前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<鎌倉古寺巡礼> 花の美しい瑞泉寺へ紅葉を見に行く―暖かくて今秋のモミジは今ひとつ、しかし何と言っても★5

      2015/01/01

<鎌倉古寺巡礼>
 
花の美しい瑞泉寺へ紅葉を見に行く―暖かくて今秋の
モミジは今ひとつ、しかし何と言っても★5つ
 
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
鎌倉の名庭園・花の美寺である瑞泉寺へー
 
 
 
瑞泉寺(ずいせんじ)(鎌倉市二階堂710)
 
 
 京都では西芳寺・天竜寺・竜安寺・妙心寺など数多くの名園をもつ禅刹があるが、鎌倉の場合、名庭園を残すのは、建長寺・円覚寺・瑞泉寺の三寺だけといってよい。このうち、梅・水仙・紅葉など、四季折々の変化に富む境内のせいもあって、多くの人びとに親しまれているのが瑞泉寺である。
 ヤマザクラ・ハナノキ・カへデなどの種類は多い。庭園の梅と水仙とが名高く、紅葉もみごとである。本堂前のオウハイ(黄梅)は市指定の天然記念物。

 
 瑞泉寺(ずいせんじ)は臨済宗円覚寺派。山号は錦屏山。開基は幕府の有力な御家人であった二階堂道薀、本尊は地蔵菩薩。嘉暦二年(1327)の創建である。。開山は夢窓疎石、中興の開基は足利基氏。紅葉ヶ谷は紅葉の名所であり、山号もそれにちなんでつけられたという。はじめは瑞泉院といった。
 嘉暦元年(1326)、永福寺傍らの南芳院に寓居していた夢窓疎石は翌年の「瑞泉院」創建に伴い移住して、同三年には観音殿、山頂に循界一覧亭を造り、庭園もこの頃、作られたと見られる。
疎石が幼年期を過ごした甲斐(山梨)は二階堂道薀の領地であり、そんな関係から疎石のために寺を建立したと考えられる。
 

 
 同寺の説明では「紅葉ケ谷を囲む三方の山が天然の垣根の、わずかに開けた西の空に富士山を仰ぐこの地に、天台山、錦屏山を背景として、夢窓国師は庭園を作られました。
鎌倉石の岩盤に巧みな彫刻をほどこした。北の一隅の岩壁の正面に大きな洞(天女洞)を彫り、東側には坐禅のための窟(坐禅窟・藻光窟)をうがった。
天女洞の前には貯清池、池の中央には島をつくり、水流を東側に辿れば滝壷に、垂直の岩壁は滝、その上方には貯水槽があり、要に応じて流水する」とある。
 このように岩盤を彫刻的手法によって造園した。「岩庭」とも呼ぶこの庭園は、書院庭園のさきがけであり、鎌倉に残る鎌倉時代唯一の庭園である。

 
鎌倉幕府滅亡後も足利氏が厚く保護し、鎌倉御所基氏は遺命で塔所とした。院を寺と改め、規模もととのったのはその頃とみられる。鎌倉幕府滅亡後も疎石は足利氏の帰依をえて、当寺も貞治六年(1367))4月に足利基氏が瑞泉寺に葬られてからは、足利氏菩提寺の一つとして、夢窓派の関東における拠点の一つとして発展した。

至徳三年(1386)には関東十刹の第一に列せられた。盛時には足利尊氏の母の塔所・果証院や同持氏の塔所長寺院以下、南芳庵・保寿院・勝光院・祥雲庵・羅漢院・三聖院等々の塔頭があったが、すべて廃絶された。 
現在は総門・三門・仏殿・開山堂・地蔵堂・客殿・庫裡などが伽藍を形作っており、昭和三十八年に横浜金蔵院から移築した江戸前期の客殿以外は新しい。背後の山頂には一覧亭がある。

 

最初建てられたのは嘉暦三年(1328)であり、五山僧たちがここでしばしば詩会を催した。江戸時代には徳川光園が復興、木造千手観音畜産坐像を本尊として寄進している。その堂も滅び、いまの建物は新しいが、像は伝蔵され、本堂にまつられている。
境内全域が国指定史跡。裏山には「お塔やぐら」「瑞泉寺やぐら群」がある。
 

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<サーファーズ パラダイス Kamakura>◎『春だ!サーフィンだ,桜とサーフィン季節が鎌倉入り、急げサーファー』

<サーファーズ パラダイス Kamakura>   ◎『春だ!サーフィ …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(212)』―『清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓-『ほっといたって、人問いつか死によるんやから、死ぬこ となんか考えてないの!』

百歳学入門(53) 清水寺貫主・大西良慶(107歳)の『生死一如』10訓- ①  …

no image
『湘南リフレッシュ・ドライブ』ガイド!『夏だ!湘南シーサイド・ロード(鎌倉→江ノ島)をすっ飛ばせ、スカッと!リフレッシュ』

<『湘南リフレッシュ・ドライブ』ガイド!>   『夏だ!湘南シーサイド …

no image
<鎌倉聖地巡礼>=鎌倉歴史超絶景スポット☆★『まんだら堂と150のやぐら群=700年前の鎌倉時代にタイムスリップ』

<鎌倉聖地巡礼>=700年前の一大やぐら群(墓地)   鎌倉歴史超絶景 …

no image
=『First day of Spring in KAMAKURA SEA』の『老人と海』=『春近し』『目玉パっちりの大メバルの歓迎会じゃ』

=『First day of Spring in KAMAKURA SEA』の『 …

no image
=<鎌倉桜名所百選・リアルタイム>『鶴岡八幡宮へ向かう段葛の桜並木,鶴岡八幡宮神苑ぼたん庭園、光明寺の境内』

      =<鎌倉桜名所百選 …

no image
『鎌倉通』とっておきの鎌倉古寺社ー800年以上前にタイムトラベルできる唯一の異次元空間・寿福寺

   『鎌倉通、とっておきの鎌倉古寺社 800年以上前にタイ …

no image
美しい湘南、箱根日帰りスペシャル『今はもう秋。お宝・絶景は近くに宿る(鎌倉→箱根、至福の1日スピードドライブツアー)を紹介

『美しい湘南、箱根日帰り』スペシャル>   『今はもう秋。海、青空、太 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(268)★「昆虫記(全10巻)を完成したファーブル(91歳)は遅咲きの晩年長寿の達人』★『56歳で第1巻を刊行、生活苦と無名の中で全10巻を30年かかってやっと完成した』★『どんな虫にも役割と価値があり、無駄な死などない』★『死は終わりではない、より高貴な生への入り口である』

 2013/07/30 / 百歳学入門(79)記事再録 ▼「 …

yjimage
日本リーダーパワー史(846)★記事再録『原敬の「観光立国論』-『観光政策の根本的誤解/『観光』の意味とは・『皇太子(昭和天皇)を欧州観光に旅立たせた原敬の見識と決断力』★『日本帝王学の要諦は ①可愛い子には旅をさせよ ②獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす ③昔の武士の子は元服(14、15歳)で武者修行に出した』

   2011/12/09 日本リーダーパワー史(221)       <大宰相 …