前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本メルトダウン脱出法(605)【ソニー・ピクチャーズは過ち犯した=上映中止でオバマ大統領】[受精卵1615個、万能性不確認 別の発光現象を誤認?]

      2015/01/01

   日本メルトダウン脱出法(605

 


●【安倍首相の「地滑り的勝利」に隠れた真実】
(英F・T紙)

◎【ソニー・ピクチャーズは過ち犯した=上映中止でオバマ大統領】

◎【共有経済はリスクも共有しなければならない】(英F・T紙)

[受精卵1615個、万能性確認できず 別の発光現象を誤認?]

 

 

●【安倍首相の「地滑り的勝利」に隠れた真実】

20141218日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42497

 

 

↓<アメリカ合衆国憲法修正第一条(1791年成立)「表現の自由(言論・出版の自由)」である。

オバマの発言はこれに沿ったもの『北朝鮮の映画(メディア)攻撃はテロ』と認定したのだ。一方、安倍首相の総選挙時にテレビ各社の報道に切れて、各社に公正・公平の報道を呼びる威嚇行動をしたが、両者の「表現の自由」の解釈は180度異なることがわかる。

これではオバマ・アベの思想摩擦、思想対立は来年の「終戦70年」に再び火花を散ることだろう。>↓

◎【ソニー・ピクチャーズは過ち犯した=上映中止でオバマ大統領】

http://jp.wsj.com/news/articles/SB11501383225136704765104580347961944610710?mod=WSJJP_hpp_RIGHTTopStoriesThird

 

 

 

◎「われわれは降参したのではない」ソニー最高幹部、オバマ氏の公開中止批判に反論

http://www.sankei.com/world/news/141220/wor1412200050-n1.html

 

 

 

◎【共有経済はリスクも共有しなければならない】

20141218日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42498

 

 

<約1年前のSTAP細胞のウソ論文の発表、「200回作りました」と大見得をきった小保方会見を見た瞬間に、これは「虚言」「論文偽造」とすぐ分かったが、日本を代表するといわれる科学者集団?の『理研』は1年も延々再実験に費やして、「このうやむや幕引き」、小保方は会見せずにこっそり退職させるの無責任組織のお粗末劇に終わった。>↓

 

[受精卵1615個、万能性確認できず 別の発光現象を誤認?]

http://www.sankei.com/life/news/141219/lif1412190046-n1.html

 

 

 

<↓このニュースも日本お粗末サーカー協会のミスを即座に訂正できず、先延ばしをして墓穴をより深く掘る連続オウンゴールの大負けパターーンを繰り返している↓>、

 

●『釜本氏、日本協会を大批判…自分なら
「アギーレ監督辞めてもらう」

http://www.sanspo.com/soccer/news/20141220/jpn14122005030001-n1.html

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本の最先端技術『見える化』チャンネル-★再録『働き方改革EXPO(2008 /7/11、東京ビッグサイト)』でのプレゼンベスト5」★『富士ソフトブースでの「日本マイクロソフトが行った働き方改革」の実践。』

 2018/07/21日本の最先端技術『見える化』チャンネル再録 &n …

no image
梁山泊座談会『若者よ、田舎へ帰ろう!「3・11」1周年――日本はいかなる道を進むべきか』②『日本主義』2012年春号

  《日比谷梁山泊座談会第1弾》 超元気雑誌『日本主義』2012年春号 …

no image
<ヨーロッパ3国の面白ミステリーとは⑥●「ドイツの『ベルリンの壁』の崩壊」「イタリア男の流儀」「スウェーデン妖精の国」

< ヨーロッパ3国の―面白・ミステリーとは>・・⑥   ●「 …

no image
 池田龍夫のマスコミ時評(12)大詰めの「沖縄返還密約文書開示訴訟」91歳の吉野・元アメリカ局長の証言

 池田龍夫のマスコミ時評(12) 大詰めの「沖縄返還密約文書開示訴訟」 91歳の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(271)★『日本敗戦(1945/8/15)の日、斬殺された森近衛師団長の遺言<なぜ日本は敗れたのかー日本降伏の原因>★『日本陸軍(日本の国家システム中枢/最大/最強の中央官僚制度の欠陥)の発足から滅亡までを 日露戦争まで遡って考えないと敗戦の原因は見えない』★『この日本軍の宿病ともいうべき近代合理的精神の欠如、秘密隠ぺい主義、敗因の研究をしない体質はその後の日本の官僚制度、政治制度、国民、政治家、官僚も払拭できず、現在の日本沈没に至っている』

  2010/02/10 /日本リーダーパワー史( …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(155)』『とうとうホンハイの傘下入り。世界市場の有為転変に眼を瞑り、過去の成功体験に浸り続けると地獄が待っているという典型です』●『英紙が報じた「アベノミクスの末期症状」ステルス増税が日本にとどめを刺す』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(155)』  焦点:シャ …

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『ノルマントン事件の領事裁判権の弊害ー英国人船長、外国人船員26人は救難ボートで助かり、日本人乗客25人は溺死した』

 『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』 ―『治外法権の国辱的な条約 …

51RP95qKN7L._SX337_BO1,204,203,200_
『リーダーシップの世界日本近現代史』(281)★『空前絶後の名将・川上操六陸軍参謀総長(27)『イギリス情報部の父』ウォルシンガムと比肩する『日本インテリジェンスの父』

2011/06/29/   日本リーダーパワー史( …

no image
日本メルダウン脱出法(659)「AIIBに関するレポート4本」「政府の「女性活躍推進」が「少子化推進」となってしまう理由」

   日本メルダウン脱出法(659)   ◎「政府の「女性活躍推進」が …

no image
日本リーダーパワー史(718)★『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行』「鍛錬を続けよ<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書)『一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書) 。「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、僕の中にはある。 これからもそれをクリアしていきたい」。

  日本リーダーパワー史(718)  『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行 …