前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

高杉晋吾レポート⑨『空理空論で連戦連敗の総括はできないー八ッ場ダム反対集会に参加しての感想』

      2015/01/02

高杉晋吾レポート⑨
 
空理空論で連戦連敗の総括はできないー八ッ場ダム反対集会に
参加しての感想

                                                           高杉晋吾(フリージャナリスト)

 
「基本高水って何?」、2011年6月28日午後三時、衆議院第二議員会館第七会議室の集まりに出席しました。集まりは40名ほどでした。
その集まりに配布された弁護団の資料では『八ッ場ダム住民訴訟6年目の決算書』と銘打たれていました。
 私は結論的な感想を述べれば、このような集まりがダム被害に遭った人々や大地震、大津波に遭った人々の前で行われたら、その集まりは住民の怒りと不満によって空中分解したり、惨憺たる結果を招いただろうと思いました。
この『戦いの総括』によれば八斗島毎秒2万2千㎥の虚構の追及と虚構の証明暴露こそが「八ッ場ダム裁判の決算だ」ということになるらしいのです。この集まりの趣旨を説明すると、説明するだけで舌がねじ切れるような混乱に陥ります。
<難解語のオンパレード?>
「基本高水」「パラメーター」「飽和雨量」「ハイドログラフ」「貯留関数法」
などという普通社会では全く使われず、なじみのない言葉が、生で講演者によって語られるのです。
エリートだと自分で思っている専門家等が普通の言葉で語れば分かることをエリートの自己身分保障語としてチンプンカンプンに話すものだから、日本人の誰にもわからない。
分からないことを話すと「偉い人だから難しいことを言っているのだ」と尊敬してしまう人が多いのでエリートたちはますます難解語の効用を感じて難しくする。
代表例として法律用語があります。裁判官、検事、警察、弁護士にしか分からない用語が使われるので普通の人たちは法曹の世界には参加できない。そのことで法曹の世界は、エリートの特権生活圏を作りだしているようです。住民のものであるはずの反対運動の集会が、このような難解な言葉が飛び交うような場になったのでは誰でも反対運動への参加は嫌になってしまいます。
災害の問題は自分の命を守ることです。エリートの難解語を尊敬することではないことは、今回の東日本大震災と巨大津波が証明しています。あんな巨大地震と津波を難解な用語で語った巨大治水施設推進の大学教授がいますが、彼の推進した巨大施設、ギネスブックに載ったほど巨大な湾口防波堤は、一瞬のうちに津波で破壊されてしまい釜石市は二千人におよぶ死者、行方不明者、都市部全滅ト云う大被害を出しました。
『百日の説法、屁一つ』とはこのことです。
そしてこの集まりの初頭に関良基拓殖大学準教授の講演が行われました。
講演の趣旨は、私なりにうんとかみ砕いていえば、
「国交省が八ッ場ダムを作る根拠としている昭和22年9月のカスリーン台風からの想定では、群馬県伊勢崎市の『利根川の基準点である八斗島』ではダムが無いと毎秒2万2千㎥の大洪水が襲うという想定になっている。しかしこの想定は嘘だ。実際の台風の流量はもっと少ない。実績の流量は1万7千㎥/秒である。」
「しかも、1万7千㎥と云う洪水量は戦中戦後の山林皆伐の時代に山の森林の保水量が極端に減少した時代の異常に多い洪水量である。したがって山がすっかり緑に覆われ、森林が比較にならないくらい増え山の保水量が大きくなった現在では1万7千㎥という台風による洪水実績さえも過剰な洪水量である」
「だから、国交省の想定は嘘であり、八ッ場ダムは要らない」
というのです。国交省の嘘は「貯留関数法」という計算法でやった。この誤りを自分は自分のやり方で証明した」と。
八ッ場ダムの反対するのは当然です。
しかし貯留関数法で掲載した結果出した国交省の数値が誤りで、自分が計算してその誤りを糺した、という災害問題を数字で証明し、争うと云うのが八ッ場ダム問題の戦いの焦点ではありません。
国、国交省や事業者が国民を嘘によって騙し公共事業を展開してきたことは、災害の現実に中では、その嘘によって進められてきた事業によって、自然災害は人災となり、災害が取り返しのつかないほど巨大なものに増大し、国民が命を失い、財産を喪失し、果てしなく逃げ惑い、恐怖と不安の人生を強要されること。
地球が現実によって証明したのであって、難解語による空理空論が証明したのではありません。こういう現実から遊離した思想で展開された八ッ場ダム裁判が連戦連敗するのは当たり前ですね。
加害者である巨大企業や国家は東電などの株主総会を見れば分かるように、現場では土下座までして見せて、総会では一切の責任を拒否するのが現実です。
この現実の前で、貯留関数法が誤りだ等という矮小な空理空論は消し飛んでしまいます。
この集会は8回も続けられるそうです。集会を企画したまさのあつ子さんは、高水論が理解されるようにと企画したそうですが、高水論を理解させようという視点が高いところから国民を見る視点です
。しかも、この最初の集まりを見れば、ますます難解な理論が展開されて市民、農民、漁民などが目を白黒させて嫌がるでしょう。試みに、9月の集会でやってみますか?国民から縁の無い思想貧困な抽象論議の集まりになりそうですからやめた方が良いですね。
の集会に参加しました。いかはその感想です。
 

