前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑨ 「独フランクフルター・ツアイトゥング」(1907(明治40)年7月24日付>『韓国のハーグ事件と皇帝の退位』

      2015/09/02

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など

外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑨

 「独フランクフルター・ツアイトゥング」

(1907(明治40)年7月24日付>

『韓国のハーグ事件と皇帝の退位』

 

たとえ,今ソウルで成立した皇帝の交代によって,朝鮮と日本の国内法的な関係においては何も変わらないとしても,この最新のできごとによって,その支配国の占領地における実際の立場が変化しないことはまずないだろう。

われわれの目には,極東の諸民族は表面的に不動の平和の中で変化しょうとしないように見えるが,彼らを覆っている幕が一瞬持ち上げられると,人々は総じて,朝鮮にも政治的意思というものが存在すること,この国民でも支配者に全く関心を持たずに,そこここで漠然と暮らしているわけではないことを見て驚くのだ。

日本という狼が朝鮮という兎を最終的に意のままにするだろうということは,驚くべきことではない。むしろ驚くべきことは,かくも根深い反日運動がそもそも出てくることがあり得たことだ。朝鮮の陸軍が弾薬を日本人に引き渡すのを拒否し,長谷川将軍は配下の2300の兵をもってしても,その要求を強行することができないのだ。さらに,平壌連隊のある部隊は公然たる反乱を起こしたようだ。

日本側は土曜日にそれが武装解除されたというニュースを広めたが,すでに日曜日にはソウルのロイター通信員が,その連隊は全く降伏しておらず.自分たちの武器を持っていると伝えた。月曜日には,事態が日本人にとりいくぶん好転したので.長谷川将軍は,朝鮮の宮殿を威嚇していた機関銃を引っ込めることができた。

だがなお,日本側が兵器庫を保持できない可能性も考えられる。なぜなら守備隊は,優勢な敵に攻撃された場合,事情にょっては爆破するようにという命令を受けているからだ。

動揺が全土を支配しており,首都ですら血が流され,ブリンクマイヤーという名のドイツ人も負傷した。群衆の暴行は,朝鮮の陸軍の将校によって指揮されている。

ソウルでは,日本側は朝鮮の部隊のいる兵舎を監視するために,さしあたりすべての兵を必要としている。そのため彼らは,市を十分に巡回し,群衆の集結を阻止することができない。監視員を置いてほしいという,郊外の外国人の要請も満たされないままだ。外国人は匿名の手紙で脅されており.郊外から都市の中に逃れてきている。

すでに,ソウルのヨーロッパ人の危険な状態に対する配慮のために,下関から増援部隊を送ろうとする日本人の意図は,正当なものに見えている。日本人がいつか朝鮮を支配することを望むなら,秩序と治安の面倒も見なければならないのだ。

この運動が単に最下層の人々をとらえているだけでなく,朝鮮国民の最も影響力のある階層に根づいていることは明らかだ。一連の一級の人物が日本人に逮捕された。日本に対する抵抗の頂点に,退位させられた皇帝の李熙その人が立っている

ことは明らかだ。彼は,いまだに諸事に「口を出し」,護衛に宮殿への突撃命令を出し,日本人警官を襲撃させようとしたという嫌疑を受けている。

そのため,日本人がこの老皇帝を日本に流刑にするだろうと想像されている。これに対し彼らは,彼らの必要とする申し分のない人物をその後継者に持っているようだ。というのは,この新しい皇帝はほとんど精神薄弱らしいのだ。ちなみにこれは,今日の状況下での朝鮮の皇帝としては,ほぼ最良の存在なのだ。彼らの信用するこのような人物を行政の長とし,またかなりの増援が近いうちに実現するかもしれないので,おそらく日本人は,さしあたり騒乱を抑えることができるだろう。

李熙の退位とそれに続く事件の直接の原因は,知られているように,ハーグに朝鮮の代表茂が姿を現したことにあった。彼らはそこで,保護統治下にある自分たちの国が独立国家の社会に仲間入りすることを求めたのだ。これは日本人には許せないことだった。

興味深いことに,本紙のハーグ通信員が昨日伝えたところによれば,会議に出席している使節たちの間では,朝鮮代表団は,李熙を玉座から追い出すことを可能にするための日本の策略に過ぎないという意見が広まっているという。確かに日本の政治は独特の補助手段を用いるにしても,これは事実ではなさそうに思える。

 

もし策略がたくらまれたにしては,演出があまりにまずいというのが,それに対する反論だ。なぜなら,世界が朝鮮における日本の立場の弱さと,現地の抵抗の強さを初めて知ったということは,きっと東京にいる支配者の関心には入っていないからだ。

さらに非常に奇妙なことは,ほぼソウルにおける日本総督の地位にある伊藤侯爵と,この事件に際してソウルに赴いた外相の林子爵との間に対立が存在するか,日本の外交がそのような対立が存在するように見えることがよいことと見なしていることだ。

