前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(89)「バターン死の行進」以上の「サンダカン死の行進」ー生存率は0,24% という驚くべき事件①

      2015/06/02

終戦70年・日本敗戦史(89)

「バターン死の行進」以上の「サンダカン死の行進」

約2500名のオーストラリア、イギリス軍捕虜が収容されていたが、

戦後まで生き延びたのはわずか6名でわず、生存率は0,24%

という驚くべき事件である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%AB%E3%83%B3%E6%AD%BB%E3%81%AE%E8%A1%8C%E9%80%B2

◎<安倍首相が「バターン死の行進」元米兵捕虜を夕食会に招待http://www.sankei.com/world/news/150422/wor1504220037-n1.html

米下、上院議会で演説した安倍晋三首相が4月29日にワシントン市内で開催する夕食会に、第2次大戦中、フィリピンで起きた「バターン死の行進」の生存者で元米兵捕虜のレスター・テニー氏(94)を招いていた。日本軍にひどい扱いを受けた元捕虜へ償いの意向を示すためとみられる。

安倍首相の日米同盟強化のため、歴史認識問題への対応で米国を最優先した対応ぶりである。

驚くべき「サンダカン捕虜収容所の死の行進」〔生存率0,24%)

この「バターン死の行進」はよく知られているが、「サンダカン捕虜収容所の死の行進」はほとんど知られていない。これはオーストラリアの戦争史上、最も残虐な事件、悲劇といわれる。私も今回初めて知った。

その内容の紹介は以下のブログ[平和憲法を世界へ、そして、脱原発!林 俊嶺(syasya61)]http://www15.ocn.ne.jp/~hide20/index.html#topkoumoku

からの引用、転載させていただいた。

生存率0,24%のサンダカン捕虜収容所

http://www15.ocn.ne.jp/~hide20/burogu.html

このサンダカンとは サンダカン(Sandakan)は、カリマンタン島(ボルネオ島)の北部に位置するマレーシア・サバ州の都市で、州都コタキナバルに次ぐ第二の商業都市である。戦時中は、ボルネオ島東海岸部の油田ブニュー、タラカン、サンガサンガやバリックパパンと日本を繋ぐ重要な連絡地で、このサンダカン捕虜収容所に英国軍、オーストラリア軍の捕虜たちが収容された。

サンダカン捕虜収容所には大東亜戦争開戦時から約2年後の1943(昭和18)年9月時点では約1800名のオーストラリア軍捕虜と700名のイギリス軍捕虜が収容されていたが、戦後まで生き延びたのはこのうちたった6名であった。生存率はわずか0,24%という驚くべき事件である。

あの悪名高いアンボン捕虜収容所http://opinion.nucba.ac.jp/~kamada/H19Australia/australia19-7.html

でさえ、528名の捕虜のうち123名が戦後まで生き延び、生存率は23%、過酷な強制労働で知られている泰緬(タイメン)鉄道建設工事に従事させられたオーストラリア軍捕虜は総数9500名のうち死亡者は2646名で生存率は72%という。

サンダカン捕虜収容所でいったい何があったのか。

以下の出典は「ボルネオツアー」(2015年1月8日―1月15日)資料編①サンダカン市の行進②ボルネオ捕虜収容所と台湾人捕虜監視員、計28Pのパンフレットから、転載させていただいた。

サンダカン捕虜収容所建設のいきさつ

サンダカンに軍用飛行場(航空基地)を作るために、サラワク州のクチンに本部を置くボルネオ捕虜収容所3の第一分所として1942年(昭和17年)に設置された。1942年2月15日、太平洋開戦後のシンガポール陥落後、チャンギ刑務所に抑留きれていた豪英の捕虜ら1500名が、7月にサンダカンに到着した。

それに先立ちジャワからインドネシアの民間人約6000人が運行され、飛行場建設のための使役に就いた。その後、1943年(昭和18年)3月と4月に飛行場建設のためにシンガポールからサンダカンに豪英捕虜が送られた。その内訳は3月、豪軍兵士B部隊15、00名と英軍兵士750名、4月、豪軍兵士E部隊500名、合わせて2750名。資料によって若干数字は異なるがだいたいこのような数字である。(2P)

