前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『アジア3国の―最新ミステリーとは⑤「シンガポール」「マレーシア」「ベトナム」の謎々クイズだよ、答えは

   

  

アジア3国の―最新ミステリーとは・・⑤

 

●「シンガポールーアジア最強の小都市国家である」

◎「マレーシアー「マレーシアの父」のマハティールとは」

◎「ベトナムーベトナム戦争の傷跡は・・」

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

シンガポールーアジア最強の小都市国家

 

面積は東京23区と同じの小国シンガポールはマラッカ海峡の東の出口にあるマレー半島南端部の島国。人口は約400万人、東京の3分の1。

1965年、マレーシアから分離、独立して国家としてスタート、初代首相のリー・カン・ユー(1923-)の「ルックイースト」政策(日本を見習え)によって「シンガポールの奇跡」といわれる大発展をとげた。今や一人当たりGDPは日本を大きく凌駕するまでに成長し、国際競争力ランキング(世界経済フォーラム、2013年版)でも2年連続でベスト2位(日本は9位)とダントツの経済力である。

 1981年、アジア最大規模のチャンギ国際空港が建設され、空のネットワークの一大拠点となり、シンガポール港は世界最大規模のコンテナ港となった。

日本株式会社をまねて国家指導の開発独裁型の「シンガポール株式会社」で

80年代には、外資企業を積極誘致し製造業の育成、外資からの技術移転と輸出産業振興をその戦略の中心に据えた。その後は低コストの外国人労働者を受け入れ、高付加価値産業誘致へ政策転換。

90
年代以降は外資誘致から、金融自由化、FTAや物流インフラ、ハブ機能強化による国際競争力を国作りの中心として金融、情報通信、クラウド、観光などでアジアのハブを握った。

 

外国資本が東京から次々に逃げ出す中で、約7,000社の多国籍企業がシンガポールに拠点を置き、うち6割がアジア地域統括店である。

 

1990年代には、政府は国民生活の目標を『5C』<キャッシュ(現金)、クレジットカード、カー、コンドミニアム、カントリークラブ(ゴルフ会員権)に置き、現在ではこのライフスタイルをほぼ実現させたというから、金持ちがシンガポールに移り住みたいというはずである。

 

 

マレーシアー「マレーシアの父」といわれるマハティール

 

 

マレーシアの語源はサンスクリット語で「山脈のある土地」の意。マレー半島南部にあり、1957年に英国から独立、1963年に成立した。人口約2900万人6割はマレー系、3割が中国系、1割はインド系。この「マレーシアの父」といわれるのがマハティール・ビン・モハマド1925―)である。

 

マハティールはエドワード7世医科大学卒。在学中の1946年、統一マレー国民組織(UMNO)の発足に携わり政治活動を開始。81年から200310月まで22年にわたって首相を務めた。

マレー系の彼は英植民地時代に受けた差別的な扱いと日本軍人の規律正しく、勇敢な態度に敬服し、戦後の日本の奇跡的な発展をみて「親日家」となった。

1961年から来日は50回を超えマハティールは「日本人の職業倫理、仕事への完璧さ、規律正しさを見習いたい」と日本の近代化を手本とする「ルック・イースト政策」を掲げ、マレーシアの近代化に取り組んだ。

日本企業と連携した初の国産自動車プロトン・サガの開発、先進国入りを目指す中長期計画の立案、マレーシアの工業化・経済発展を推進し、農業経済から工業経済に転換し、シンガポールと並んで『東南アジアの優等生』と呼ばれている。

一九九一年、2020年には先進国に仲間入りする「ビジョン2020」を開始した。1997年のアジア通貨危機に対しては、独自の通貨政策でアセアンで唯一、危機を乗り切る見事な手腕を発揮した。

また、その後のリーマンショックなど世界経済の混乱では、英米系の投資家をきびしく批判、米国外交にもイスラム国のリーダーとして歯に衣着せぬ発言をし、日本にも「戦争責任の謝罪はする必要がない。日本は自信をもって世界の指導国になれ」とエールを送り、世界的に注目された。

 

ベトナムーベトナム戦争の傷跡は・・

  

ベトナム戦争は,1954年から75年までの間,ベトナムの南北統一を目指した共産党(当時の労働党)と南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)が,南ベトナムの親米政権を維持しようとした米国との間で戦われた民族解放戦争で、第2次世界大戦後では最大の戦争となり、米国側の完敗に終わった。

