前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』余りにスローモーで、真実にたいする不誠実な態度こそ「死に至る日本病」

   

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』

 

<F国際ビジネスマンから以下のニュースコメントをいただいた。

 

   安倍政権の日中韓との紛争対立の行方という政治問題

   日本のサッカー選手の代表、本田、香川選手の不調というスポーツ問題

   日本の科学研究と大学の信頼性を大きく失墜させた

                   STAP細胞疑惑問題。

 

この3つに共通する問題点は

   現実の対応に遅れっぱなしのスローモー政治。NATO(ノットアクション・トークオンリー)、小田原評定(会議)ばかりで、結論がいつまでも出ない決断しない政治(危機が目の前にあるのに「集団的自衛権の問題を延々、50年もやっている国がどこにあろうか」、

   本田も香川もゴールを何が何でも、自分で結果をだすという選手ではなく、これは日本サッカーの特性だが、パス回わしばかりで、得点ゼロのNATO(ノットアクション)

   科学は事実の正確性の徹底追及とその数学的なロジックによる再現性によって真実が証明される。同一の写真や他の論文の無断コピーの入る余地はない。理研のスローモーな調査と、真実への不誠実な態度は科学者、学者失格であると同時に、科学立国日本の信用失墜である。

   これに日本のジャーナリズムの事実追及力の弱さが表裏一体の関係にある。

   すべてに共通するのはあまりにもスローモーで、真実にたいする不誠実な態度、サボタージュである。これがガラパゴスジャパン・オウンゴール国家の「死に至る日本病」なのである。

 

 

 

 

<F国際ビジネスマンのコメント>
この論文は、日米安保の有効性を有事の際にも実効あらしめる為には日米が本音をもっとぶつけて、トコトン理解し合わないと有名無実化すると警告しております。

◎「アジアの最悪の悪夢:日中戦争」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40190

 

 

◎「クリミア併合は返還後の北方4島併合を正当化する=
帝国主義化する世界、欧米と一線を画す対ロ政策で北方領土・尖閣諸島を守れ~佐藤優氏」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40240?page=2

 

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

「 本田、香川は 現在の監督の元では、出場機会が無くなり、近いうちに

放出される」といっています。
脚力を伴う突破力で、シュートまで持っていく力に著しく欠けている、と。

日本的な細かいパスサッカーでしか生きられない二人の特長は、肉弾戦の

中では通用しないのでしょうか?

モイーズのマンUも、セードルフのミランも大不振で監督交代時間の
問題と言われているところです。


◎「本田・香川の苦闘が映す、世界の中の日本の立ち位置

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO68533710Z10C14A3000000/?n_cid=TPRN0001

 

 

本田、出番なしも「不屈の魂」揺るがず

http://www.nikkansports.com/soccer/world
/news/p-sc-tp3-20140318-1271761.html

 

 

 

 

●「STAP細胞、小保方論文と異なる作製手順公表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140321-00000206-yom-sci

 

◎「STAP細胞の特許はどうなってしまうのか?

http://www.huffingtonpost.jp/kiyoshi-kurihara/stap_b_5005139.html

 

 

●「Stem cell ‘breakthrough data inappropriately handled’

http://www.bbc.com/news/health-26576368

 

 

 

◎「小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動が焙り出した
大学の構造問題
http://www.huffingtonpost.jp/iwao-yamaguchi/stap_2_b_4997072.html?utm_hp_ref=mostpopular

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報「日本のメルトダウン」(487)「新しい日中関係を考える研究者の会」日本記者クラブ動画会見」「習主席、多国籍企業トップ称賛

   速報「日本のメルトダウン」(487) &nb …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘ 『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― 日本は<第2の経済敗戦>の瀬戸際にある!②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘     『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― …

no image
梁山泊座談会★『若者よ、田舎へ帰ろう!「3・11」1周年―日本はいかなる道を進むべきか③』『日本主義』2012年春号

《日比谷梁山泊座談会第1弾》 超元気雑誌『日本主義』2012年春号(3月15日発 …

no image
陸 羯南の日清戦争論①韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)①

          …

no image
速報「日本のメルトダウン」(508)「将来に自信が持てなくなってきた西側諸国(英FT紙)「もう見捨てておけない中国の報道抑圧」

  速報「日本のメルトダウン」(508)   ◎「 …

no image
日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)『三国干渉』後に川上操六はスパイ大作戦をどう組み立てたか『日英同盟締結に向けての情報収集にエース福島安正大佐 をアジア、中近東、アフリカに1年半に及ぶ秘密偵察旅行に派遣した』

 日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)   …

no image
『日本占領・戦後70年』昭和天皇の『人間宣言』はなぜ出 されたのか②『ニューヨーク・タイムズ』などの『占領政策と天皇制』の論評

・ 『日本占領・戦後70年』 「1946年(昭和21)元旦の天皇の『人間宣言』は …

no image
日本敗戦史(49)マスコミ人のA級戦犯指定・徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』①

日本敗戦史(49) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜに日本は敗れ …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑲ 『日本軍、日本人は祖国存続のために戦う』『ノース・チャイナ・ヘラルド』(開戦25日目)

   世界史の中の『日露戦争』⑲  英国『タイムズ』米国「ニューヨーク …

no image
速報(146)『日本のメルトダウン』『半年経過した<フクシマ原発事故>安全性を告発してきた『良心の技術者』・小倉志郎、後藤政志氏に聞く』

速報(146)『日本のメルトダウン』 『半年経過した<フクシマ原発事故>について …