前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『釣れなくてよい日記②』―カヌーはミズスマシ、初夏の早朝ジョギングは最高じゃ、鎌倉沖プライベート・シーを楽しむ

   

『釣れなくてよい日記②』―カヌーはミズスマシ、初夏の早朝ジョギングは最高じゃ
『鎌倉沖プライベート・シー』を楽しむ
前坂俊之(カヌー釣りバカ30年)
 
前回から2週間、連夜の東京で飲み会、仕事、深夜帰りでつかれた、つかれた。鎌倉沖自然海中公園が恋しくてたまらん。ひとっこ一人いない海で、太陽が照りつける前に波とたわむれ、大海でカヌーのゆりかごにゆらりゆらり、魚と運動ごっこして魚と遊び、手で海水をすくっては顔を洗い、海水風呂に入ってリラックスすると、1週間のストレスなどあっという間に消えてなくなるよ。ほんと!やってみな。
 
周囲を海に囲まれた島国日本、世界でも稀なすばらしい海にめぐまれながら、海と遊んでいる人がこんなに少ない国もめづらしいよ。もったないよ。
 
何千万円も借金して、狭いマンションやマッチ箱のような家に住んで、街に出れば人人人に当たる。ストレスはたまる一方、貯金はたまらん。ちょっと海に出てみなさいよ。

早朝なら誰もいない海!、見渡す限り水平線まで全部自分のものじゃ。どこに行こうと、流されよと「プライベート・シー」じゃ。「全部わしの海じゃ、公海じゃ!!」と思い切り叫ぼうと、怒鳴ろうと隣からクレームはないしな。最高に気持ちいいよ。
 

 
日本の閉そく感をぶち破り、高齢者介護の問題、若者の引きこもり、元気のなさ、ストレス発散、自殺予防、高齢者の体力増進にわしの海、川でのカヌージョギング・ストレス発散・1石5長法を、菅民主党政権に提言したいよ。
 
こんなバカなことをあれこれ考えていてスタートが遅れてしまったのじゃ。
 
6月12日(土)朝6時。鎌倉材木座海岸から1人のりでスタート。最低気温17度、最高25度と初夏の陽気。
 
最初のポイントは逗子マリーナ沖の第2灯台沖。無風で、波静か。あちこちにナブラが立っている。それを追っかける。カヌーの下、海中1,2メートルにはイワシ、サバの大群が猛烈なスピード回遊していてな。 

その躍動感は感動ものじゃ。サビキ5本バリでコマセをまいても反応なし。

何度やってもダメ、潮が流れていない。しょうがないな。ナブラの写真を撮るが遠すぎてうまく映らん。初夏の江の島、鎌倉の海から眺める新緑の風景をおさめる。

1時間経過したが、今日はだめじゃなーと思う。腕を鍛えるためにツーリングといくか。「釣れなければよし、ジョギング・体操・ストレス発散になるしな」とかかかんとか、

いろいろ考えていると、「ガッ、ガッ、ガッン』ときやがった。[なんじゃ]-サバやろうかと、しなるキス竿をまいてくると、大メバル(28センチ)じゃ。やはり、水温が低いのじゃな。

このあとは、魚・ナブラを追っかけて大運動会、腕が久しぶりなのでパンパンにいたくなったよ。魚はつれないもの、振り向いてもくれん、時々、15センチほどのサバっ子がつれる。計20匹ほど。本日はこれをキープ。から揚げにして、酢につけるととてもうまい。家族3人のおかずには十分だ。
今日は出がけに日焼け止めを顔、首に真っ白く塗って出た。初夏の日差しは強烈だ。朝7,8時にもなると照りつける太陽とキラキラ反射する波で、美顔がいっぺんにシミだらけの炭のようになる、日の出前4時半出船、せいぜい3時間が勝負の夏のつりじゃな。
 
最後につい先日読んだ「100歳まで生きる方法」〈ウオルター・ボルツ2世著・ビジネス社、1997年〉を紹介するよ。これまで読んだ100歳本では一番具体的で、哲学があり、何十か所も線を引きながら読んだのよ。

著者はこの本の結論として、

①最後の終のすみかは海岸で暮らすこと、そして海岸の清掃人になることとしているのじゃな。

②人間最後は運動障害、失禁、認知症の3つになる確率が高いが、海岸で暮らしていると、運動でもし転んでも砂浜ではけがすることも少ない、海で運動していると運動障害になることも減らすことができる、
③たとえ、失禁しても波が流してくれるじゃないか、認知症で変な行動をしても、老人ホームや街中よりも海岸なら問題はないのではーというのじゃな。
「最後に恍惚が来たときは、波が押し流して、生命のはじまった所へ帰るのです」
とは「海で死ぬのが本望のわし」にとっては何とも感動的な結論、すばらしい消え方じゃね。合掌。
 

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

2222222222
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(111)』「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑨ピカソが愛した女たちー画家の精力絶倫振りは超弩級

  『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(111)』 「パ …

no image
★『鎌倉『釣りバカ・カヤック日記』ー『釣れなければ筋トレ・ダイエットじゃ。散歩(海)して帰って、リフレッシュよ!』

『鎌倉釣りバカ・釣れてよし、釣れなくてもなお良し日記じゃ』   ★『鎌 …

no image
『鎌倉散歩通』ー『さわやかな新緑の5,6月、鎌倉古寺、自然を訪ねてぶらぶら散歩は楽しいよ』

 ―鎌倉散歩通ー 『さわやかな新緑の5,6月、鎌倉古寺、自然 を訪ねて …

no image
『鎌倉桜絶景チャンネル』 『鎌倉桜だより毎日中継(3/20)』 )本覚寺、小坪坂はウグイス啼く、光明寺もステキだよ

 『鎌倉桜絶景チャンネル』 『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/20) …

no image
F国際ビジネスマンのカメラ・ウオッチ(57)』『4/7日、奈良・唐招提寺に古寺巡礼⑤』鑑真和上の念願が千年後まで息づく奇跡

       &nb …

no image
<約700年前の「鎌倉やぐら」巡礼>中世の迷宮都市・鎌倉の歴史絶景スポット☆鎌倉やぐらを散索しようよ』

  <約700年前の「鎌倉やぐら」巡礼>   中世の迷宮都市 …

no image
『F国際ビジネスマンのカメラ・ウオッチ(62)』「万葉の里」の奈良県宇陀市。国宝・室生寺と並ぶ 「水の守り神」宇陀水分(みくまり)神社上宮に参拝‏

   『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(62 …

no image
『F国際ビジネスマンのカメラ・ウオッチ(52)』「日本の至宝・奈良の唐招提寺に古寺巡礼②天平の風と時間が今も流れる②

     『F国際ビジネスマン …

no image
“World Camera Watch (60)”< I look up the Yakushiji three statues of Treasures Nara overthe world>①

   "World Camera Watch of …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(85)』 鎌倉・海蔵寺に「秋の七草」の「萩」を見に行く(9/21)

       『F国 …