前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールドー・ウオッチ㊳』「ACミランセードルフ新監督は一斉砲撃攻撃型にチームを変える」(NTY1/21)本田は新監督とミラン立て直しに奔走」

   

 『F国際ビジネスマンのワールドー・ウオッチ㊳』

 

◎「ACミランのセードルフ新監督は、いっせい砲撃の攻撃
型にチームを作り変える」(ニューヨークタイムズ
/21

―本田は新監督と共にミラン立て直しの為に奔走」

  

http://www.nytimes.com/2014/01/22/sports/soccer/seedorf-heads-straight-into-the-coaching-fire.html

 

 

F氏のコメント」

 

1.    筆者のRob Hughes 氏は、スポーツに関する報道、放送、編集に

40年のキャリアを持つベテラン記者である。特にサッカー報道、解説、評論では、世界180カ国に愛読者を持つ著名人である。日本の「なでしこチーム」のワールドカップ優勝時、その善戦健闘ぶりに対する賞賛の筆致は語り草となっている。

 

1977年からヘラルド・トリビューン、そしてNYTに在籍中である。1974年からワールドカップ、1988年からオリンピックの報道に従事している。

 

イギリス生まれで、ロンドン・タイムズのスポーツ記者として10年、サンデイ・タイムズにも25年寄稿した。

 

彼のサッカー報道から今後も目が離せない

 

2.    ヨーロッパサッカー界におけるミランの全盛時代、それはこの

セードルフ新監督が最も活躍した現役時代と重なっている。

 

今回の新監督就任は、低迷を続けるミラン立て直しのため、ミランのDNAを最も良く体現した人物、いわば千両役者の登場の様である。

 

筆者のROB氏とセードルフは旧知の間柄の様で、核心を突いたインタビューとなっている。セードルフの現役時代の活躍は筆者の脳裏に焼き付いており、秀逸なプレーヤーとしてまた尊敬できる社会人として、筆者のセードルフを見る目は父親の様な愛情に満ちている。

 

サッカー選手としての心構え、ミランの低迷の現状とその要因、主要経営幹部との関係、主力選手の掌握、今後の見通し等々、全て新監督の口から語らせており、筆者ならではの取材力である。ミランに関するROB氏の次の密着取材が待ち望まれる。

 

3.    本田圭佑選手はプレーヤーとしての活躍が期待されるのは

当然、難題を抱えながらも飛躍を誓う新監督の意向を体し、ミラン再生の切り札の一人として、黄金時代の再構築という使命に挑戦する宿命にある様である。非常に荷が重い役割で同情を禁じ得ない。当分、本田選手の活躍、その一挙手一投足から益々目が離せない。

 

 

4 ミランのセードルフ新監督と筆者のROB氏は非常に
 親しい間柄の様です。新監督との斯様な深いやり取
 りは、他に見ておりません。

 40年のサッカーを中心としたスポーツ記者生活、
 膨大なデータベースに囲まれて記事を書いている
 様子が窺えます。訳すのも大変ですが、詩的な表現
 力に脱帽です。この人は無類のサッカー好きですね。

 本田選手も大変厄介なチームに入ったようですが、
 セードルフというハイレベルなコーチを頂く事で、
 彼のこれからの一層の飛躍が期待出来そうです。

 あのベルルスコーニがいつ登場するのか、これも
 見物ですね?余談ですが、本田選手のミラン、紫縦縞ユフォーム
 予約しました。(笑)

 

 

 

 

  2014//21   NYT    by     ROB HUGHES

“ Seedorf Heads Straight Into the Coaching Fire “

セードルフ新監督は、突撃を指導する方向にまっしぐらに向かう“)

http://www.nytimes.com/2014/01/22/sports/soccer/seedorf-heads-straight-into-the-coaching-fire.html

 

ロンドン ー クラレンス・セードルフは、今ミラノでは“ミスター”である。一週間前、彼はリオデジャネイロにいて、自らの契約を履行していた。その時、シルビオ・ベルルスコー二の一族から電話を受け、彼が以前所属していたチーム、A.C.ミランを立て直す為に “故郷”に戻って来る様に頼まれた ー それも選手としてではなく、指導する立場として。

 

セードルフの成功物語の全ては、精神による肉体的困難の克服である。明らかに彼は最高のレベルでプレーする技術を持っていた。南アメリカの元オランダ植民地、スリナムでつましい生活をスタートさせて以来、彼は明確に、アヤックス・アムステルダム、リアル・マドリード、ミラン、オランダ代表チームに所属して、最高水準の勝者であるために、いかに自らを適応させ、向上させるかを学んで来た。

 

“私は現役引退後のキャリアに備えて、精神的に長い間、準備して来た、” “ブラジルでは自分の持っているもの全てを与えたと信ずる、そこで電話がかかって来たらすぐ、この仕事を引き受ける返事をした、”と週末にかけて話してくれた。

 

セードルフはオーバーコートを選び、大胆にもミラノへ乗り込んで来た。日曜日迄には、彼は最初のメンバーラインナップを決めた。

そこには、クラブのメンバー表に載る全ての攻撃的なタレントが含まれていた、マリオ・バロテッリ、リカルド・カカ、ロビーニョ、そして新たにモスクワから来た日本のスター、本田圭佑である。

