前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

辛亥革命(1911年10月10日)百周年―日中関係逆転歴史資料②『社説一孫文氏を迎ふ』(毎日新聞)

   

 
辛亥革命(19111010日)から百周年―
逆転した今後の日中関係を考える基本歴史情報②
 
 
『社説一孫文氏を迎ふ』(毎日新聞社説)
 
 〔大正2年2月14日・東京日日(現・毎日)〕
 
 孫文氏は、昨秋本邦に来遊する筈なりしも、健康の勝れざるものありしため、一旦これを中止したりしが、今回愈その素志を遂ぐることに決し、去る十一日上海を発し長崎、下関、神戸等の各地を経、今夕を以て将に入京せんとす。
 
去る明治二十七八年旧清国の我国と干戈を交へて敗退し、その綱紀の弛廃せること世上に暴露せらるるや、孫氏は、俄然起って清朝の転覆を唱道し、清朝を転覆して革命を行ふにあらずんば、四億の民庶をして塗炭の苦みより救ふ能はずとなせり、こうして孫氏は、去る明治二十九年初めて興中会なる秘密結社を広東に設立し、民族民権主義を標榜して陰に同志を糾合し、先づ広東省域に於いて事を拳げんとせしも、発覚して遂に成らざりき。
 
其後湖南の唐才常氏と通謀し、去る明治三十三年団匪事変の際、各国連合軍の北京に侵入したるの幾に乗じ、湖南、広東相呼応して再び革命の旗を翻せしも、復遂に失敗に終れり。
 
然れども孫氏の堅忍不抜なる意気は、一再の失敗によりて坐折するものにあらず。氏は爾来ますます革命の必要を叫ぶこと急にして、或は言論により、或は出版物によりてにわかにに革命思想を鼓吹せり。時恰も支那において、新学勃興の気運昂まり来り、為に各地の風気頓に一変し、年少気鋭の士は皆競うて新学の研究に従事すると共に、亦国事に奔走するを以て共栄となすの風を生じ、革命主義に趨くもの日に益多きを加ふるに至れり。
 
加え、孫氏は東洋各地は勿論、欧米諸国をも歴遊して同志の糾合に力め、殆ど席温まるの遥なかりしなり。此如くにして革命思想は全く漢人間に滴渡し尽し、革命党をして満州政府の一敵国たるに至らしめ、以て遂に革命の大業を成就せしめたり。中華民国をして今日
あるに至らしめたるものは、両より孫文氏一人の力にあらずと雛も、而も清朝の顛夜を第」に唱道したるものは、即ち孫氏なれば、氏は民国の首勲者たると共に、創設者と称すべし。
 
此故に甫京政府の設立せらるるや、氏は衆望を負ぅて直に仮大総統に挙げられたり。然るに氏が当時の挙措進退につき、世上兎角の批評を試みたるものありしも此の如きは畢尭当時の事情と、氏の境遇を知らざりしの致すところにして、固より根拠ある言説にはあらざりしなり。吾輩また氏の当時の境遇上、その進退の事情己むを得ざるものとして、同情を禁ずる能はざるなり。
 
而して其後孫氏が民国の鉄道政策、幣制並に軍制改革の 「救亡二大政策しなるものを北京政府に建言したるに対し、世上また其建言の余りに理想的にして実際的にあらず、民智の程度低く、且対内対外の関係復雑ぜる中華民国においては、到底行はるるの意見に非ず
となすものあり。その意見中には、或は実行の容易ならざる点も走れあらん。然れども吾輩は単に之を架空の意見なりとして、一概に排斥し去ることに同意する能はず。
 
乃ち鉄道問題といひ、幣制問題といひ、又軍制問題といひ共に民国に於て最も急務とする所。固より右三間題の厳草を断行せんことは至難の業なりと難も、両も何れも早晩実行せざるべからざるの事に属す.只其の言辞の梢壮逸に失せるの嫌ひなしとせざるを以て、往々人をして誇張の言に過ぎざるを想はしむるも、克く之を岨嘱する時は、一として民国の時弊救治の美音たらざるはなきなり。
 
