前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(63)『日本のメルトダウン』★『放射線放出はチェルノブイリ5分の1』『日本政治には衆院選2回必要」(ヴォーゲル教授)』

   

速報(63)『日本のメルトダウン』
 
『放射線放出はチェルノブイリ5分の1(広島原爆100個分)に訂正日本政治が良くなるには衆院選2回必要」(ヴォーゲル教授)

                                                              前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●『菅首相に石を投げつけても何も変わらない。日本の政治が良くなるには衆院選が2回必要だ」スティーヴン・ヴォーゲル カリフォルニア大学バークレー校教授に聞く 』
ダイヤモンド・オンライン【第61回】 201167
 
●『1号機の圧力容器、地震5時間後に破損 保安院解析』
朝日2011年6月6日22時7分
国際ビジネスマンのコメント「1)やはり放出量を、保安院は、37から77万テラベクレルへと昨日訂正発表しました。安全委員会も既報の63万テラベクレルを、恐らく近々修正するのでは? 出鱈目委員長の事ですから。
増加方向で。チェルノブイリは、ご承知の様に520万テラベクレルですので、これまで、福一を50万テラベクレルとおいて、1/10とした様ですが、 これで2/10に近づいていきます。
今ひとつ、この放出量の内、風で海上に吹き流されたのはどの位か?と言う事、これの精度を追う必要があります。SPEEDIの図からは、40%位かな?という感じで、武田邦彦氏がいう僥倖でした。

2) このニュース、保安院の出し方、圧力容器の損傷は今となっては、だからどうなの?と言う程度ニュースバリューです。 放出量の修正の方が、累積線量との関係など、ズッコケル程の大問題です。三紙共、線量修正を軽く扱っています。保安院のペースです。
 3)長期の人命に関わる問題、税金で食べてる人達の軽いタッチが本当に癪に触ります。 責任を教えていない」

 

●『放射線放出量は約20倍福島はチェルノブイリを超えている!』佐藤優インタビュー
佐藤優 緊急インタビュー 第2回

●『汚染水の処理に2~3カ月かかる 仏アレバ社幹部』
 
CNN衝撃動画『Video Inside the exclusion zon
『福島の立入禁止区域』
 
Photographer Athit Perawongmetha documents the ghost town left behind by the nuclear crisis in Japan. What he found was a "time stop."
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本のメルトダウン(532) 「ニューエコノミーを目指す中国の奮闘」(英FT紙)◎「アメリカで叫ばれ始めた「台湾放棄論」―

 日本のメルトダウン(532)     ◎「荒れる …

no image
速報(338)良心の 原子力科学者・小出裕章氏のラジオ番組(MBS)『たね蒔きジャーナル』が打ち切りのピンチ

速報(338) 『日本のメルトダウン』     福島原発事故 …

no image
日本リーダーパワー史(215)<『英タイムズ』などが報道した「坂の上の雲」②ー日本の勝利に驚愕した世界

  日本リーダーパワー史(215) <『英タイムズ』が報道した「坂の上 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(958)『ファーウェイ幹部逮捕で本格化、米国の対中防諜戦米国と諜報活動協定を結ぶ国が増加中』★『 AIの軍事利用で世界最先端を進み始めた中国』★『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー』

世界/日本リーダーパワー史(958) 『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー …

no image
日本メルトダウンの脱出法(551)「3つの要素」のバランスで姿を変え行く世界」「女王陛下を人質にした中国「成り上がり外交」

  日本メルトダウンの脱出法(551)   ★<チ …

no image
日本メルトダウン脱出法(890)『舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争』●『東国原英夫氏、舛添要一知事の発言を分析 「◯◯と言えば摘発されないんですよ」●『シャープ、最大7千人の削減検討 「雇用守る」鴻海一転』●『えっ、シャープ「雇用維持」ちゃうの!? 鴻海に人員削減策 (1/3)』

  日本メルトダウン脱出法(890)   ①、舛添知事の『公私混同金銭感覚!?』 …

no image
歴史張本人の<日中歴史認識>講義」➉袁世凱顧問の坂西利八郎 が「(支那(中国)を救う道」を語る➉

日中両国民必読の歴史張本人が語る 「目からウロコの<日中歴史認識>講義」➉ &n …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/2011/04/06 日本リーダーパワー史(137)-『関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と行動力に学ぶ』★『関東大震災直撃の日本には「総理大臣はいなかった」』★『平成の大失敗/3・11で全く無能を証明した日本のリーダーたち』』

日本リーダーパワー史(137) 関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と行 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(142)再録★『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃『『感情的』か、論理的か』★『中国の漢民族中心の「中華思想」華夷秩序体制)」 ×韓国の『恨の文化』(被害妄想、自虐 と怨念の民族的な情緒)⇔日本の『恥の文化』『ガマン文化』 『和の文化』のネジレとギャップが大きすぎる』

2014/06/17  /月刊誌『公評』7月号の記事再録 中国の漢民族 …

102707
『オンライン/日本リーダーパワー史講座』★『明治維新から152年ーこの間に最高のリーダーシップを発揮した人物は一体誰でしょうか?、答えは「西郷隆盛」ではない、弟の西郷従道ですよ!ウソ、ほんとだよ』★『『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」「大馬鹿者」と(西郷隆盛は命名)『奇想天外』「貧乏徳利」(大隈重信いわく)』

 2015/01/01日本リーダーパワー史(512)記事再録 ★「フリ …