 

イタリアでは監督の名前は、“ミスター”である。そして、セードルフは監督業のトレーニング無しで、“ミスター”としてどうやって正しく歩めるのか、多くの質問が寄せられているが、彼は自分のやり方でこれをやろうとしている。

 

外国ではあることだ。ヨハン・クラフやケニー・ダルグリッシュは有名なプレイヤーが勝利を目指すマネージャーに即コンバートされた実例である。

 

しかしイタリーでは? ACミランでは、経営陣の長い権力闘争により、クラブが分裂している、何十年とクラブを経営して来たアドリアーノ・ガリアーニと、オーナーが期待を掛ける娘のバーバラ・ベルルスコー二との間である。

 

“ベルルスコー二会長は、世界のサッカー界に多大の功績を残した人である。その彼に信頼されることは名誉であり、アドリアーノ・ガリアー二副会長の信頼も得てこれも大変名誉な事と思っている、”とセードルフは言う。

 

 

 

http://www.nytimes.com/2014/01/22/sports/soccer/seedorf-heads-straight-into-the-coaching-fire.html

 

●『F国際ビジネスマンのWサッカー・ウオッチ㊲』
【ミラン本田が初アシスト、本田がどう挑むか見物です」

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2410

 

 

●「名門ミランの現状深刻 本田、今のままでは生きず 

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO65792870U4A120C1000000/

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(876)『日中韓、北朝鮮の三角関係はなぜ、かくも長く対立、反目するのか、その根源を学ぶ③』★『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず③』(尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治12年12月)★『朝鮮の独立を認め、日本を敵視せず、トルコ、ベトナム、清仏戦争の失敗に学ばねば、清国は滅亡する(尾崎の予言)』

★『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず③』 (尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑾」『高杉晋作の大胆力、突破力③』★『「およそ英雄というものは、変なき時は、非人乞食となってかくれ、変ある時に及んで、竜のごとくに振舞わねばならない」』★『自分どもは、とかく平生、つまらぬことに、何の気もなく困ったという癖がある、あれはよろしくない、いかなる難局に処しても、必ず、窮すれば通ずで、どうにかなるもんだ。困るなどということはあるものでない』

  「弱ったな、拙者は、人の師たる器ではない」   「それならいたし方ござりませ …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(925)人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い②』★『権力と戦うには組織内ジャーナリストでは不可能とさとり、フリージャーナリストとして個人誌「他山の石」(いまならSNS,ブログ)で戦った』★『言論機関は今、内務省と陸軍省の二重の監督下にある。私たちは『三猿』の世界に棲む。何事も、見まい、聞くまい、しやべるまいむ否、見てはならない。聞いてはならない。しやべってはならない「死の世界」に棲まされている』★『「言論の自由を圧迫し、国民をして何物をもいわしめない。これが非常時なのだ」』★『「畜生道に堕落した地球より去る」と 69 歳で壮絶死』

2010年1月26日  日本リーダーパワー史(34) 日本リーダーパワー史(34 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1076)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑥』★『石油輸出に上限=北朝鮮制裁決議を採択―米譲歩、中ロ容認・国連安保理』●『アングル:高まる非核三原則見直し論、米軍の核持ち込みで抑止維持』★『 日本で広がる核武装論…「安倍第1次内閣で米国と議論」』★『「日本、10年以内に核武装の可能性」』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1076 …

no image
速報(171)『日本のメルトダウン』☆『何よりダメな日本のガバナンスーオリンパス、観光庁のケーススタディー』

速報(171)『日本のメルトダウン』   ☆『何よりダメな日本のガバナ …

no image
速報(462)『日本のメルトダウン』『福島原発事故から2年半ー未だに東電任せで、国の統合作戦本部もない惨状―海洋汚染は続く

   速報(462)『日本のメルトダウン』   ● …

no image
片野勧の衝撃レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑱』 『なぜ、同じ過ちを繰り返すか』
原町空襲と原発<上>

  片野勧の衝撃レポート   太平洋戦争<戦災>と …

33333333333333
 <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨークめぐり(5月GW)④』2階建バスツアーでマンハッタンを一周(1)(タイムズスクエアから乗車し、ロウアーマンハッタンへ向かう)★★『まさしくルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」(What a Wonderful World)だね!』

      <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年 …

no image
重要記事再録/2012/09/05/日本リーダーパワー史(311)この国家非常時に最強のトップリーダー、山本五十六の不決断と勇気のなさ、失敗から学ぶ①

日本リーダーパワー史(311)この国家非常時に最強のトップリーダー、山本五十六の …

no image
日本メルトダウン脱出法(878)『太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異常なし』●『オピニオン:消費増税・投資減税はなぜ必要か=ジョルゲンソン教授』●『コラム:新たな景気対策と追加緩和は必要か=岩下真理氏』●『金正恩第1書記は父より攻撃的、不安定化を懸念=米軍高官』●『次世代リーダーは、なぜ「哲学」に注目するのか?』

 日本メルトダウン脱出法(878) 太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異 …