孫文氏今回の来遊を以て、民国承認の運動を試みんがためなりと揺摩するものあれども、コハ単に臆測に過ぎず。孫氏来遊の目的は、旧交を温むると同時に、我国の産業を視察せんとするに在り。我国は之に対し既に出来得る丈けの便宜を計らんとしつつあるは勿論、氏が民国の首勲者たり、且創設者たるに対しても、亦相当の敬意を衰せんとす。
 
然るに民国においては、近来往々各地に排日の声あるを聞く。是れ耳より思慮ある人士によりて唱道せらるる勉にあらざらんも、両も此の如きは日支両国の関係を良好に導く所以にあらず。吾輩は孫氏が我朝野の士と会して十分意思の疏通を計り、断る無益にして有害なる誤解を一掃するに努め、以て両国将来のために資する所あらん事を望む

 - 現代史研究 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(198)『政治家のスピーチ力を比較する―憲政の神様・犬養毅と小沢一郎のお粗末さ』

日本リーダーパワー史(198)   『政治家のスピーチ力を比較する― …

no image
速報(273)『アメリカ軍の机上演習ではイスラエルによるイラン攻撃の危険性を凝視している(ニューヨークタイムズ)3/19』

速報(273)『日本のメルトダウン』   ◎『『U.S.War Gam …

no image
★新連載<片野 勧の戦後史レポート>②「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)②『婦人参政権の獲得 ■『金のかからない理想選挙』『吉沢久子27歳の空襲日記』『戦争ほど人を不幸にするものはない』 (市川房枝、吉沢久子、秋枝蕭子の証言)

「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)② 片野 勧(フリージャーナリスト) …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑾」ー 『ペリー黒船来航情報に対応できず、徳川幕府崩壊へ』★『「オランダからの来航予告にまともに対応せず、 猜疑心と怯惰のために,あたら時間を無駄 にすごした」(勝海舟)』

 (ペリー黒船来航情報に対応できず、徳川幕府崩壊へ 「オランダからの来航予告にま …

no image
世界リーダーパワー史(940)ー注目される「米中間選挙」(11/6)と「トランプ大統領弾劾訴追」はどうなるのか、世界がかたずをのんで見守る(上)

注目の「米中間選挙」(11/6)と「トランプ大統領弾劾訴追」はどうなる(上)   …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(79)記事再録/ ★『日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機』★『近衛文麿首相は「戦争は私には自信がない。自信のある人にやってもらいたい」と発言。東條は「(中国からの)撤兵は絶対にしない」と答え、「人間、たまには清水の舞台から目をつむって飛び降りることも必要だ」と優柔不断な近衛首相を皮肉った。

  2004年5月 /「別冊歴史読本89号』に掲載 近衛文麿首相は「戦 …

no image
日本メルトダウン脱出法(630)●『津波後の日本:遅々として進まない復興(英エコノミスト誌)『原発停止という巨大な「不良債権」

  日本メルトダウン脱出法(630) ●『津波後の日本:遅々として進ま …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(124)』「日本の過去最大の会計スキャンダルの東芝問題」を外紙はどう論評したか

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(124)』 「 …

no image
日本リーダーパワー史(406)『安倍首相は東京オリンピック誘致で最強のスピーチ力を発揮せよ」(2日後に迫る)

  日本リーダーパワー史(406) 『安倍首相はオリンピック …

no image
日本メルトダウン(920)『南シナ海に迫る「キューバ危機」、試される安保法制 』●『出口が見えない中国との関係 、互いに非難し合うのは愚かな言動 柯 隆』●『仲裁裁判がまく南シナ海の火種』●『中国は戦前の日本と同じ過ちを犯し自滅に向かっている』●『南シナ海の洋上で中国製の原発計画が進行中 19年までに運転開始へ』

  日本メルトダウン(920) 12日に南シナ海問題で国際裁定へ 南シナ海に迫る …