前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「エコプロダクツ 2014」(12/11~13)<FUJITYU(富士通)の「温暖化を防げ』◎<DOWA(同和鉱業)の『地球を救え」プレゼン

      2015/01/30

 


●<日本の最先端技術「見える化」チャンネル!>

 

新聞記事で読んでも、ネット写真付記事で読んでも

『技術ニュース』↓はわかりません。

この解説付の<見える化動画>はよくわかるね

「エコプロダクツ 2014(12/1113)東京ビックサイト


★<FUJITYU(富士通)-「温暖化を防げ』(緩和×適応×ICT」のプレゼン>

◎<DOWA(同和鉱業)の『地球を救え」のプレゼンはお面白いよ 

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

「見つけよう! 未来をかえるエコの知恵」をテーマにした日本最大級の環境展示会「第16回エコプロダクツ 2014」が、1211日~13日の3日間、東京ビックサイトで開催された。 産業環境管理協会と日本経済新聞社が主催、747社・団体が出展した。

自動車や家電、化学や紙などの素材、エネルギー、日用品、流通など、あらゆる業種の最新の環境技術、製品、サービスを紹介した。トヨタ自動車は15日に発売する量産型燃料電池車「ミライ­」など最新のエコカーにも体験乗車できるなど、省エネにつながる製品や技術、再生可能­エネルギーの最新の取り組みなどを紹介する。会期中約2万人の児童・生徒を含む約17­5000人が来場する予定。

●<エコプロダクツ2014FUJITYU「温暖化を防げ』(緩和×適応×ICT」のプレゼン>

クイズ形式で、小学生にも分かりやすい形で「温暖化問題」を『見える化」して­、解説しており

、優れたプレゼンとなっている。

http://jp.fujitsu.com/about/csr/eco/c…
http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud…

★8エコプロダクツ2014ーFUJITYU『植物工場」(会津若松AKIsaiやさい工場」のプレゼン

★10 エコプロダクツ 2014ーDOWA(同和鉱業)の『地球を救え」のプレゼンはお面白いよ 

 

 - 最先端技術『見える化』動画 , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★10『50年前の中国文化大革命の衝撃スクープ』ー荒牧万佐行氏(写真家、元毎日写真部カメラマン)の写真展を見に行った。『粉雪が舞う北京で、三角帽子をかぶされた実権派幹部が、 首から罪状の看板を下げてトラックの荷台 の先頭に乗せられ首根っこを押さえられていた』

  写真展『中国文化大革命( the Great Proletaria …

★『転職、スキルアップを考えている人のための巣ごもり勉強動画(60分)』★『新型コロナ不況を吹き飛ばす/テレワーク/ドローン物流革命を加速せよ』★『『日本のドローン市場の発展を妨げる各種規制を撤廃して成長産業に離陸させること』

日本の最先端技術『見える化」チャンネル 前坂 俊之(ジャーナリスト) 『リーダー …

no image
シーテックジャパン2014-●「スマートフォンでコントロールする恐竜ロボット」◎「オムロンの卓球ロボット」

  ●<日本の最先端技術の「見える化」チャンネル(10/7)>   新 …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネルー東芝エレベーターの「スマートキャラバン」 『未来キャラバン』体験ビデオ(1/29)

  日本の最先端技術「見える化」チャンネル   ☆<ENEX2015 …

日本の最先端技術「見える化』チャンネル>『ITproEXPO2017』ー「Panasonicの『実践!働き方改革、見える化ステージ」のプレゼン』★『ユニアデックスの「IT基盤の壁を取っ払え」のプレゼン』

 日本の最先端技術「見える化』チャンネル   ITproEXPO201 …

no image
世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネルー『ジェフ・ベゾスが語る「人工知能のとてつもない可能性」』●『世界のほぼ3人に1人がソーシャルメディアを利用 2020年には利用者数が29.5億人』●『音声命令によるeコマース機能 アマゾンが人工知能使ったアシスタントサービス強化』●『大前研一の特別講義「ドローンが生み出す新たな市場。進化する位置情報技術」』●『インスタに目撃写真が続々 ロボット警備員「K5」が可愛いと評判』

世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネル ジェフ・ベゾスが語る「人工知 …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル>自律型飛行ロボット「ミニサーベイヤー」日本独自のエレクトレット発電セミナー」

  ●<日本の最先端技術「見える化」チャンネル>   新聞や雑誌で読ん …

『大谷翔平「三刀流(打投走)」のベーブ・ルース挑戦物語⓵』★『ニューヨークタイムズ』(2013年7/10)が日ハム・大谷投手 を取り上げて日米野球論を展開」★『NTYは日本のマスメディア、スポーツ紙の低レベルとは段違いのスポーツビジネス、リーダーシップ論、選手論を分析』★『それから8年後、大谷は31本の本塁打を放ち、MLBのスーパースターを射止めた、「彼は人間じゃない、異星人だ!」と連日。大フィーバーしている』

    2013/07/14  『F国際 …

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(173)』『オーストリア・ウイーンぶらり散歩⑥』(2016/5) 『世界遺産/シェーンブルン宮殿』その広大な庭園に驚く(上)。

★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(173)』 『オース …

no image
『縦割り110番/オンライン/デジタル庁はすぐ取り組め動画』ー日本の最先端技術「見える化」チャンネル 『働き方改革』EXPO(幕張メッセ20201/9/16)での「スーパープレゼン」紹介― ドレ ロドリゲス グスタボCEOによるアルバイトの入社手続きをラクに、簡単に、シンプルにできる「WelcomeHR 」(クラウド労務サービス)」

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 『働き方改革』EXPO(幕張メッセ202 …