前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』「ISと云うイスラム原理主義組織の現在の破壊力、 近未来の戦闘能力がどの程度のものになるのか?」

      2016/01/07

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』

「ISと云うイスラム原理主義組織の現在の破壊力、

近未来の戦闘能力がどの程度のものになるのか?」

中近東、イスラムの情報について、日本のジャー

ナリズムはお手上げ状態、余りにも情報が乏しい。

<F氏のコメント>

小生の根本的な疑問ですが、「ISと云うイスラム原理主義組織の現在の破壊力、そして近未来の戦闘能力がどの程度のものになるのか?と云うことです」

組織の結束力、戦闘能力がどの程度あるのか? 一時的な戦力か持続的なものか?などは実践的且つ理論的に支柱となるリーダーの強力な指導力の有無に左右されます。

『第三世代ジハード理論』の アブムサブスーリー と『カリフを宣言した』バグダディ

この二人のリーダーシップは残念ながら無視出来ないところまで肥大しているのではないでしょうか?

IS組織の完全掌握も不十分、空爆中心で壊滅には程遠い戦術、暫くは ISの跳梁跋扈(ちょうりょう、ばっこ)が続きそうです。

IS組織の消長、日々の戦況、諜報結果戦略課題などのスピーディな報道が一層不可欠となります。

それにしましても、中近東、イスラム文化圏の情報について、日本のジャーナリズムはお手上げの状態ではありませんか?

特に、IS関連の全体と個別情報について余りにも情報が乏しいのではと感じます。BBCの真似をしろとは言いませんが。

「塩野七生」の見るイスラム教のそしてイスラム国 IS

(’15/12/23 日経 イスラム世界や欧州の難民問題に関するインタビュー)

イスラム世界 そして IS (イスラム国)について

 

• 古代ローマでは、中産階級,中流階級を大事にし、農地法を作って自作農を確立した。これが社会の安定にも繋がった。ベネチア共和国が安定したのは、国民の70%が中流階級だったから。民主制の基礎となった。

• しかし、イスラム世界は、中産階級をついに作れなかった。アメリカ人から見れば、それがイスラム世界に民主制がなりたたなかった原因となる。 別の人は、社会が安定しない原因であるという。

• イスラム世界も、商人階級は作った。北アフリカと南ヨーロッパの間、地中海を挟み、イスラム世界はサハラのオイルを売り、イタリアは工業製品、フィレンツェであれば繊維製品を売っていた。

原油と言う一次産品と違い、付加価値の高い工業製品は多くの職業を作ったが、イスラム世界では遂にそれが出来なかった。高学歴を与える事が出来ても、それに相応しい職場を作れる社会に、今尚出来ていない。軍隊とか政党にしか、秀才が行く所がないのだ。

この様に、イスラム世界では全ての人に職を与えると言う社会システムの構築に失敗している地域が多い。試みてもいないので、不満分子が出てくるのは当然だ。

ISがリビアの浜辺で殺人を犯した後「この向こうにはローマがある。我々はローマを目指す」と言ったのを見て、1000年の昔の中世に戻ったのかと思った。

イスラム世界からは「ローマで、我々はバチカンを攻撃する」と、中世の時代から延々と言われてきた。
ローマに住んでいて「これはヤバイ。どこかに移った方が良いのかもしれない」と思った。

ISが最後に狙っているのはローマなのでしょう。これは千年以上前から言われて、未だ実現はしていない。ISはあくまでもまだ運動で、彼らがどこかを征服してそこに国を建てて一国として対応するには統治の問題があり、簡単にはいかない。相当道程は長い。

元々、中近東では社会がどうしても安定しなかった。為政者階級の世襲など我慢ならない酷い体制が生まれる。するとヨーロッパ側は「文明への反逆だ」などと言う思いにかられ、空爆をやってしまう。またイスラム世界から恨みを買ったりする。
わたしにはイスラム世界とどう付き合うかについて、答がありません。

② 難民対策について

難民問題というのは、古代ローマの真似をすることは出来ない現在のヨーロッパが、中途半端に真似をしようとするから起こった問題だ。

ローマ時代、難民は受け入れたが、完全に自助努力を求めた。つまり「働け」(奴隷として⁇)と。今は、人権を尊重しないと国連から非難されるので、国民と同等の待遇を与えなければいけない。しかし既存の国民から反発が起きる。又 言語の習得の為の教育費用も相当かかる。円満な解決は難しい。

メルケルが政治亡命なら入れるが、経済亡命は入れないと言うが、どこで線を引くのか?根本的な解決にはなっていない。

部族社会に逆戻りするアラブ世界

http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2015/12/post-5.php

「イスラム国」を支える影の存在

http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2015/12/post-4.php

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(261)/ 『2011/ 3/11から2週間後に書いた記事- いまリーダーは何をすべきかー「海軍の父」山本権兵衛 から学ぶ』★『山本権兵衛は歴代日本宰相のーのベスト3に入るリーダーパワーを発揮した『坂の上の雲』の真の主人公>

  2012/05/27  日本リーダー …

no image
速報(34)『日本のメルトダウン』47日目ー『事故とリーダーシップ、日本経済の転落が始まる』

  速報(34)『日本のメルトダウン』47日目 ◎『事故とリーダーシッ …

no image
野口恒の<インターネット江戸学講義⑤>第2章 庶民生活を支えたネツトワ-ク「講」と「連」―無数の庶民生活ネットワ-ク(上)

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑤>   第2章 庶民 …

no image
日本のメルトダウン(524)◎「アベノミクスに致命的な欠陥あり」◎「安倍首相に単独インタビュー」(CNN)

  日本のメルトダウン(524)     …

無題
★⑩日本リーダーパワー史(714)伊勢志摩サミットの陰の主人公はこの人注目!(記事再録)「真珠王」だけでなく『世界の生涯現役・長寿王でもあった御木本幸吉(96歳)』「朝食は茶碗3分目、昼は2分目、夜は「旨い物は2箸残す」

  日本リーダーパワー史(714) <記事再録>百歳学入門(69 …

no image
日本メルトダウン(921) <世界は再び混迷の時代、動乱の時代へとなるのか>『中国の外交政策:造った者が支配する(英エコノミスト誌)』●『戦争の足音」が欧州の東から迫りつつある ロシアが核の一撃考えているとの観測も』●『コラム:英EU離脱、新自由主義時代の終焉か=河野龍太郎氏』●『EUの盟主ドイツで「イギリス離脱」はどう報じられたか〜これって「イジメ」じゃない? 結論が出て、ますます混迷深まる』

日本メルトダウン(921) 世界は再び混迷の時代、動乱の時代となるのか 中国の外 …

no image
日本リーダーパワー史(856)「国難突破解散」総選挙の結果は23日未明には確定する。」★『朝鮮半島有事と今回の3度目の冒頭国会解散の意味と歴史類似性を検証する』

  日本リーダーパワー史(856)   安倍首相が「国難突破 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『金玉均暗殺につき清韓政府の処置』 「時事新報」明治27/4/13〕』

 『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「北 …

no image
世界、日本メルトダウン(1027)ー 「トランプ大統領の暴走/暴言/ひとり芝居で 『エアーホースワンはダッチロールをくり返し、墜落寸前! 世界の大波乱より前に,覇権国米国の没落が 毎日のように報じられている、オーノー」④『トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間』★『「アメリカは70年間、衰退し続けている」——チョムスキーの視点』

世界、日本メルトダウン(1027)ー 「トランプ大統領の暴走/暴言/ひとり芝居で …