前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1040)>『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』③★『トランプ政権の黒幕/スティーブ・バノン大統領首席戦略官が外された。』●『  「もっと簡単だと思っていた」、トランプ氏が大統領の職を語る』★『オバマケア改廃法案、米下院が可決 トランプ氏に追い風』

      2017/05/07

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1040)>

『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』②

 

『トランプ」政権の黒幕/スティーブ・バノン大統領首席戦略官が外された。

 

(B)「国内政治もトランプの公約がほとんど行き詰まるか、大統領令は裁判で却下された。選挙中から公約の最大の目玉だった医療保険制度改革法(オバマケア)を3月24日にトランプ大統領は下院に提出しが、土壇場で引っ込めてしまった。

なぜそうなったのか、トランプ氏とスティーブ・バノン大統領首席戦略官は、共和党議員らに「支持しろ!」「この法案に賛成票を投じる以外、君たちに選択肢はない」などとどなって、圧力をかけた。

これが共和党保守派議員たちから猛反発を受けて可決の見込みがなくなった。とにかくトランプ流のブラフ(威圧、恫喝)交渉の大失敗だね」

 
トランプの危険な黒幕バノンの命運も尽きた
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7428.php
 
スティーブ・バノンの世界観は、フランスの人種差別小説にルーツがあった
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/14/steve-bannon_n_16006016.html

 

(A)「この結果、トランプ氏の「黒幕」のバノン氏(保守系ニュースサイト「ブライトバート」元会長)は4月5日に安全保障の政策決定機関「国家安全保障会議」(NSC)の常任メンバーから外された。

この裏でこの背景には、トランプ氏の娘婿ジャレッド・クシュナー氏が助言していた。一方クシュナー氏はトランプの極右色を薄めて、中国側との関係構築で中心的な役割を果たして外務大臣役になりつつある。トランプ・習近平の米中首脳会談に同席した」

トランプ大統領の娘婿クシュナー氏、「黒幕」バノン氏外しに一役買う

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/08/trump-bannon_n_15872294.html

もはや修復不能なまでに二極化した米国

フランス出身の新進気鋭政治学者が両極化の元凶を暴く

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49883

 

(C)「いずれにしても、トランプ政権は再び深刻なイメージダウンとなった。上下両院で多数を握る共和党は民主党が反対しても法案を通せるはずだが、共和党内部の分裂でそれができない。

 

医療改革、税制改革、インフラ投資などの大型法案の成立はこれによりますます不透明な情勢となり、トランプ氏の指導力に疑問符がついた。ニューヨーク株式市場はこれまで史上最高値を更新していたが、一転下落に転じた」

 

「もっと簡単だと思っていた」、トランプ氏が大統領の職を語る

http://jp.reuters.com/article/usa-trump-100days-idJPKBN17Y0BH

 

(B)『米の専門家のコメントでも、素人のトランプ大統領は持論に基づいて優先課題を決め、これまでの経験豊富な歴代大統領が取りくんでもできなかった難しい課題に挑戦した。

ところが議会工作の経験のないスタッフを集めたために失敗したのです。オバマケアーの改廃、税制改革、1兆ドルのインフラ投資などの公約実現は超党派の支持を集める努力はしても、両極化、分裂した議会では実現はなかなか難しい、と言っている』 

 

米オバマケア改廃法案、僅差で下院通過 上院へ

http://www.bbc.com/japanese/39814086

 

「オバマケアは死んだも同然だ」代替法案が下院通過 トランプ氏は勝利を誇るが道のりは険しい

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/05/obamacare_n_16424764.html

 

(B)「トランプ政権の失策続きに共和党員や白人男性などの支持者も離れ、支持率は34%で、3月から10ポイント落ちた。大統領の仕事を支持しない者は56%で過半数を超えた。

トランプは今や、得票数でクリントンに及ばなかった大統領、ロシアに当選させてもらった大統領、目玉公約のオバマケア廃止法案さえ通せない大統領、とまるで「裸の王様」を証明する結果たなったわけだよ

(C)「しかし、一旦、仕切り直しとなったオバマケア廃止法案はトランプの必死の巻き返しで5月3日になって、下院をわずか3票さで、可決されましたね。

今後、上院で可決されるか、否決されるかはわからないが、恫喝、威圧のトランプ流のネネ越しエーションを失敗に懲りて修正してきたことは間違いないな。メディアの取材を以前のように拒否せず、応じており『大統領がこんなに大変なこととはやって見て初めて分かった』とロイターとの会見で、正直に話している。その点はあけっぴろげで『露悪家』のトランプの本音だね」

 

オバマケア改廃法案、米下院が可決 トランプ氏に追い風

http://jp.reuters.com/article/usa-healthcare-congress-pass-idJPKBN1802JJ

トランプ政権の保守本流化を後押しする3人の女性

新たな専門家の採用で共和党の伝統的な政策へ?

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49923

 

強固な支持を続けるトランプ支持者たち

就任100日目の支持率は最低、しかし支持者たちに後悔はなし

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49897?utm_source=editor&utm_medium=self&utm_campaign=link&utm_content=recommend

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1039)>『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』②「トランプ大統領は『恐ろしいほどのナルシスト』」★『[FT]米大統領選、ツイッターの4分の1が偽ニュース』●『速報、スクープ中心の報道から、BBCが打ち出した『スローニュース』戦略への転換だ』★『ルペン氏、偽ニュースも利用=挽回に必死-仏大統領選』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/24558.html

 

 - 人物研究, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(123)/記事再録★『ニューヨークタイムズが報道した日韓150年戦争史』☆1895(明治28)年1月20日付『ニューヨーク・タイムズ』 ー 『朝鮮の暴動激化―東学党,各地の村で放火,住民殺害,税務官ら焼き殺される。朝鮮王朝が行政改革を行えば日本は反乱鎮圧にあたる見込』(ソウル(朝鮮)12/12)

    2019/07/04 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(63)記事再録/児玉源太郎伝(4)『日露戦争<黄禍論>に対し日本を高く評価した英国タイムズ』★『『黄禍論』に対して―日露戦争で国際法の慣例に従って戦争を遂行している徳性ある日本」 <英国タイムズ紙、1905(明治38)年1月7日記事>』

      2016/03/05/日本リーダーパワ …

no image
日本風狂人伝⑭ 頭山満・大アジア主義者の「浪人王」

      &nbs …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150 …

no image
よくわかる日中韓150年戦争史ー「約120年前の日清戦争の原因の1つとなった東学党の乱についての現地レポート』(イザベラ・バード著「朝鮮紀行」より)

まとめ「東学党の乱について」各新聞の報道 イザベラ・バード著、時岡敬子訳「朝鮮紀 …

no image
日本メルトダウン脱出は不可能か!?(719)『東芝不正会計事件は上げ底、水増し日本経済の実態を暴露」

     日本メルトダウン脱出は不可能か?(719) 「東芝ショック」がアベノミ …

『リモートワーク・リバイバル/6月からは鎌倉海山シーズン開始』( 2014/05/31 動画再録)★『ソーシャルディスタンスを保ちながら早朝はカヤックフィッシング、午後は鎌倉古寺をぶらぶら散歩でリラックスしよう』

    2014/05/31 &nbsp …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(71)『不平等な「地位協定」改正を急げー相次ぐ米兵犯罪に沖縄県民の怒り拡大』

 池田龍夫のマスコミ時評(71)     『不平等な「地位協 …

日本リーダーパワー史(845)★記事再録『伊藤博文の『観光立国論』ー『美しい日本の風景・文化遺産こそ宝』<百年前に唱えた伊藤首相のビジネス感覚を見習え>

日本リーダーパワー史(845)      2010/12/08の記事再録日本リー …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付』★『情報通信の重要性を認識していた福沢』●『朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速にすること』

 ★『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8) 「北 …