前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑨ 1902(明治35)年2月24日 1902年3月26日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『朝鮮と日英同盟』ー『1000年の長い眠りをむさぼっていた朝鮮』★『朝鮮が思考や理性に従って試みることは, すべて全くの狂気にほかならない』●『今の北朝鮮の狂気の行動形式を100年前にズバリと指摘している』

      2016/12/01

 

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-

「日英同盟の影響は」⑨

 1902(明治35)3月26日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』

『朝鮮と日英同盟』ー『朝鮮は慣習に従って行うことは,

立派にやってのけるが,朝鮮が思考や理性に従って試みることは,

すべて全くの狂気にほかならない。』

平均的な朝鮮人には,英日同盟はなんの意味もないことだ。彼らは1000年の長い眠りの最後のまどろみをむさぼっており.条約,同盟,協定について全く気づかない。

耳元で大声で叫んだとしても,それらの意味を少しも理解させることはできないのだ。 なぜなら一定の枠内でのみものを考えて生きていて,その枠を越えると,全く動かなくなるのだ。

たとえ私「どのようして人間は作られたのか」と尋ねると,即座に「人間は3つの精気によって,金属,木,水,火,土から作られた」という答が返ってくる。

だが,「日本人とイギリス人は貴国に関心を持っていて,同盟を結んだ」と言ってみても,「何と言っているのか分からない」と答えて,鴨の舌は最上の「咳病」の薬だといった話をし始めるだけだ。

この東洋の忘れられた子供が眠りから目覚め,条約がどのような意味を持っものか教わることができるまでには,長い年月がかかることだろう。

この協約に対する朝鮮の公式見解は全く憂うべきものだ。まず第1に,朝鮮にはなぜ事前に一言の相談もなかったのか,いぶかしく思っている。第2に朝鮮は,この協定を朝鮮固有の利益に関する「ビジネス」を意味すると解釈している。

そして「ビジネス」,押し,活動,「ハッスル」,「どんどん行く」といった言葉はすべて朝鮮人の特に大嫌いな言葉だ。

朝鮮人はいたるところに不吉な未来が待ち構えていることを知っているが,物事がなんとかひとりでにつじつまを合わせて,最終的にはうまくいくことを期待している。だがこの同盟は.受動的な意味で生まれたのではなく,推進するための積極的な動力機として生まれたのだ。

 朝鮮の状況を理解することは,長年,この国を観察してきた者にとっても非常に難しいことだ。まして,部外者には全く理解できないに違いない。まず留意しておくべき点は,朝鮮は1000年もの間.その思想や制度がみじんも変化しなかったということだ。

このことは800年前に書かれた「三国史記」を通読すれば明らかだ。そこに描かれている朝鮮は現在の朝鮮と変わらないからだ。かくも長い間わだちが使い尽くされ道が踏み固められたため,現地人たちは,ほかに別の道があるとは思いもしない。

身を揺さぶって,「日を覚ませ,今や紀元20世紀だぞ,時が急行列車や快速汽船に乗って通り過ぎていく,並んで進まないとひかれてしまうぞ」と言ってごらんなさい。彼はそれを理解して.「ああ,そうするよ」と答えはしても,モルヒネが効き過ぎているので,落後してひかれてしまうのだ。

 

朝鮮人の考えは思考から得られるのではなく,慣習から得られる。また知性によって保持されるのではなく魂に深く根づく。したがってその考えが消えるのは,その魂がこの世を離れるときだけで,それ以前にはあり得ない。朝鮮人は今の時代にうまく適応できない。

期待してもそれは全く無理というものだ。時計を使ってときどきは定刻に現れる朝鮮人を1人知っているけれども,国民全体として言えば,時計は単に「眺める」ために付けているのであって,今の世代の朝鮮人が,9時と2時半との違いを学ぶことはあり得ない。

このように朝鮮は,これまでずっとそうだったように無意識に存在し活動している。よく眠りよく食べる。どこからどうやって手に入れるのか外国人には見当もつかないが,貧しくても飢饉に襲われても,食べていっている。 朝鮮は慣習に従って行うことは,立派にやってのけるが,朝鮮が思考や理性に従って試みることは,すべて全くの狂気にほかならない。

初めての開港で,朝鮮は茫然としてしまい,いまだに全く回復していない。政治や 教育は開港以来ずっと混乱し,しだいに悪化してきている。少年たちは以前は中国語 を学んでいたものだが,今はたばこを吸うばかりで何も学んでいない。

