前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<冬の鎌倉・千年前にタイムスリップ> 『鎌倉・祇園山古道を歩く→鎌倉の自然と歴史と 文化をダイエットウオーキング』

   

 

 

<冬の鎌倉・千年前にタイムスリップ

 
 『鎌倉・祇園山古道を歩く鎌倉の自然と歴史と
文化をダイエットウオーキングしながら丸かじり

 
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
 
鎌倉は自然と文化、歴史が混在し、今も住宅、商店街の人々の暮らしのすぐ裏の山に原始にも近い自然と植物、昆虫、動物が1000年以上も仲良く同居して暮らす稀有な土地柄である。散歩するということで、我が家から歩いて10分も行けば名越切通し(古道)の自然林で、鎌倉時代にタイムスリップすることできるし、さらにぶらぶら散歩で、小町の八幡神社までくれば、そこから祇園山(古道)を歩くことも出来る。

 
祇園山は、三方、街に囲まれた、というより建て混んだ人家の真っ只中に突出した高さ50メートルもない尖がった細い,刃のような山である。急傾斜した南面は、シノダケもススキもシイもトベラもヤブツバキも、潮風になで刈りされて、四季を通じて風当りは強いが、さえぎるものがないだけに明るく、展望がすばらしい。
 
10分も上ると、道標もあるが右手に進むと祇園山見晴台がある。
 

ここから眺めるとすぐ目の下の鎌倉南半部の街並みは、赤、白、黒、いろいろな色の人家がひろがって、車の音、人の声、近くを走る横須賀線電車の音が響いてくる。稲村ケ崎と飯島崎を両袖にした由比ケ浜は、キラキラとまぶしく輝き海原が光って思わず目を閉じた。振り返ると、鷲峰山から鶴岡八幡後方の大臣山、さらに源氏山を西へ、木のまがくれの起伏した稜線を伝わってゆけば、観音山、霊仙山、そして稲村ケ崎にたどりつく眺望もある。
 
 
 山上はあまり広くはないが、街からは高く離れた丘だけに、ここで見かけるものは意外に多い。春は、風の無い日の魅力も忘れるほど涼しく、秋はまたいっそう清々しさが訪れる。初冬は、海が荒れるか、北西風が吹かないかぎり、小春日和が味わえる。またすぐ向こうの東南の小さな丘にまわって、そこにある方向掲示板をのぞけば、遠い地方や、山や、半島が直線につながって、身近にも感じられる。鎌倉で方向認識できるのは、この古道の魅力である。

鎌倉古道百選ー祇園山を行く、八幡神社横から上る ⑤

 
 
しばらくすると、左手(東側)の手が届きそうな山の肩に、二、三の人家が、突然あらわれたりするが、すぐまたもとの林間の尾根にもどり、西側からは小町大路や若宮大路の車の騒音、東側からは大御堂ケ谷の人家の話し声が樹間をとおして伝わってくる。街の中に孤立した自然林とも思える山の尾根路で、これほどまで人間の生活の音や声を聞くのは、自然と文明、歴史の混然一体のコースである。
 
山道には露出した木の根がすべり止めになっている小さな急坂にも出遭うが、いぜんシィ、ヤマザクラ、クヌギ、コナラ、ヒノキ、タブ、トベラの、枝を高く伐りあげた明るい壮年樹林がつづく。
赤色の実が目立つぐらいで、それまで見向きもしなかったクロマツ、シィ、カシ、トベラ、スギの暗緑、下草では、ヤブラン、ヤブソテツ、オーラソテツの深緑が這木林の枯淡味をひきたてている。
野鳥では、ヒヨドリが鳴き、ついでモズ、ツグミ、アカハラ、アオジ、またメジロ、シジュウガラ、ヤマハトが、いずれ短音か低音で鳴く

鎌倉古道百選ー祇園山を行く、自然林の山道を妙本寺側に向かう⑥

  まもなく路は、明るくひらけた西側の山腹をわずかに降ってすぐまた登る。登れば両側は、スギ、ヤマザクラ、ハゼノキをまじえた暗いばかりの椿林で、黒い樹影を残して、明るい谷がすけて見える。
  ヤブツバキはこの先に点在しながらつづくが、このコースの見どころも、冬から春へこのヤブツバキの花と、気どりのないヤマザクラ、オオシマザクラと、そして晩春から初夏にかけて下からのぞく若葉、青葉、またウグイスとヒグラシの声と、秋の鎌倉時代の若武者が着こなしたひおどしのようなハゼノキやニシキギの紅葉と、コオロギの声、それに粛々とした枯木林とにある。鎌倉武士の興亡の祇園山古道コースは「鎌倉時代の終焉をつげた腹切りやぐら」なのである。

 

 - 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<鎌倉野生カヤックフィッシング>『厳冬の鎌倉海のカヤック釣りでヒラメをゲット!?と思いきや、何と大カサゴでしたよ』

<鎌倉野生カヤックフィッシング>   『厳冬の鎌倉海の『寒くてブルブル …

no image
『Surfers Paradise Kamakura』ダブル台風27,28号が接近中☆逗子大崎・鎌倉材木座サーフィン(10/23-24日)の状況

   『Surfers Paradise …

no image
『美しい海と山の鎌倉ー今はもう秋。お宝絶景ポイントは近くにあり。自然と 暮らす『鎌倉快適自然生活』

<『美しい空と海と山の鎌倉』スペシャル!>     『今はも …

no image
『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』ー『苔寺』の妙法寺、鶴岡八幡宮、寿福寺、建長寺の半僧坊の紅葉が今盛り

『Youtube鎌倉紅葉絶景チャンネル』開始>   『鎌倉・紅葉の極楽 …

mq1 (1)
『テレワーク、SNS,Youtubeで天然生活術』★『日本初海上説法/南無むにゃむにゃバカ話!』★『鎌倉座禅カヤックで魚と遊び、波に揺られて昼寝すれば快楽・悦楽・満足スピードアップ!』

「釣れなくてよし、釣れればなおよし」の座禅釣りの坊主じゃ。海上説教といくよ。 む …

no image
『Spring in KAMAKURA SEA』=『キス、キス、キスよ、大スキ!?』<3/11から1年余、キスの恩返しだよ>』

『Spring in KAMAKURA SEA』=『キス、キス、キスよ、 大スキ …

no image
知的巨人の百歳学(101)家康・秀忠・家光の三代に仕え、徳川幕府250年の基礎を築いた史上最高の戦略家・南光坊天海(108?)の長寿法は『長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし』

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕えた「陰の宰相」南光坊天海(108?)の長寿法 日 …

images
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(199)』★『関精拙、原坦山、仙厓ら<禅の巨人>の往生術から学ぶ』★『よりよく生きるためには、いかに死ぬかを学ぶ必要がありますね。「ピンピン、コロリ」(PPK)が理想といわれていますが、現実はなかなかこうはいきません」

 2010/01/21  再録 百歳学入門①ー知的巨人たちの往生術から学ぶ① 前 …

888888888888888888
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(110)』 「パリ・ぶらぶら散歩/ピカソ美術館編」(5/3日)⑧ピカソが愛した女たちードラ・マール

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(110)』 「パリ・ぶらぶら散 …

mq2 (3)
『リモートワーク/世界文化遺産/京都・東寺に参拝した観光動画(2017/12/28/30分)『京都・東寺の「五重の塔」を拝みに行く』★『境内に入り教王護国寺、毘沙門堂を見てまわる』★『庭園からの見事な「五重の塔(国宝)」の眺めに感動する』

     日本の代表的古寺百選(12/28)ー京都 …