前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(62)『日本のメルトダウン』★『原発と政治の責任、メディアは意見を表明せよ』ー

   

速報(62)『日本のメルトダウン』
 
『原発と政治の責任、メディアは意見を表明せよ』ー
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
●『反射鏡:裁判所は原発と向き合ってきたか=論説委員・伊藤正志』
毎日新聞 2011年6月5日 東京朝刊
(国際ビジネスマンのコメント)「裁判所を含めて、日本の司法全体が原発問題にどう対処してきたか、はこの際総括しておくべき重要課題の一つと思いますが、如何?科学的真実と進歩、歴史的事実と真実を脇に置いて、時の権力、政府に屈従していると国家存亡の危機に陥ることが、福一問題で明確に実証された訳ですから、ここでも司法ー東大の権力亡者を穴倉から引っ張り出さなければいけません。この所、毎日は、先の浜岡と云い、いい線が増えていますね。」
 
●『この国の政治はなぜかくも劣化したのか――被災地無視の菅内閣不信任騒動で極まった「選良」たちの厚顔無恥と議員内閣制の制度疲労』
ダイヤモンドオンライン『第17回】 2011年6月6日
 
原 英次郎 [ジャーナリスト/ダイヤモンド・オンライン客員論説委員]
 
●「【社説】小沢主導の政界再編への期待」
『ウオール・ストリート。ジャーナル』2011年 6月 3日  11:46 JST
「またぞろ、根拠のない小沢リーダパワー待望論だが、これこそ各新聞の政治部記者のなれの果ての視野狭窄的な典型的社説。WSJも大体レベルは高いが、こんな間抜けな社説も時々ある。

日本の政治リーダーの不在、リーダーシップのある政治家が育たないのは日本のメディア、とくに政治部記者に見識のある記者がいないことである。西欧では格付け機関があり各分野の企業、選手の実力チェックの点数制をきびしく行っているが、日本の新聞、テレビ、メディアの政治報道は相変わらず芸能人、甘やかし人気報道、ご用聞きジャーナリストのノリである。世論調査でメディアによって揺れ動く世論よりも、メディアはいい悪い、正しい、間違っているとの自分の判断をはっきり表明すべきである。

それによって報道の責任、見通しの誤りの責任がより明確になる。今回の『日本のメルトダウン』は『自然災害』「原発人為災害」『政治災害』『メディア災害』の複合脱線である。

小沢の何度も救援に失敗した敗戦投手に期待するチョウチン記事を書いても、既に読者の方が事実をよく知っている。

官を引きずりおろして、前原がなったにしても、自民党の連中が大連立しても状況はもっと悪化するのみ。太平洋戦争の敗戦過程をみるとまたまた同じは敗戦のパターンに入った。この難局をばん回できる突破力のある政治家は残念ながら誰もいないことが日本敗戦[死に至る病」なのである」
 
 
●「足柄のお茶はなぜ汚染されたか関東平野の放射能汚染状況――福島原発震災 
チェルノブイリの教訓(8)」

第176回】 2011年6月6日 坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
 
●『放射線測定や被ばく対策をキンバリー・キアフォット ミシガン大学教授に聞く』( 2011.5.31)
 
Dr. Kimberlee Kearfott, Professor, University of Michigan
放射線測定や被ばく放射線量評価を専門とするキアフォット教授が福島第一原発事故について語り、放射線の安全性や測定、人体への影響について日本政府が各国の専門家を集め。独立した国際パネルをただちに発足させるよう求めた。」

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(878)『太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異常なし』●『オピニオン:消費増税・投資減税はなぜ必要か=ジョルゲンソン教授』●『コラム:新たな景気対策と追加緩和は必要か=岩下真理氏』●『金正恩第1書記は父より攻撃的、不安定化を懸念=米軍高官』●『次世代リーダーは、なぜ「哲学」に注目するのか?』

 日本メルトダウン脱出法(878) 太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異 …

no image
書評/河田宏著「第一次世界大戦と水野広徳」三一書房(1996)★『中野正剛と水野広徳を論議させたところはまるで「三酔人経綸問答」』

書評「図書新聞」(1996年6月15日)掲載 河田宏「第一次世界大戦と水野広徳」 …

no image
速報(286)『世界初の内部被曝研究会が発足、総会を開催ー肥田舜太郎氏『内部被曝の真実』『『澤田昭二氏の講演』①

速報(286)『日本のメルトダウン』 ●『世界で初めての内部被曝研究会が発足、総 …

no image
★『リーダーシップの日本近現代史』(74)記事再録/「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか⑤」★『1902年2月19日付『ノース・チヤイナ・ヘラルド』『 日英同盟の成立ー『日本は地理的位置の問題を除けば,完全に西洋の国家であるということができる』

    2016/12/01/「日本の歴史をかえた …

no image
NHK歴史大河ドラマのつまらなさー 福沢諭吉が語る「サムライの真実とは・・・」(旧藩事情)①

   NHK歴史大河ドラマを見ると歴史の真実はわからないー …

no image
速報(104)[海に流れでたトリチウムは雨になって戻ってくる』『寂しい日本人が求める新しい形の安らぎ』

速報(104)『日本のメルトダウン』 [海に流れでたトリチウムは雨になって戻って …

no image
速報(262)★3・11から1年ー『孤立無援の中で警鐘を鳴らした河野太郎の危機のリーダーシップ

速報(262)『日本のメルトダウン』   <日本の政治家の中で、唯一、 …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(78)★『原発と国家―封印された核の真実⑫(1985~88) 』-チェルノブイリ原発事故30年(上)

 片野勧の衝撃レポート(78)★ 原発と国家―封印された核の真実⑫(1985~8 …

no image
『リーダーシップ必見の日本最先端技術「見える化」動画』(272)★「海上大型風力発電こそ原発、火力発電に替わるの日本の再生エネルギのフロンティア』★『日立造船の「バージ型基礎構造物による次世代浮体式洋上風力発電システムー国家戦略で取り組め」

  国際風力発電展2019(2/27)ー日立造船の環境・漁業と共存でき …

111
百歳学入門(109)医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰でも100歳まで生きられる

百歳学入門(109) 医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰で …