前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(125)』<韓国ぶらり散歩>―水原、慶州の世界遺産、田園風景を見て回るー幻の首都・水原(スウォン)

   

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(125)』

<韓国ぶらり散歩>―水原、慶州の世界遺産、田園風景を見て回る

ー幻の首都の城郭のみ残った水原(スウォン)ー

ソウルからメトロ直通で約1時間、水原(スウォン)は美しい城郭を残す町として知られる。李朝22代国王・正祖は父の墓を揚州から水原郊外の華山へ移し、その際遷都の計画を実行に移し、1796年に先ず城郭、華城(ファソン)を完成させたが、正祖が病死して城郭のみを残し、水原は幻の首都となった。

<F氏のコメント>

水原(スォン)観光の観光中、日本同様の暑さのど真ん中で、わがカメラマンは戦意喪失でした。

韓国の歴史文化財を見て回って中国、モンゴル、日本などの外敵、そして内紛続きの中で文化の創造、文化財の保護どころではなかったのでは?と推察します。

また、大昔から日本がチョッカイを出しているとは知りませんでした。

なんとか世界遺産に相応しい形を?、と苦労の跡が見える水原、慶州でした。流石に、本場のカルビ料理は安く美味で、大勢の家族団欒で楽しんでいる姿が印象的でした。

自慢の高速列車、KTXの車両は仏TGV方式で、アルストム社製でした。 日本の新幹線では有りえない程、座席など老朽化しておりました。最近の日本の新幹線が、「こだま」まで新型車両を投入してピカピカしているのと、好対照でした。


8/12、世界遺産のある水原(スウォン)で、名物の「水原カルビ」を食す。‏

水原の名物はカルビ。炭火で焼く水原カルビは、大ぶりカットで知られるワン(王)カルビとも呼ばれている。骨つきの生と醤油ベースの味付けがある。非常に美味であるが、和牛と韓牛では、飼料の相違と共に、種の源流が異なるのでは?と感じさせた。

水原カルビの起源は、水原華城の建設の際に大量に使われた牛で、使役に耐えられなくなった牛を止むを得ず食用に回した事にある、と言う。以後、水原はアジアを代表する牛肉の集散地になった時期もある、と言われる。

今回は、朴正煕(パクチョンヒ)元韓国大統領が度々通ったと言われる、「本水原カルビ」(水原市八達区中部大路)

IMG_5637
IMG_5639

IMG_5640

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『鎌倉カヤック釣れない日記』(3/15)●『黒メバル、ホウボウを狙って鎌倉・逗子沖で流すが不発』早春の海で カモメと遊んだよ」

   『鎌倉カヤック釣れない日記』(3/15) & …

yjimage
日本リーダーパワー史(846)★記事再録『原敬の「観光立国論』-『観光政策の根本的誤解/『観光』の意味とは・『皇太子(昭和天皇)を欧州観光に旅立たせた原敬の見識と決断力』★『日本帝王学の要諦は ①可愛い子には旅をさせよ ②獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす ③昔の武士の子は元服(14、15歳)で武者修行に出した』

   2011/12/09 日本リーダーパワー史(221)       <大宰相 …

no image
<天然生活をエンジョイ!>『鎌倉カヤック釣りバカ日記ー今日もまた大カワハギが釣れて困るねの巻』

<梅雨本番だよ・天然生活をエンジョイ!>               …

no image
鎌倉カヤック釣れないバカ日記『鎌倉材木座沖のシロキスは激減、絶滅種(アオギス)の運命をたどるのか』

  <鎌倉カヤック釣れないバカ日記>   『ゴールデン・キス …

no image
『夏の三浦半島―長浜から荒磯を海から拝見』―シーカヤック・クール・スペシャル!(7/15)>

     ●<『夏の三浦半島―長浜から荒磯を海から …

33333333
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(153)』 『イスラエルに魅せられて再訪(2016/1)」レポート(3)世界遺産(2005年登録)『聖ペテロ教会(St.Peter Church )『テル・ベエル・シェバ,Tel Beer Sheva 』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(153)』  『イスラエルに魅 …

IMG_0402
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(11)』「フィレンチェ」散歩(4/19-4/28) 「ウフィッツィ美術館」,「パラティーナ美術館」(ピッティ宮殿) を見て回る⑥

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(11)』 「フィレンチェぶらり、ふらり散歩( …

no image
TADAKENの「世界なんでも見てやろう」(3)2006/11月・ベルギーを卒業旅行、 ビールとア­ールヌーヴォーに憧れて

  TADAKENの「世界なんでも見てやろう」(3) &nb …

DSC09667.jpeg66666
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(229)』-『35年ぶりに、懐かしのイスラエル第3の都市・ハイファを訪ねました。』★『エルサレムでは偶然、岩のドームの金色屋根に接近し、数名の自動小銃武装の警官からムスリム以外は接近禁止と言われ写真だけは撮りました』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(229)』 2月8日から10 …

no image
とっておきの『花の古都』鎌倉はファンタスティックー「段葛」サツキロード、妙本寺ウグイス、別願寺藤の花

  『鎌倉通―とっておきの『花の古都』鎌倉は ファンタスティックだよ! …