この国はかっては確固とした慣習に従って,統治されていた。役人はその慣習を越えたことはできなくともその枠内のことはやることができた。 人民もまた.明確に引かれた境界線内で生きていた。今や.その標識は消えうせ,記憶にしか残っていない。 これが,日英同盟が発表された時点での朝鮮の状況だ。

 

私の知る最も知的な朝鮮人の1人が訪ねてきて次のように言った。 「この協約は,われわれの破滅を決定的にするものだ」。「どうして」と私は尋ねた。 「それはわれわれを日本の支配下に置くものだからだ」

「だが日本は顧問を送って,きみたちが独り立ちできるようにし,走り方を教えてくれるでしょう」

「ええ,それは確かだが,それはわれわれの真の独立が失われるということだ」「だが,きみは,きみたちが手助けなしにやっていけると思ってるのか」「ええ,できるかもしれない,いややらねばならないと思っている」というのが彼の返事だった。

 

この友人は知的ではあるけれども,朝鮮が旧習を脱却して立ち上がり、新しい道を歩むことは,精神的にも,道徳的にも物理的にも不可能なことを実感していない。

朝鮮は最善の意志を持っているかもしれないが.それを行動に移し実施する能力は絶無なのだ。朝鮮は援助を必要としている,それも長年にわたる。

どこかに援助されなければならないのだが,この協約は,その援助が,朝鮮の利益をいちばん気にかけている人々にとり最も受け入れやすい国から来るように取り決めているのだ。

朝鮮は「面子」を失った。そしてそのことを思うと打ちひしがれてしまうと,朝鮮は考えている。朝鮮は相談を受けなかった。朝鮮は子供のように扱わなければならないからだ。朝鮮が言うことができるのはこれはこの世の終りで,あらゆるところでな非道ことが起きているということだけだ。

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(305)★『3・11国難リテラシー⑩「糸川英夫いわく」★『➀なぜ事故は起きたのか(WHY)ではなく「事故収束」「復興・再生」の「HOW TO」ばかりの大合唱で、これが第2,3の敗戦につながる』②『すべての生物は逆境の時だけに成長する』③『過去と未来をつなげるのが哲学であり、新しい科学(応用や改良ではなく基礎科学)だとすれば、 それをもたない民族には未来がない』

        2011/05/18 & …

no image
日本リーダーパワー史(690)『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の「壬午事変、天津条約」での異文化コミュニケーションギャップ、対立から日清戦争へ暴発する

日本リーダーパワー史(690) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の 「壬 …

no image
日本メルトダウン脱出法(772)「日本の放置林が宝の山に? 新建材CLTの実力」●「世界経済:果てしない物語最初は米国、次は欧州、今度は新興国に広がった債務危機」(英エコノミスト誌)」●「世界最悪の原発事故をビジネスチャンスに!」

   日本メルトダウン脱出法(772)   日本の放置林が宝の山に? …

no image
日本メルトダウン脱出法(750)「新しい的「GDP600兆円」はどこから出てきたのか?~もはや崖っぷちギリギリのアベノミクス」●「TPP大筋合意:新時代への船出ー(英エコノミスト誌2015/10/10)

  日本メルトダウン脱出法(750)   新しい的「GDP600兆円」 …

no image
月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁『小保方氏は科学者か、論理的な説明がなぜできないのか』

         2015/0 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミック研究』★『新型コロナと世界の沈没②―コロナ共存社会は数十年続く』★『コロナ感染者、世界で2000万人突破(8月15日)』★『米中対決のエスカレートは加速一方』★『大国の興亡」の歴史、覇権国の行方は?』★『『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方』』

            前坂 俊之(ジャーナリスト)  米中 …

no image
 日本リーダーパワー史(753)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」を検証する①(20回連載)」★『6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』

 日本リーダーパワー史(753)– 『日本戦争外交史の研究』 世界史の中の『日露 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(182)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 ★『政治家はすべて私心を捨てよ』(賀屋興宣の評)

    2019/09/25 &nbsp …

no image
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(176)』 2016/5『ポーランド・ワルシャワ途中下車 ~ワルシャワ中央駅周辺』②観光客誘致に地道に取組み『静かで落ち着いた街並み』②

 ★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(176)』 201 …

no image
日本リーダーパワー史(613) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑧日中韓はなぜ誤解、対立,衝突を重ねて戦争までエスカレートさせたのか

 日本リーダーパワー史(613) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑧ 『日中韓 …