入所した494人のオーストラリア軍第8師団の捕虜たちを前にして大阪帝国大学で教育を受け、英語はうまい大尉がこう訓示した、という。

「お前たちは帝国日本軍の捕虜だ、わしはお前たちの指揮官だ。おれの命令や部下の監視員の。命令に従えお前たちはオーストラリア軍では優秀な兵隊だろうが、これからは日本の奴隷の身だ。お前たちは飛行場の建設のためにここに連行された。まじめに働け、脱走など企てるな。そんなことをしたらジャングルで命を落とすか、銃殺されるだろう。お前たちは大日本共栄圏のために働くのだ」(1P)

サンダカン死の行進の概要と日本軍の動向

第二次大戦末期、サンダカンはマッカーサー将軍率いるアメリカ軍の激しい空襲や艦砲射撃を受けた。日本軍はダメージを受けた飛行場の修復を断念し、アメリカ軍が北ボルネオの東海岸に上陸すると判断した。

南方総司令部の作戦命令と現地第37軍団司令部の作戦計画により、北ボルネオ東部海岸で守備の任務についていた独立混成第25連隊第2大隊と独立歩兵371大隊は日本兵のクワウからサンダカン経由で内陸部のラナウまでの600キロを、またサンダカンから捕虜収容所の捕虜たちをラナウまで約260キロの移動を命じ、豪英捕虜を泥土の道なき道の密林地帯を梯団輸送するという計画を実行した。

その中で捕虜のほとんど全員と日本将兵数百名(100名から1000名と言う説もある)が餓死や、病死した。双方にとって大きな犠牲者を出した事件である。(同3P)

 死の行進の目的はなんだっだのか?

「捕虜殲滅」説があるが、それならなぜ空爆を避けるとはいえ、胸までつかるような泥土や密林のジャングルを抜ける260キロもの道を1500人近い捕虜を日本兵や監視員を付けて行進させたのか?「捕虜使役」説もある。日本軍や捕虜たちの食料や軍事物資の運搬作業に使役させた。いわばクーリエとして利用したのだろうか?生存者の一人はもう一生、米は見たくないと語った。(同4P)

つづく

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ⑪』●【オピニオン】安倍元首相に日本の再生は無理』<ウォール・ストリート・ジャーナル>

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ⑪』   <総選挙投 …

no image
速報(43)『10分ですぐ分かる』◎日本民族の生死がかかる!『浜岡原発の虚実』『必見ビデオー広河隆一が語る』

速報(43)『10分ですぐ分かる』◎日本民族の生死がかかる!『浜岡原発の虚実』 …

no image
速報(13)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!原子力安全委員長の無責任発言と『今後は神のみぞ知る』

速報(13)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める! 原子力安全委員長の …

no image
日本リーダーパワー史(226) ●<『外国新聞』が報道した「明治7年の日本政治と日本人」<日本の教育を根本的に批判>

日本リーダーパワー史(226)   <140年前に驚くべき卓見― …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(145)』 エマニュエル•トッドのグローバル・トレンド『近い将来台頭するドイツ帝国とアメリカ合衆国の衝突を極めて危惧する』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(145)』 エマニュエル …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル☆「2015国際ロボット展」(12/2ー12/5,東京ビックサイト)②KAWASAKI,FANUC,NACHI,DAIHENのロボット展示ブース

 日本の最先端技術「見える化」チャンネル ☆「2015国際ロボット展」(12/2 …

no image
日本メルトダウン脱出法(841)『安倍政権は報道を弾圧しているのかー問題は「政治的圧力」ではなくマスコミの劣化だ(池田信夫)』●『サンダースとトランプと米国人の憤怒 「アウトサイダー」への熱い期待が意味すること(英FT紙)』●『「憲法9条にノーベル平和賞」で喜ぶのは韓国 「反日」で鳴らす米国人学者も関与、政治的意図は明確だ(古森義久)』

   日本メルトダウン脱出法(841)   安倍政権は報道を弾圧してい …

no image
日本メルトダウン脱出法(689)「安倍政権の背後にいる右派団体「日本会議」のルーツー」「93%の日本人は中国が嫌い」という調査数字が中国国内に起こした波紋」

  日本メルトダウン脱出法(689)   安倍政権の背後にいる右派団体 …

no image
人気記事再録『「新聞と戦争」の日本史』<満州事変(1931年)から太平洋戦争敗戦(1945)までの戦時期の新聞>

2009/02/10  「戦争と新聞」を検証する  講演録 1995年2月15日 …

no image
日本世界史応用問題/日本リーダーパワー史(273)-『ユーロ、欧州連合(EU)の生みの親の親は明治のクーデンホーフ光子(青山光子)①』

  記事再録/2012/07/01 / 日本リーダーパワー史 …