伊藤は,ソウルに戒厳令が敷かれたことに満足していないことを表明している。そして林は,李熙皇帝の退位に全く驚いたこと,それを全く予想せず,むしろその逆だったことを明らかにしている。

その背後に策略として何が潜んでいるかは,日本の精神にもっと詳しい者なら,判断することができるだろう。朝鮮の占領は.日本にとっていつの時代でも政治的なあこがれの対象だった。日本の英雄時代は,朝鮮への出兵に満ちている。

この「朝の静けさの国」が中賃の文化を受け継いだように,おそらく日本は朝鮮によって文明化されたのだろう。

最も古い文化い伝統が,現実政治に対する配慮と同じくらいに.日本の目を朝鮮に向けさせるのだ。朝鮮は隣接する諸巨大国に対して自らの独立を守るには弱過ぎるので.日本はその国を手に入れたがっている。そうすれば,ロシアがこの橋頭壁を横取りし,それによって島国帝国が脅かされることはないからだ。

同じような配慮から,イギリス人も何世紀も北フランスの占領をめざして戦ってきたが,彼らは今日では,ドイツがいっの目かオランダに襲いかかり,グリシンゲンからイギリスの海岸を脅かすのではないかという考えに神経質になっている。

しかしヨーロッパでは,あまりに多くの大国が隣接し合っているので,個々の国々がただ自国に都合のよいように振る舞うことはできない。東アジアでは,さしあたり日本が最強であり.自分にとって最善と思えるように振る舞うだけの力と意翠を持っている。

したがって日本人は朝鮮を支配するだろうし,それを妨げることはだれにもできないだろう。だがソウルのできごとは,日本の拡張衝動も抵抗に遭ったことを認識させるものだ。この取るに足らない,軟弱で,不道徳性の故に東アジアにおいてすら評判の悪い朝鮮の国民が,すでに日本人をかくも困らせているとすれば,何億という力強い人々と,非常に古く堅固な基礎を持つ文明と,すべての外国人に対する根深い反感を持つ中国という巨人を,日本人が実際にそのように占領することができるだろうか。

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<衝撃深層レポート①>地名学が教える尖閣・竹島の真相はこうだ(上)楠原佑介(地名情報資料室主宰)

<衝撃深層レポート①>   『この地名が危ない!』で注目の地名学者が、 …

no image
日本メルダウン脱出法(660)「中国の習近平氏「独裁」阻む3つの壁」「もうどの国にも止められない中国の人工島建設」など8本

    日本メルダウン脱出法(660) 「中国の習近平氏「独裁」阻む3つの壁」 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(510)◎「ウクライナの抗議行動:国家の誕生か」●「防空識別圏設定や張成沢氏処刑で事態が複雑化」

   速報「日本のメルトダウン」(510) &nb …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑩ 1902年4月9日『英タイムズ』/『朝鮮と日英同盟』●『日本は.ロシアが南部朝鮮に海軍基地を得ようとするなら,朝鮮に対する侵略行為となり,それは日英同盟の発動を促すものと決めたのだ。言い換えれば,日英同盟は,ロシアに朝鮮でも満州でも約束を守らせる保障と見なすことができよう。』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑩ …

no image
速報(125)『孫正義氏「自然財団」理事長にスウェーデン・エネ庁長官』『福島原発周辺居住の45%の子供が内部被ばく』

速報(125)『日本のメルトダウン』      『 …

no image
日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い        …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』①『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』①「水谷長三郎(日本社会党議員)」

  1年間連載開始―『ガラパゴス国家・日本敗戦史』①   なぜ、米軍B …

no image
速報「日本のメルトダウン」(522)「八方ふさがりの日米関係」(英エコノミスト誌)『日本の国防:過去を振り返るな」(同誌)

 速報「日本のメルトダウン」(522)     ● …

no image
日本メルトダウン(937)『焦点:中国でロボット産業ブーム、制御不能な地方債務を露呈』●『中国、南シナ海の各礁で航空機格納庫を建設か=米シンクタンク』●『「都議会のドン」がいなくなれば、問題は解決するのか?』●『手詰まりの日銀に求めたい「撤退する勇気」』●『[江川達也]<日本の学校に足りないのは「戦争」という授業>アホの巣窟・戦後日本を正すために』

    日本メルトダウン(937)   中国、南シナ海の各礁で航空機格 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓『開戦2ゕ月前の「申報」の報道ー『中国が日本を頼りにロシアを拒む説を試みに述べる』★『日中同盟そうすることでアジアが強くなり,欧米各国が弱くなる』●『日本と中国はロシアの近隣であり.ロシア人はすきあらば襲いかからんと狙っていた』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓ 『開戦2ゕ月前の「申報」 …