前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン講座・日本リーダーパワー史(1230)』-桂太郎の研究①『陸軍参謀本部を作った男』★『日露戦争を勝利に導いた戦時宰相』

   

・薩長藩閥の歴史

<以下は「航空とスキーの先駆者・人間長岡外史」(戸田大八郎文、長岡外史顕彰会発行 1976年刊)など参照>

明治政府は薩長土肥によって創設されたが、薩長はやがて土佐と肥前の勢力を駆逐して、それぞれ自分たちの勢力を固める。山県有朋を頂点とする陸軍の首脳部は、長閥、学閥、兵科閥、門閥、それに政略結婚みたいな閏閥までつくり上げて勢力を伸ばし、ことごとに排他的である。

 それまでの日本の陸軍は、徳川幕府の末期から明治初年に至るまで、フランスから多数の御傭を招聴していた。

日本の陸軍がフランス式からドイツ式軍制に改革した動機は、一八七〇年(明治三年)から翌七一年にかけての普仏戦争で、フランスが敗れたためだ。

その改革の主役を演じたのが桂太郎だ。桂は児玉源太郎、寺内正毅、山口素臣とともに大阪兵学寮に在官していた。かれは「病気」だと届けて学寮を退学し、横浜太田村の語学所でフランス人から仏語を学ぶ。

そして明治3年、私費でヨーロッパに渡った。二四歳の時である。

 桂は弘化(こうか)4年11月28日生。萩藩(山口県萩市)の大組馬祖役、一二五石とりの与一右衛門の二男。かれは維新前に官軍として末戊辰戦争に従軍。奥羽同盟軍の平定作戦に闘い、明治2年、明治政府から永世禄二五〇石をもらった。この永世禄二五〇石というのを売って旅費と学費をつくった。明治のこのころ、二〇代の青年がヨーロッパ留学ができる金を得られたのも幸運だが、早くから海外に眼をつけていたことがこのチャンスを掴みえたのであろう。

 ロンドンに着いたとき、パリへの旅は戦争で閉されていた。かれはフランスを断念し、直ぐベルリンに行きドイツで勉強する決断をする。これが日本陸軍のドイツ化のきっかけとなる。私費だから転換するのも早い。桂と同行した大山巌、板垣退助、品川弥二郎の三人は官費出張だから目的のフランスへ行く外ないが、かれらは敗戦のフランスを視ただけであった。

 桂は前後三回ドイツに渡ってドイツ軍制、兵制を徹底的に研究した。「迅速にドイツ式の軍制に改むべし」と桂は主張した。だが日本ではドイツ語の通訳がいない。東京大学医学部に、司馬凌海という人と、ほかに遠藤憤司という人がいた。大山巌、西郷従道、谷干城、三浦梧楼、鳥尾小弥太ら陸軍の幹部はフランス依存であり、山県さえも 「我輩もドイツ式の軍制に改めるのが必要だと気付いている。じゃがドイツに教わるには必要なドイツ語に精通している者を得ることが困難じゃからねー」といっていた。 

 桂のドイツ化に賛成者は意外にも軍人でない政治家にいた。参議の伊藤博文である。伊藤が「憲法及制度観察、研究ノ為」 ヨーロッパに差し遣わされたとき、かれはドイツに傾注した。日本の憲法はドイツ憲法を参酌して制定する、というのが伊藤の結論である。

 桂は明治11年7月に帰朝し「軍制をドイツ流に改組すべし」と上層部の考慮をうながしたが、それが決定するまで年月がさらに必要であった。

つづく

 

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側が伝えた日英同盟の分析」⑤『機密日露戦史』谷寿夫著より』日露協商か、または日英同盟か』★『桂太郎首相の意見は、ロシアは満州の占領のみで最終とするものではない。満洲が手に入れば韓国にもその手を伸ばす、結局、日本が手を出す余地がなくなるまで、その侵略はやまないであろう』

https://www.maesaka-toshiyuki.com/person/21680.html

 

 

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『世界サッカー戦国史』➈『ガラパゴス/ジャパン/サッカーの未来を開く』★『日本人監督にして科学的トレーニングを強化する』

『世界サッカー戦国史』➈ 日本サッカーの強化法―科学的トレーニングの必要性 前坂 …

no image
知的巨人たちの百歳学(144)「センテナリアン(百歳人)の研究」➡超高齢社会を元気に長生きするために『長寿脳』を鍛える

知的巨人たちの百歳学(144) 再録「センテナリアン」の研究(2009/02/2 …

『オンライン/長寿学入門『超高齢社会日本』のシンボルー 真珠王・御木本幸吉 (96)、ラーメン王・安藤百福(96)に学ぶ 「食を選んで大食せず、うまいものは二箸(はし)残し、胃腸と一緒に寝る」(御木本幸吉) 『人生に遅すぎることはない。五十歳でも、六十歳でも、新しい出発はある』(安藤百福)

96歳 真珠王・御木本幸吉 (1858年3月10日―1954年9月21日) いわ …

no image
日本メルトダウン脱出法(763)「中国は将来、必ず崩壊していく 欲望が自らを蝕む原理」●「独自の世界観を流布し始めた中国 ジンバブエ大統領に授与された中国版「平和賞」が意味すること』(英FT紙)

 日本メルトダウン脱出法(763)   韓日首脳会談:「韓国を見下す日本」と「日 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(143)再録★『異文化コミュニケーションの難しさ生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか①ー <英国「タイムズ」文久3年(1863)7月22日の報道>

   『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーショ …

no image
鎌倉カヤック釣りバカ日記(8/29)逗子マリーナ沖でサバが 入れ食いに、本日もまた大漁なり

鎌倉カヤック釣りバカ日記(8/29) 8/29午前6時半、逗子マリーナ沖でサバが …

『ウクライナ戦争に見る ロシアの恫喝・陰謀外交の研究⑦』★日露300年戦争(3)★『『露寇(ろこう)事件とは何か』―『教科書では明治維新(1868年)の発端をペリーの黒船来航から書き起こしている。 しかし、ロシアの方がアメリカよりも100年も前から、日本に通商・開国を求めてやってきた』

  2017/11/16日露300年戦争(3) 『元寇の役』 …

no image
知的巨人の百歳学(163 )記事再録/『京都清水寺の貫主・大西良慶(107歳)』★『人生は諸行無常や。いつまでも若いと思うてると大まちがい。年寄りとは意見が合わんというてる間に、自分自身がその年寄りになるのじゃ』

    2018/01/28 &nbsp …

no image
百歳学入門③ー知的巨人たちの往生術から学ぶ③

  知的巨人たちの往生術から学ぶ③ 前坂 俊之             …

no image
『オンライン/長寿歴史学講座』★『徳川家康・秀忠・家光の三代将軍に仕え、徳川幕府250年の基礎を築いた史上最高の戦略家・南光坊天海(108歳?)の長寿法は『長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし』

    2018/11/13 &nbsp …