前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報⑨『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ!15日目ーー世界はどう報道しているか

   

 

 
                           前坂 俊之(ジャーナリスト)

                      325日午後5時までの状況 

 
●3・11から2週間。予断を許さない状態と言われながら、福島原発でいったい何が起こったのか、
そのあたりの知りたい情報がマスコミからは一向に出てきません。
今回の 原発事故を昨年の『原子炉時限爆弾 大地震におびえる日本列島』 2010.8
(ダイヤモンド社)で予見した広瀬隆さんのインタビュービデオ(ユーチューブ2本)

http://www.youtube.com/watch?v=MiYz6dxfw7E
http://www.youtube.com/watch?v=ovv2__vc-Nk

を見てください。大変参考になる。

 
●『産経MNSニュース』(2011.3.24 18:42<center><font size="3"><strong>
『NYタイムズ「海水が冷却妨げる恐れ」』</strong></font></center>

「CNN」(2011.03.25 Fri posted at: 12:32 JST)
『3号機の作業難航、作業員被ばくの水 放射性濃度は通常の1万倍
「福島第一原子力発電所の3号機で被曝(ひばく)した作業員3人がふれた水の放射能濃度は通常の1万倍にあたることが経済産業省原子力安全・保安院が25日に明らかにした。
3人は24日、3号機のタービン建屋内でケーブル敷設作業中にこの水に足がふれ被曝した。作業員2人が病院に搬送された。
保安院は、高い濃度が検出されたことは3号機内の燃料が破損していることを示唆していると説明した。また、この場所の水の放射能濃度は通常、非常に低い水準にあるとした。政府当局から東京電力に対し、放射線管理の対策を改善するよう指示したと述べた」
 
(2011年3月25日12時57分  読売新聞)
「汚染水に高濃度放射性物質、核燃料破損・漏出か」
 
●『朝日』2011年3月25日9時30分)
「チェルノブイリと比較は極端」天野IAEA事務局長」
 
●『AFP』(2011年03月24日 21:01)
『繰り返された検査漏れ、問われる東電と政府の姿勢』
 
 
『科学者と原子力反対運動家らによる東京の団体、原子力資料情報室(Citizens’ Nuclear Information CenterCNIC)のフィリップ・ホワイト(Philip White)氏は、「人びとはTEPCOを信用していないし、TEPCOが真実を語るとは期待していない」と厳しく語る。「問題は、否認の文化(culture of denial)だ…こういう事態が起こりうるということの否認、日本が大震災に見舞われる可能性の否認、今回のような大規模の津波が発生しうるという考えの否認だ」

 

●「ウオール・ストリート・ジャーナル」(2011年 3月 24日  16:44 JST)

『米国での原発事故、現行の避難勧告は16キロ圏』
http://jp.wsj.com/US/node_208615

「オールドドミニオン大学のドン・ザイグラー地理学教授によると、1979年にスリーマイル島原発で部分的な炉心溶融事故(米国では最悪の原発事故)が起きた後、避難は公式には3400人の女性と子供に主眼が置かれた。しかし、40マイル圏内の約144000人も避難し、「シャドウ・エバキュエイション」と呼ばれた。」

●「ウオール・ストリート・ジャーナル」(2011 3月 24日 21:09 JST)
『米原発建設の資金調達が困難になる可能性―日本の危機で』
http://jp.wsj.com/US/Politics/node_208772
●「ウオール・ストリート・ジャーナル」(2011年 3月 25日  11:20 JST)
『裁定パネル、BPとロシア大手との北極圏石油探査事業に「待った』
http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_209173

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(5)』「ベネチアふらり、ぶらり散歩(4/19-4/28)「ベネチア・サンマルコ広場の巻➂」

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(5)』 「ベネチアふらり、ぶらり散歩(4/1 …

no image
速報(74)『日本のメルトダウン』ー動画まとめ10本『汚染除去装置が動いても課題―小出裕章』ほか

  速報(74)『日本のメルトダウン』 動画まとめ10本『汚染除去装置 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(98)』[安倍政権の検閲とメディアの自粛の負の連鎖]

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(98)』   …

no image
  日本メルトダウン( 976)『トランプショックの行方!?』●『[FT]トランプ氏が「レーガン流」から学ぶべき教訓(社説) 財政赤字の規模や中身が問題』◎『トランプ政権で「米軍の日本撤退論」は強まるー米国民にとっては「リアルな選択肢」だ!』●『マイケル・ムーア「トランプは任期4年を全うできない」』●『トランプ氏、習主席との電話会談「なし」、中国「あった」』★『  移民、貿易で強硬姿勢=トランプ次期政権の「100日計画」―オバマケア廃止再考も』★『トランプ氏勝利でも株式相場の見通しなお明るい=バフェット氏』

  日本メルトダウン( 976) —トランプショックの行方!? &n …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(147)』『アブーバクル・バグダディの「イスラム国宣言」についてーイスラム国自称カリフーを読み解くー「イスラム主義のグローバル化が進行し、民主主義、世俗主義、国民国家との戦いが これから延々と続く。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(147)』 「イスラム主義の …

no image
日本メルトダウン脱出法(748)「コラム:大筋合意のTPP、経済効果は限定的か」●[FT]クリントン氏TPP反対、信用に傷(社説)●「米海軍、南シナ海での中国の領有権主張に対抗へ 人工島の12カイリ内に軍艦派遣(FT)」

日本メルトダウン脱出法(748)   コラム:大筋合意のTPP、経済効 …

no image
日本リーダーパワー史(242)『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップ)

日本リーダーパワー史(242)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(119)/記事再録☆<日本は21世紀の新アジア・グローバル主義のリーダーをめざせ>★『 アジアが世界の中心となる今こそ,100年前に <アジア諸民族の師父と尊敬された大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう』★『亡命イスラム教徒を全面的に支援した唯一の政治家』★『藩閥、軍閥と戦い終始一貫して『産業立国論』を唱えた政治家』★『最大の功績は中国革命の父・孫文を宮崎滔天を中国に派遣して日本に亡命させ匿い全面支援した、いわば中国革命を実現したゴッドファーザーこそ犬養木堂なのだ』

     2015/01/21日本リーダーパワー史 …

116857739354a5e745e15a75.56198146610148938
『リーダーシップの日本近現代史』(312)★『コロナパニック/国難リテラシーの養い方③』★『約百年前の関東大震災で示した<大日立>の創業者・小平浪平のリーダーシップ』★『他人の不幸による漁夫の利をしめるな』★『発明は技術者の命である』

     2011/04/07 &nbs …

no image
片野勧の衝撃レポート(47)太平洋戦争とフクシマ⑳『なぜ悲劇は繰り返されるのかー 福島県退職女性教職員の人々(上)

   片野勧の衝撃レポート(47)太平洋戦争とフクシマ⑳ & …