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネルー『フェイスブックやグーグルが本腰 次の大潮流「ボット」とは何か』●『日本企業は海外の後追いをやめない限り勝機はない』●『 ビットコインは「電子マネー」を超える(池田信夫) ブロックチェーンは革命的イノベーション』●『仮想と重なり合う現実:VR元年の次はMR元年? MR(複合現実)が融合させる仮想と現実』

世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネル フェイスブックやグーグルが本 …

no image
速報(181)『日本のメルトダウン』 ー◎『TPP問題―交渉に参加、堂々とリードせよ 』★『TPPの空騒ぎを仕掛けているのは誰か』

速報(181)『日本のメルトダウン』    ◎『TPP問題― …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(82)記事再録/ ★明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」『官僚制度』を作った大久保利通の最期の遺言①』★『地方会議を開催して、旧体制、無能な役人、官僚をクビにして大号令を発する日に、会議に臨む途中で大久保内務卿(実質的な総理大臣)は暗殺された。今、<超高齢少子化人口減少社会>の危機を前に、その行財政改革失敗の遠因が大久保の作った官僚制度であることを考えると、大久保の決断とビジョンを振り返ることは大変有益であろう。』

2012-04-14 /日本リーダーパワー史(252)再録   大久保 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールドウオッチ⑤』『携帯電話世界トップのノキアがその座をサムスンに明渡した歴史的事件』

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ⑤』 『携帯電話世界トップの座に …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』『昭和史研究の藤原彰氏』の著作を読み、久し振りに本物に出会い、脳天をカチ割られた気持ちです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』 『昭和史研究の藤 …

no image
日本リーダーパワー史(805)/記事追加再録版 「国難日本史の歴史復習問題」-「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑥」 ◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部』★「早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループが『湖月会』を結成」●『田村参謀次長は「湖月会の寄合など、茶飲み話の書生論に過ぎぬ」と一喝』

日本リーダーパワー史(805) 記事追加再録版  「国難日本史の歴史復習問題」ー …

no image
近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158)-『渋沢栄一(91歳)の国民平和外交を潰した関東軍の満州事変の独断暴走が、日本を破滅(戦争)の道へ陥れた。この4ヵ月後に渋沢は亡くなった』

近現代史の重要復習問題/知的巨人の百歳学(158) 明治、大正、昭和で最高のトッ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ(168)』『バルサ名勝負の舞台、日本企業が改修 採用の決め手は?』『オバマ大統領は広島で「謝罪ごっこ」の清算を 70年前の戦争に誰も責任を負ってはいない(池田信夫)』●『コラム:日本人が知らない英国離脱の現実味=山口曜一郎氏』●『中国の金融システム:迫り来る債務の山の崩落(英エコノミスト誌)』

  『F国際ビジネスマンのワールド・メディア・ウオッチ (168)』 バルサ名勝 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(615)世界が尊敬した日本人(85)関東大震災の復興、「横浜の恩人」の原三渓ー今も天下の名園・三渓園にその精神は生きている。

  日本リーダーパワー史(615)ー世界が尊敬した日本人(8 …