240527023034938045795389
82070488444?mg=reno64-wsj

<F国際ビジネスマンのコメント>

この記事も一流半以上の日本のホテルには共通していると思います。特に外国人への接客態度にはこのオモテナシ
があります。
私の現役時代は皇居前のパレスホテルを接待にしょっちゅう使っていました。
一階奥の広いラウンジバーが定席でした。瀬戸内寂聴、当時の日銀総裁も常連でした。顧客が前回食べたメニューや土産の種類も細かく覚えており、秘書の集団を抱えている様な便利さです。
送迎用の車の配車も合図一つでテキパキやってくれて、連れてきた小生の顧客も魂消る程でした。この記事は多少褒めすぎですが実態に近いと思います。

 

●「労働力調査(基本集計)平成26年(2014年)1~3月期平均(速報)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/ft/pdf/2014_1.pdf

 

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

ご北海道の市場は狭隘で、各企業いずれもペイしないので支社支店を撤収しています。補助金頼みの体質が染み
ついています。小生も北海道は東北支店(仙台)に見させておりました。
企業家上がりを知事にして事業創造の旗を振らせないと雇用は増やせません。今の高橋知事は自治省上がり
で女性、発想が貧困です。本土との所得格差は開く一方です。農業 漁業 観光のテコ入れと新事業の捻出です。
国内企業は北海道を毛嫌いしています。
JR
北海道の不祥事、最近の爆破事件、その他多発していますが、失業率の高さと無縁ではありません。沖縄の
補助金漬けとは金額で比較になりません。

●「(朝鮮日報日本語版) 旅客船沈没:「セウォル号は韓国の自画像」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00001451-chosun-kr

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

非常事態における韓国人の言動、行動様式がこの記事の指摘通りであれば、パククネ大統領が欧米のあちこちで日本の悪口を言って回るのも頷けます。
彼女も普通の韓国人なのです。リーダーの品格に欠けるなどと言う日本的な自己抑制の規範は元々皆無と言うことです。
政財官の歴史的な超弩級の癒着構造に彼女がどれだけメスを入れられるか 見ものです。
恐らく閣僚や役人幹部は面従腹背です。
孤立無援、途中で刺されて終わりになるのでは
公私混同はやらない方が異常と言う中国人と同じなのか!

●「弱体化した欧米:米国は何のために戦うのか?」

(英エコノミスト誌 201453日号)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40616

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(178)『日本のメルトダウン』ー『「2号機自発的核分裂」と「JCO事故」の比較』◎『キセノン検出は再臨界の可能性 は多分ない』

速報(178)『日本のメルトダウン』 『「2号機自発的核分裂」と「JCOバケツ臨 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねる⑥ー日清戦争敗北後の中国紙『申報』1895(明治28)年2月21日付『『日本が中国と講和すべきを建議す』

2011年3月15日の記事再録中国紙『申報』が報道する『日・中・韓』戦争史 &n …

no image
 日本リーダーパワー史(785)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス②『最強の外交力で日英米の協力でロシアとの外交決戦を制する

   日本リーダーパワー史(785) 「日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

109614488554a5e95b5e1079.36568560661997738.jpg2222
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(196)』-『超高齢社会日本』のシンボル・『クリエイティブ長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学ぶ②』★『蘇峰先生の日常―78歳・壮者を凌ぐ精励ぶり』★『午後3時、いつもきまって紅茶』★『英書購読、記憶魔、博覧強記!、古書マニア、英国流のガーデニアン』

『百歳学入門(196)』 『長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学ぶ② <以下は『日 …

no image
知的巨人たちの百歳学(181)記事再録/<料理研究家・飯田深雪(103歳)の生涯現役/健康長寿法>「毎日を創造する気持ちで過ごす生活に飽きはこない」「すべては祈りによって与えられた大きな恵みです」

2015/10/13/知的巨人たちの百歳学(129)の再掲載 103歳 料理研究 …

no image
速報(452)●『米国が日本との貿易協定を支持すべき理由」●『今の日本の経営者は、しょうもなさすぎる』

 速報(452)『日本のメルトダウン』   ●『米国が日本と …

no image
速報(397)『日本のメルトダウン』『3・11から丸2年』事故1週間後から反原発ブログを立ち上げたが、その連載20回分を振り返る』①

速報(397)『日本のメルトダウン』                      …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(69)』W杯決勝戦はドイツの優勢か?日本は47位のサッカー後進国を痛感した

     『F国際ビジネスマンのワールド …

no image
 日本リーダーパワー史(831)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )③』★『ル大統領だけでなく、ヘイ外務大臣、海軍大臣とも旧知の仲』●『外交の基本―真に頼るところのものはその国の親友である』★『●内乱寸前のロシア、挙国一致の日本が勝つ』

2011年12月18日<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」 …

no image
速報(297)●『オランド勝利でさらに長期化するユーロ危機』●『肝の据わった政治家」橋下大阪市長と野田首相―』ほか

速報(297)『日本のメルトダウン』   ●『オランド勝利でさらに長期 …