 米国側は最大五五万人の兵力を投入、北ベトナム側は三一万人の間で戦われ、使用、投下爆弾量は第二次大戦の三倍にのぼった。

その結果、膨大な犠牲者を出して米陣営が戦死者二三万人、米軍の戦死者は五万八〇〇〇人、北ベトナム・解放民族戦線側の戦死者九七万人。米軍はゲリラが潜むジャングルを破壊するため大規模な枯れ葉作戦を展開し,猛毒のダイオキシンの枯れ葉剤を散布。マングローブ林の約40%を破壊、ベトちゃん・ドクちゃんらの奇形児を数多く発生させるなど深刻な環境破壊を引き起こした。

戦争は,754月の南ベトナム政権の崩壊で終結し、翌76年に南北を統一したベトナム社会主義共和国が成立した。

世界最大の軍事大国・米国が「パクス・アメリカーナ」の絶頂期に起こした戦争でアジアの小国ベトナムに敗退した点では世界史を変えた一大事件であった。その後遺症は,「ベトナム・シンドローム」として,いまなおアメリカの対外政策や社会・文化に大きなキズ痕を残している。

一方、ベトナムでも同共産党が「ベトナム戦争の栄光」から飛躍するために1986年に「ドイモイ」(改革開放刷新政策)を打ち出して、新しい社会主義的国造りに取り組み、現在は新興国として経済的な発展を遂げている。

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<裁判員研修ノート④>『明日はわが身か、冤罪事件』ー取調べの可視化(取調べの全過程録画)はなぜ必要か

<裁判員研修ノート④>『明日はわが身か、冤罪事件』 取調べの可視化(取調べの全過 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑷』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、52-62回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学ー (まとめ記事再録)『日中韓150年戦争 …

no image
日本メルトダウン脱出法(709)歴史を浄化しながら、日本の大国化を目指す安倍首相【戦後70年】独紙「過去の処理、中韓が利用」 「英豪は歓迎、台湾・馬総統は「慰安婦」言及」

   日本メルトダウン脱出法(709)   歴史を浄化しながら、日本の …

no image
日本メルトダウン脱出法(837)『習近平氏 対日強硬論の火消し役として側近起用』●『超A級の秘密書類持つ元中国共産党幹部の弟、米政府庇護下に』●『オバマ政権最後の今年、中国は尖閣に攻撃を仕掛ける 、米元政府高官が警告「米国は日本を助けない」古森義久』●『米国で再び語られる北朝鮮の政権崩壊シナリオ(古森義久)』

   日本メルトダウン脱出法(837)    『習近平氏 対日強硬論の …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑩ 「ノース・チャイナ・ヘラルド」(明治40年7月26日付>『朝鮮の現状』

     「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併 …

no image
近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158)-『渋沢栄一(91歳)の国民平和外交を潰した関東軍の満州事変の独断暴走が、日本を破滅(戦争)の道へ陥れた。この4ヵ月後に渋沢は亡くなった』

近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158) 明治、大正、昭和で最高のトッ …

no image
日本メルトダウン( 990)–『トランプ次期米大統領の波紋』● 『[FT]世界貿易の現実に直面するトランプ氏 貿易主導、中国は力不足』★『アジア太平洋情勢:米国と中国のロマンス? (英エコノミスト誌11/19)』●『トランプ次期米政権も南シナ海の「主導権」追求へ、中国が分析』★『トランプ政権が日本に突きつける「2%」の試練』●『コラム:米国でヘイトクライム急増、トランプ氏は何をすべきか』●『迷走する原発事故の賠償・廃炉費用の負担 無責任体制を断ち切り原発を「一時国有化」せよ(池田信夫)』●『君の名は。 タイ、香港でも興収首位 アジア4冠達成』

日本メルトダウン( 990)–『トランプ次期米大統領の波紋 』 [F …

no image
速報(288)『高浜1号圧力容器脆性遷移温度が95度になった意味 小出裕章(MBS)』●『東日本2500万人移住、日本崩壊の4号機を」

速報(288)『日本のメルトダウン』 ●『4月25日高浜1号圧力容器脆性遷移温度 …

111111
『オンライン/日本ジャーナリズム講義①』★『トランプフェイクニュースと全面対決する米メディア、一方、習近平礼賛、共産党の「喉と舌」(プロパガンダ)の中国メディアと日本のジャーナリズムを比較検討する』★『言論死して日本ついに亡ぶ-「言論弾圧以上に新聞が自己規制(萎縮)した新聞の死んだ日』

●『言論死して国ついに亡ぶ-戦争と新聞1936-1945」(前坂俊之著、社会思想 …

no image
日本メルトダウン脱出法(726)「スズキとVWの離婚騒動に学べ! 生き残れる自動車提携の条件」●「“イケア帝国”を一代で築いた男 イングヴァル・カンプラードとその経営哲学」

   日本メルトダウン脱出法(726)   池上彰が斬る!「朝日より読売、産経が …